馬渕睦夫 ケネディ暗殺の隠された真実!

馬渕睦夫 ケネディ暗殺の隠された真実

私がソ連に勤務してたのは1970年代の終わりから80年代の初めですがね、実際に生活してみて、ソ連がアメリカと並ぶ超大国であるとは全然感じられなかったわけですね。

実際にそうだったわけです、アメリカとソ連の力の比っていうのが厳然としてたっていいますか。

しかし、にもかかわらずソ連を擁護してって言いますかね、ソ連を支援してアメリカに匹敵するだけの国なんだということを、そういうシステムを作ったというのが東西冷戦構造なんです。

ところが、それに対して最初にボロが出たのがキューバ危機だったんですね。

キューバ危機っていうのはもう、視聴者の方の多くの方はもうご存知ないと思うんですが、1962年の10月に起こりました。

私は高校2年生だったんですけれども、もう明日にも核戦争が起こるんじゃないかと、毎日毎日ニュースにかじりついておりましたけれども。

簡単に言えばキューバ、アメリカのフロリダの先100マイルぐらいにあるキューバ島ですが、そこにソ連がミサイル基地を置いたわけですね。

それが核弾頭も装填できるミサイル、短距離、中距離ミサイルでアメリカ本土を攻撃できるミサイル基地を作った、それがアメリカの偵察衛星でわかったということですね。

それにどう、その当時はケネディ大統領ですが、どう対応するかということになって、いわゆるキューバ危機は始まるんですけどね。

ケネディ大統領は封鎖、キューバの海域を封鎖したわけですね、海上封鎖した。

これで、つまりソ連からキューバに向かう船は全部止めるということにしちゃったわけですね。

実力行使なんですが、それでその時、ソ連の艦船がミサイルを積んでキューバに向かっていたわけですね。

だから問題は、ソ連の艦船が、アメリカが敷いた海上封鎖のラインを突破するのかどうか、その時にアメリカがそれを撃沈するのかどうかということになったわけですね。

そういう、本当の瀬戸際っていいますかね、そこまで世界が追い詰められたということですな。

そのときに、当時のソ連のフルシチョフ首相とそれからケネディ大統領との間で、いろんなコミュニケーションがあったわけですがね。

最終的にはケネディ大統領が、ミサイルが撤去されるならアメリカは北朝鮮を攻撃しないということで、それをフルシチョフが受け入れて、それでその危機が回避されたと。

海上封鎖ラインに向かってたソ連の艦船がUターンするのがテレビで流れましたから、私はそれを見てましたが、それで危機が回避されたんです。

私が言いたいのは、このキューバ危機そのものじゃなくて、その時ケネディが海上封鎖をして、ソ連といえども近づいたら撃沈するぞという警告を発したら、ソ連が降りちゃった。

これはどういうことかということなんですよね。

つまりソ連は、当時1962年ですが、アメリカと戦争するだけの能力がなかった、軍事力がなかったということを示しているわけですね

ということは、我々は当時、米ソの冷戦とは、対峙している冷戦とはいうものの、ソ連の実態は、アメリカととても対等に戦争できる状態ではなかったということを、実はキューバ危機は証明したんです。

しかし、世界の歴史家は誰もそういうことを言わない。

それはなぜ言わないか、それを言ったら東西冷戦の嘘がばれるからなんですね。

私が東西冷戦は八百長だったと言ってるのはそういうことなんです。

それ以外にも朝鮮戦争、これについてはまた日を改めてお話したいと思いますけれども、朝鮮戦争もそうなんですね。

朝鮮戦争の種を蒔いたのはアメリカですからね、当時の金日成に、韓国に侵攻してもアメリカは関与しないと言ったのはアメリカですからね。

だからその通り金日成が韓国に侵攻したわけですからね。

それからベトナム戦争もそうでしたね。

ベトナム戦争でアメリカは、ベトナム戦争っていうのは北ベトナムの背後にソ連がいたわけですがね、そのソ連に300億ドルも援助しているわけです、アメリカは、ベトナム戦争の最中にね。

どうしてこういうことが起こるのか、でもそれを世界の歴史家も、国際政治学者も誰も疑問に思えないわけです。

(5:12)だと思いますがね。

こういうふうにして我々はずっと洗脳されてきて、米ソが本当にこの世界の覇権をめぐってしのぎを削っていたと、我々は信じ込まされてきたんですね。

ところがケネディは、どこまで意図していたかわかりませんが、それを事実上うち破っちゃったんです。

それは、この戦後の東西冷戦体制を構築した人、勢力にとっては好ましいことではもちろんなかったわけですね。

そのことを、実はグロムイコ、ソ連の外相ですね、外務大臣が明らかにしてるんですよ、皆さん。

そのグロムイコの回顧録を私が読んだときに、はっと気づいたんですけどね。

そういうことだったのかといってそれでよくわかったんですが。

グロムイコ外務大臣が1963年の9月のことだと言ってるんですがね、ケネディが暗殺される2ヶ月前のことですが、ホワイトハウスで呼ばれたと、ケネディ大統領にね。

なんかのパーティーで呼ばれた時に、ケネディ大統領がちょっと2人だけで話をしようと誘われて、バルコニーで2人きりで話する機会があったというわけですね。

その時にケネディ大統領はグロムイコにこう言ったっていうんです。

ケネディ大統領は米ソ関係の改善を目指してたわけですね、なんとか米ソ関係のこの緊張関係を緩和したいと。

ところがアメリカの中にはそのソ連との関係改善に反対する二つのグループがありますと。

一つはとにかくイデオロギーの問題から反対する人ですと。

それは分かりますね、どの国にも反共主義者っていますからね、反共産主義者って。

でもこれは大したことがないということを言ってるわけですね。

もう一つのグループは、とケネディは言うわけですがね、グロムイコによれば。

ある特定の民族だ、というわけですね。

ケネディは、ある特定の民族としか言ってないんです、ところがそれをグロムイコが注をつけて、ユダヤロビーのことを指すって言ってるんですね。

つまりグロムイコはわかっているわけですよ、当時の米ソ関係の改善に反対しているのは、アメリカのユダヤロビーだと。

表向きの理由はね、そのユダヤロビーが、アメリカのユダヤロビーが、ソ連はいつもアラブを支援しているからイスラエルに厳しいから、ソ連との関係改善には反対だという理由を挙げているんですけどね。

それはしかし、表向きの理由ですね。

ところが、そこだけだったら別にまあ半分くらい、驚きが半分で済むんですが、そのあとにケネディは、その2か月後に暗殺されるわけですね。

で、その報を聞いたときに、それを報道で聞いた時の自分の心境をグロムイコは回想してるんです。

それはどういうことを回想しているかと言うと、自分でもわからないんだなって言ってんです、なんか分からないけれども、ケネディ暗殺のその第一報を聞いた時に私が最初に思い浮かべたのは、そのホワイトハウスにおける二人きりの会談だったと言ってんです。

もうおわかりですね。

ソ連のグロムイコ自身が、ケネディを暗殺したのはユダヤロビーだったと、事実上、言ってるんですよ。

ところが誰も、それを読んだ人はそこを指摘しないんですね。

これが戦後の不思議の一つですね。

私は例えば、世界の七不思議のひとつに挙げられると思うんですよ、東西冷戦の八百長っていうのはね。

ケネディはその東西冷戦の枠組みを、もうおわかりですね、潰そうとしたんです。

でもそれは困るっていう勢力がケネディを暗殺したっていうのはつじつまが合うんですね。

つまりどういう人たちが東西冷戦を作り上げたかっていうこともおわかりですね。

実はそれが今のグローバリズムなんです。

同じようにそのグローバリズムを今、解体しようとしてるのがトランプ大統領なんです。

私はそのグロムイコの回想録を改めて読んでみて、トランプが今やろうとしていることとキューバ危機とが結びついたんですね。

もちろんキューバと北朝鮮は同じではありませんし、その時の背景も全く違いますが、ケネディー大統領とそれからトランプ大統領の共通項は何かというと、アメリカの力を本気で使ったということなんだと。

だからソ連も妥協した、(10:19)だったんですけどねフルシチョフは。

ということは、当時のソ連よりもはるかに弱い北朝鮮が、アメリカに正面から対抗できるはずがないんですよ、アメリカが真剣になればね。

そういうことが、やっぱり歴史に学ぶっていうのはそういうことですね。

だからトランプは初めて真面目に拳を振り上げて、けしからんといったわけです、金正恩に。

そうすると金正恩はもう何もできない。

それはもう一つの背景があって、今まで金正恩を支えてきた人たちが引いたということがあるんですがね。

この話をしだすとまた何時間もかかりますので、それはまた別の機会に申し上げたいと思いますが、簡単に言えば、東西冷戦構造を作り上げた人たちが北朝鮮の背後にもいたということですね。

だから北朝鮮は、目に見える形での東西冷戦の残滓です、まだ残っているわけですね、朝鮮半島に、そういうことですね。

ところがその東西冷戦を作り上げた人たちが今北朝鮮からひいたということですから、トランプは、私はまあケネディほど危険は冒しててないんだと思いますけれども、もう金正恩に対して正面から圧力をかけることができるということですね。

だから、そういう背景から分析していけばね、金正恩が勝ったなということはあり得ない。

だいたい北朝鮮のGDPは2兆円くらいです、たったね。

アメリカのGDPは円でいえば1500兆円ですからね。

つまり750分の1なんですよ、750分の1の国が対抗できるはずがないじゃないですか。

そりゃ、核兵器を、まあどんな性能か知りませんけど10発ぐらい持っててもね、アメリカは1万発近く持っているわけですから。

そういう核兵器の弾頭から比較しても、できるはずがないわけですよね。

しかもその北朝鮮の核兵器はアメリカに届かないですからね。

そういうことを考えれば、金正恩とトランプが同等の立場で交渉なんてできるはずがない。

でもメディアはそういう事を一言も言わない、不思議ですね。

だから今度のね、百歩譲って、今度の6月12日の米朝声明を見てみたら、わかるじゃないですか。

そこにはなんと書いてあるか、日本のメディアはトランプが金正恩の体制を保証したと騒いでますけど、保証してないんです。

共同声明、よく読むとトランプが言ったことは、北朝鮮の安全を保証するって言ったんですよ

それは北朝鮮に侵攻しないということです、要するに戦争をしないと。

それは北朝鮮が非核化をやる限りは戦争しないということを言ったんであって、金正恩体制を保証しますとは一言も言ってない。

ところは世界のメディアは皆、トランプが金正恩の体制を保証したと言ってるんですよ、おかしなことですね。

これが洗脳なんです。

だから金正恩が一番欲しかった体制の保証は得られなかった。

しかもトランプは経済制裁を解除しないと言ってるんです、非核化するまで、それも得られなかった。

金正恩は、まあこれは言葉の中身はともかくとして、朝鮮半島の非核化ということを2回にわたって約束させられてるんですね。

だからこの、米朝の共同声明を読むだけでもね、トランプの意見って言いますかね、トランプの主導で書かれたと、そういう結果になってるって分かるわけですね。

これは北朝鮮って言いますか、朝鮮半島情勢に詳しい人が正しく言っておられますけど、金正恩のメンツを立てたと

つまりね、いわゆるCVIDっていうのがありますね、完全、それからベリファイアブルですから、完全かつ検証可能で不可逆的な核廃棄ですね

それをあれに変えてしまうと、金正恩もやっぱり立場が危ういと、つまり軍部のクーデターなりが起こる危険があるということを指摘されておりましたけども、たぶんそういうこともあるんだろうと思います。

それから、文章に書いてきても、北朝鮮は全部今までが裏切ってきましたからね。

文章を作っても、文章そのものにそんなに意味があるとは思えないんですが、それよりも、実質の問題として、トランプはもう、軍事的な圧力というものを緩めてないわけですね。

ベーカーなんとかはやめると言ってもね、金正恩が、非核化はやっぱりいろいろ問題がありましてなんていったらすぐに、私は、トランプ大統領は軍事攻撃をするか、キューバ危機のように北朝鮮を海上封鎖するか、そういう行動に出ると思いますね。

それはわかってるから金正恩も何もできないんです。

だから金正恩は、今まで金正恩を支えてきたいわゆるアメリカのウォール街っていいますか、金融資本家に頼れないから、もう敷いて頼るとすれば中共しかないんですね。

だから習近平に3回も会いに行ってるわけですよね。

こういう分析はなかなか日本のメディアでは、アメリカのメディアももちろんですけど、聞かれないんですね。

アメリカのメディアはトランプの失敗だ失敗だって言ってますからね。

日本のメディアもそれにならってトランプの失敗だ失敗だと言ってるわけです。

残念ながらいわゆる保守系の方の中にも、トランプの失敗だと仰る方もおられますがね、ぜひ皆さん安心してください、そういうことはあり得ません。

トランプがやろうとしていることは、もっと大きなことなんです。

戦後の東西冷戦体制、また壊れてない東西冷戦体制を壊すということですね。

ということが戦後のグローバリズム、グローバリズムで世界を統一しようという、そういう動きを止めるということなんです。

実はそれだけの大きなことをトランプ大統領は考えてるんですけどね。

残念ながらメディアは、まあアメリカのメディアはもちろんですが、みんなグローバリストですからね、もちろんトランプに反対してますからそんなことは書かないんですけど、日本のメディアはそういう発想すらない、アメリカのメディアが言っていることを右から左に流しているということになるわけなんですね 。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す