真実を語りテレビから消された3人の人物…巨大メディアに人生は簡単に潰される!武田邦彦

汚染された日本のメディア

私たちに情報を提供するメディア、特に大メディアですね。

NHKとか地上波のテレビとか、それから4大新聞を中心とする新聞、それから主要な週刊誌ですね。

こういった、本来であれば、我々日本人に正しい情報を提供するべきメディアがですね、大変に汚染されていると。

この汚染の原因は、簡単に言えば、役員の、上役のサラリーマン化と、事なかれ主義と、もしくはお金が欲しいと、正義感がないと、まぁこういう事が色々とあるのですが、まぁ現実的には、それが非常に横行しているわけですね。

この10年くらいで、大きな大メディアによる個人攻撃、まぁ10年以上前なんですが、実は地下鉄サリン事件、松本サリン事件の時に、全然犯人と関係が無い被害者をですね、犯人に仕立てるという大失態がありました。

この時にメディアはですね、自分たちは、裁判官でも判事でも検事でもないという事で、かなり反省はしたんですけれども、まぁそういう事が1回、2回ではですね、メディアが反省するに至らなかったわけですね。

STAP事件 小保方晴子

それで、近年一番大きいのは、STAP事件でしょうね。

経緯はもうお話しする事でも無いとは思いますが、STAP事件も、もしメディアが取り上げるならですね、小保方晴子さんという30歳の女性を攻撃するのではなくて、派手な記者会見をした理研ですね。

それから、小保方さんを指導監督する立場にあった、山梨大学の方に教授で移った人とか、まぁ自殺された笹井さんは、やはり自殺されただけあってアウトサイダーだったわけですが。

その他に、無給研究員、つまり何の責任も無い立場で、雇用されていた時代の研究成果ですね。

発表した時は、ちゃんとしたリーダーだったわけですけれども。

まぁ、そういう時代のものをですね、あたかも小保方さん1人の責任のように、個人攻撃に徹したと。

特にNHKのようにですね、事件が、その発表が1月30日にあった時には、もの凄く大きく取り上げて、その時の夕方7時のニュースを私も見ていたのですが、業績をもの凄く持ち上げるわ、関係者の有名なその道の権威に、この発明は素晴らしい、ノーベル賞級だ、といったコメントを言わせる。

かつ、彼女がドクターを取った早稲田大学の先生とか、同僚の学生が、もの凄く努力家だった、というような事を画面で繰り返し繰り返し流したわけですね。

あのくらい、多くの映像をNHKが撮っておくという事はですね、かなり前から内密に情報を得てですね、相当の取材をしているはずなんですよ。

ところが、それから1週間後ぐらいにですね、ネットを中心として、小保方さんの論文、まぁ小保方さんの論文というのもおかしいんですけどね。

あれも、随分と多くの人が連名をしているわけですから。

むしろ、責任者の教授とか、研究者に焦点が合うはずなんですがまぁ、小保方さんが攻めやすかったんでしょうね。

それでやって、7月末に、小保方さんの非難番組を1時間くらいやって、そこでは小保方さんがエスカレーターに乗って逃げるのを、エスカレーターの両側に屈強な男を置いて阻止したりして。

小保方さんは、足に2週間の怪我をしましたね。

それから、小保方さんを女子トイレに押し込めて、女子トイレの前に、NHKの人を監視に置いておく、といった、人道上許されない取材を行ったわけですね。

その後、笹井さんが、その番組をもとに、自殺するという事まで起こりました。

これは一番大きいですね。

1年1ミリシーベルト男、武田邦彦

まぁ、私事で恐縮なんですが、私が原発事故の時にですね、

「少なくとも、法律では1年1ミリシーベルトが、一般人の被爆上限である」

という事を繰り返していたらですね、これは週刊新潮からですが、

「1年1ミリシーベルト男、武田邦彦」

というですね、4ページにわたる大特集をやってですよ、私の社会的な立場からいえば、大特集ですよね。

そこには、1年1ミリシーベルトがいかに間違っているかという事を、原子力関係者を多数、確か10人以上だったと思いますが、出してですね、証言させるというような事をやりましたね。

しかし、この1年1ミリシーベルトについては、NHKが1号機の爆発の直後、1時間くらいはですね、

「一般の被爆限度は1年1ミリだ」

という事を、繰り返し放送しておりました。

その事は、たまたまその番組を録画したおりましたので、そのビデオをもとに、アナウンサーが言っている事を文字に起こして、私の本には書きました。

「1年1ミリシーベルト男 武田邦彦」なんて言われましてね、大々的に個人攻撃を受けましたね。

大メディアに潰される個人

それはね、小保方さんとNHK、武田邦彦と週刊新潮じゃ、勝負にならないんですよ。

「正義を唱えればいいじゃないか」

なんて、そんな生易しいもんじゃないんですよ。

大メディアがですね、1個人を攻撃するという事は、簡単に1個人の人生を潰してしまう事が出来るんですね。

それでまぁ、私なんかはそれを期に、テレビ出演の回数なんかは、激減しました。

それは使いませんよ、いかがわしい人だという事で、どこも使いませんね。

私はたまたま大学の先生だったんで、飢えに困るという事は無かったんですけれども、もしも私がテレビのコメンテーターを主たる仕事としてやっていたらですね、まぁ危機に瀕していたでしょうね。

法律通りに言ったのに危機に瀕する。

長谷川幸洋 ニュース女子問題

最近のこの手のものはもっと酷くなってですね、東京新聞の論説副主幹だった長谷川幸洋さんがですね、2年くらい前にニュース女子という番組の司会を依頼されたと。

長谷川さんは、一応これを東京新聞に了解を取ったら、上司の人がですね、長谷川さんの上司と言ったら、大体重役クラスなんですが、まぁ、東京新聞も東京ではそれほど名前が売れているわけでも無いので、大いにそのニュース女子に、テレビに出てですね、東京新聞の名前を売ってくれ、とこう言われたと。

それで、司会の役についたと。

それで、一年半くらいやっていたら、東京新聞が沖縄のデモの特集をやったと。

その時、長谷川さんは司会をやっていたと、その時に参加者の一人のコメンテーターと、制作会社が取材した、沖縄の暴力的なデモを放送したと。

その時は、私もそこに同席していました。

そして、みんなで、酷い酷いという事になった。

長谷川さんは、司会者ですから、それほど主導的な役割はしておりませんでしたが、それでもまぁ同調はしていました。

それはね、あんなビデオを見れば、同調もしますよ。

そしたら、東京新聞があろう事に、東京新聞の一面の左半分くらいを使って、長谷川幸洋さん個人を非難する声明を出したんですね。

更に、長谷川さんが持っておられた、東京新聞のコラムに長谷川さんがコラムを書いたら、ボツになったと。

一体、何なんですかね、これは。

民主主義にあるまじき行為

要するに、これは本当に滑稽な、この民主主義の世に起こるはずの無い、中国とかソ連とかナチスでも起こらないんじゃないかと思うほどの、事なんですね。

つまり、ある新聞社ですからね、普通の会社では無いんですが、その新聞社がですね、「大いにテレビに出ろよ」と言って、司会に出たと。

そしたら、そこに出演している人が、なんか言ったと。

そしたら、東京新聞が、反省の文を出して、しかも長谷川さんを副主幹から論説委員に降格させたと。

これをですね、色々なところに私が取材をしたらですね、まず第一に、東京新聞の社長が記者上がりで、非常に左翼な人物で、社内の人はびびってですね、左の事しか言えないくなっているという人もおりました。

また、中日新聞というのは東京新聞の親会社なんですが、東京新聞と中日新聞の中ではですね、放送が偏った放送だったと、つまり、「片側のデモをしている取材が無かった」と言うんですね。

ですが、今まで沖縄というのはですね、沖縄の人に言わせると、30年間、デモの主催者側の事しかマスコミは放送せず、暴力的なデモをする人の取材は、一切していなかったという事なんですけどね。

真実を語ると社会から消される

この長谷川さんの件はですね、真実を伝えた方が、ニュース女子の方なんですよ。

今までの沖縄のデモの報道はですね、ジャーナリストによるとですね、タブーというのがあるらしいんですよ、タブーというのが。

報道してはいけない事、それはデモの人が暴力を振るったとしても、デモの人が暴力を振るった事は報道してはいけないというタブーがあるというのです。

それが事実なのに、なぜ報道する事がタブーなのでしょうか。

かくして、長谷川幸洋さん個人が、あれだけの新聞で個人批判され、しかも社内の副主幹という地位を追われると。

やっぱりね、これは大きな人権問題ですよ。

小保方晴子さんもそう、私、武田邦彦もそう、そして、長谷川幸洋さんもそう。

真実を言うと、社会からバッシングされて、社会から退場を命じられる。

こんな社会、本当に、許されてよいものなのでしょうか。

参考図書:新聞・テレビは「データ」でウソをつく  
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

この話が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す