移民賛成の野党が入管難民法改正案・入国在留管理庁に反対する隠された理由を暴露!坂東忠信

世界市民グループに支援される野党議員の本音

坂東忠信坂東忠信

野党側からするとですね、移民に反対しているスタンスを取りながら、実はこの法案が廃案になればですね、入国在留管理庁の設立が遅くなって、世界市民エリアになって、彼らの理想とする世界に近づくという所が、たぶんそこら辺が、彼らの狙いなんではないかと。

だから、マスコミでも入国在留管理庁の関わる部分があるという事は、一切報じられていないですよね。

ですから、なんでもかんでもですね、反安倍で、「また安倍が」と言うのはまだちょっと早い。

反自民と言うふうに、動いている保守系の人もいますけれども、よくこの法案の改正案の中身を、それぞれが自分で確認して、どういう事が書かれているのか。

これを把握することが大切だと思います。

日本で激増が予想される外国人犯罪への対策

司会 男司会 男

この入国在留管理庁っていうのは、あった方がいいのでしょうか?

坂東忠信坂東忠信

そうですね。

これから、東京五輪に向けてですね、色んな外国人が、色んな手段でですね、正規、不正規を含めて、色んな手段で日本に入ってくる、色んな資格で日本に入ってくるうえでですね、

入ってくるのはいいんですけど、今度は在留、要するに日本に滞在している中でですね、オーバーステイなんかも当然出てきますし、新しい種類の密入国とか、あとなりすましというのがですね、いますので、これをどうやって管理して、望ましくないものを水際で防ぐとかですね、望ましい人たち、望ましい外国人には、日本にいてもらうと。

坂東忠信坂東忠信

ちゃんと決まりを守って、過ごしてもらうという事が大切ですので、それをやるのが、簡単に言うと、入国在留管理庁なんですね。

そのための法改正部分も、この中に入っています。

これは大切な部分であると。

司会 男司会 男

こちらは大切だという事なんですね。

坂東忠信坂東忠信

はい。

それが、2本が一緒になっちゃっているので、ややこしいんですね。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す