反日を生んだ総理大臣が遂に判明!日本はモンゴルと対等に戦った唯一の国!元寇の真実!武田邦彦

反日を作り上げた日本の総理大臣の正体

反日という根源は、もちろん直接的には宮澤首相と河野官房長官が、全く事実を調べずに韓国に対して慰安婦事件というのを公式に謝ったという、日本側から仕掛けたものですし、

画像出典:たまねぎ通信

南京虐殺事件も、社会党を中心とした日本の人たちがでっちあげたものですから、反日が起こるのは仕方ないんですけれども、その根源となるものがある。

実力とかけ離れすぎた日本人の謙虚さ

それは実力があるのに対して、ものすごく卑下している。

その実力があるということと卑下しているということが、あまりに極端に開きすぎているということですね。

それの3回目なんですが、最初は神武天皇以来2000年の歴史を持った国は日本しかないということを指摘し、

2回目は例えばシーザーにしても、始皇帝でも、それからチンギスハンでも、どんなに偉い人でも、その遺伝子というのは全く地球上から消え去っているわけですが、

日本の天皇だけは、2000年間、神武天皇のY遺伝子と今生天皇のY遺伝子が同じであるという、そういう血筋による統治というのをしたおかげで、非常に国の力が強くなったということをお話をしましたが、

昔は怖かったモンゴルの歴史

3回目は、元寇、モンゴルが突然爆発したわけですね。

歴史を見ますと、例えばローマ帝国、マケドニアもそうですね。

ある時に突然、民族というのはバーンと目覚めるわけですね。

今のイタリア人を見て、もしくは第二次世界大戦の時にムッソリーニに率いられたイタリアを見て、かつてのローマを思い出す人はいないんじゃないかと思うんですよね。

そういうふうに、民族というのはものすごく変わるわけです。

現在のモンゴルを見て、中国に今やられておりますが、現在のモンゴルを見て、それがかつて世界を制覇した、あの大モンゴル帝国を作ったのと同じ国であるということは、考えられませんが、事実はそうなわけですね。

それでアジア全部を支配し、中国をとり、かつヨーロッパも奥深くまで攻め入り、当時けっこう勢いのあったイスラム諸国を全部やっつけ、そして日本に来たと。

モンゴルに侵略されかけた日本

その時はもう満々たる自信で、文永の役と言われますが、1974年に、第1回の蒙古侵入があるわけですね。

しかしその時は何しろ日本という小さな国ですから、例えばその当時、フィリピン、インドネシア、日本というのは、シナの地方、元から見れば同じような国だったわけですね。

少し海を渡ると、そこに島国があり、その島国に、いわば野蛮人が住んでいるというか、そういうふうに思っていたわけです。

ですから、とにかく軍隊をある程度派遣すれば、たちどころに撃ち滅ぼすことができるだろうと思って、軍隊の数は26000人、船の数は900隻ですね。

それでまず対馬に上陸して、対馬でひどい状態で殺戮をくり返したわけです。

男は全部殺す、女は裸にして手のひらに穴をあけて、それを船から吊るすという、そういうことをやったわけですね。

それで対馬を全部とってから、壱岐を経て、博多に攻め入ったわけです。

日本がモンゴルを追い返した元寇の真実

そのころには、日本も準備が整っておりまして、防塁を築いたり、その時の鎌倉幕府の北条時宗が、各藩に銘じて、軍勢を長門、備前、それから太宰府、肥前というところに配置をいたします。

そこに、900隻の船に26000人の兵士が乗った大船団が来るわけですね。

ところが、なかなか日本はすごいわけですよ。

最初は上陸させます。

陸戦になりますが、せいぜい数キロメートルしか入れないんですね。

それはどうしてかというと、鎌倉武士というのは結構強かったし、それから日本の風習では、そこで勝利をすれば恩賞がもらえるということで、子孫安泰するということもあって、身を捨てて戦うわけですね。

そしてだいたい1日か2日くらいの戦いが陸上でありますと、一応元軍は船に帰らざるを得ない、陸上に基地を作れないんですね。

そんなはずはなかったんですが、一応船に帰る。

勇猛果敢な鎌倉武士

そうすると今度は、日本軍の、日本の鎌倉幕府の小さな船が、櫓で漕いで、その絵をかいておきましたが、大きな元船に比べれば、小さな船で近寄って、夜となく昼となく攻める。

あるいは火の槍を放って、船を火災にさせるというような、そういう奇襲戦法に出るわけですね。

この勇敢な日本軍に手を焼いて、それで結局海上でもたもたしているうちに、台風に遭うわけですね。

私は小さい頃は、日本は元寇に対して元が攻めてきたときは、台風が偶然に来て、神風で勝ったというふうに習ったんですが、その後長じて戦績を自分で調べてみると、互角なんですね。

あのまま台風が来なくても、多分元軍は引き上げたと思うんですね。

何しろ日本国土を占領できないんですから、海の方に追い返されちゃうわけですね。

日本はモンゴルと対等に戦った唯一の国

そこで怒り狂った元のフビライ、つまり世界的に言えば、日本だけがモンゴルと対等な戦いをしたと言っていいんですね。

そこで今度はもう大変だというわけで、朝鮮から4万人の兵隊、それから江南軍というのを作りまして、南京あたりから10万、合計14万ですよ。

最初が26000ですから、14万っていうとそれのだいたい5倍以上ですね。

5倍以上の軍勢に、だいたい船も5倍、4400隻をそろえて、すごいですよね、4400隻をまず建造するっていうのが大変ですよね。

ガンガンガンガン建造して、わずか7年後に、日本に大挙して攻めてくるわけです。

また対馬をやっつけ、壱岐に上陸し、今度は長門にも行きますね。

日本のモンゴルへの勝利は神風のおかげではない

そしてまずは肥前、平戸の辺りを攻め、さらに長門も攻め、さらに博多に行くと、こういうことで、いわゆる弘安の役、大規模な戦いがありましたが、これもやっぱり互角で、結局元軍は陸上に基地を作ることはできないんです。

普通橋頭堡と言うんですけど、橋頭堡(きょうとうほ)を作ることができないんですね。

そして、結局夜になると船の方に引き上げないといけない。

引き上げると今度は日本軍の夜襲が来るというようなことになって、結局また今度も台風で全部やられちゃって、海の藻屑と消えてしまって、合浦に退却するという、そういうことになったわけですね。

この歴史を、日本では神風で教えるものですから、混乱しちゃうんです。

要するに神風でも何でもなくて、戦いは互角で膠着した状態のまま、元軍は船から上がることが、上陸することができなかったわけですから、負けみたいなものですね。

そのうち多分、台風が来なくても食料が尽きたり、それから船でずっと寝泊まりしていると、船は荒れますから、兵隊も嫌になって帰りたいということになるので、士気も衰えるので、多分台風が来なくても元軍は日本に負けたでしょうね。

日本が世界と行った最初の大きな戦い

だから日本の最初の世界との大きな戦いは、この1274年の文永の役と、1281年の弘安の役だったわけですが、これで元軍に完璧に勝って、実は日本っていうのは手がつけられないと、あのさしものモンゴル軍もやられたと。

モンゴルには、中国が話にならずすぐにやられ、当時は宋ですけどね。

それから中央アジアの諸国は全部やられ、イスラムはけっこう力があったんですが、イスラム諸国も全部やられて、韓国、そしてモスクワを取られ、ヨーロッパも奥深くまで攻め入れられたと。

ヨーロッパと言いますとモンゴルから相当遠いので、そこまでやっとモンゴルが行ったという感じですね。

ところがその後モンゴルは、モンゴル高原から中国の北京に、開封と言いましたかね、その当時。

日本の強さを世界は知っている

首都を移しましたので、本当に日本というのは目と鼻の先なんですよ。

それに島国でしょ。

そんなのすぐやっつけられると思ったら、痛い目に遭ったわけですね。

モンゴルが日本に侵攻した大きな間違い

これは日本が世界にデビューした、中世以来の事件としては非常に大きな事件だった。

日本は強いというのが、本当はみんなに分かったはずですね。

それが神風という間違った思想で伝わったんです。

これは次の回に言いますけど、やっぱり国民皆兵というか、日本だけが国家があった。

国家がある国なんか概念がない、当時。

そこにモンゴルが攻め込んできたところに間違いがあったと、そういうことになりますね。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

「いいね!」を押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

コメントを残す