石破茂を総理大臣にしてはいけない衝撃の理由!石破茂の恐るべき歴史観!上島嘉郎

慰安婦を性奴隷と記述するよう指示

クリントン前国務長官が慰安婦ではなく性奴隷という用語を使うよう指示したという記述を、報告書に盛り込んでいます。

ただし、クリントン前国務長官が、性奴隷という用語を使うようにと指示したというのが事実であるかどうかは、実は不明なんです。

この出所はどこなのかというと、当時の韓国の新聞の報道に基づいて、議会調査局が記述したにすぎないんですね。

なんで、韓国の報道が、アメリカの議会調査局の報告書に盛り込まれたりするかというと、まぁ、誠に熱心にですね。

韓国は日本の慰安婦問題という事をアメリカの中で、色々と、彼らにとて都合のいい話が普及するように活動しているんですね。

まぁ、その成果というべきですが。

安倍総理の歴史観

こうした、議会調査局の報告書についても安倍総理はですね、あるテレビ番組でそれを問われえて、

「日本は今まで、ずっと礼儀正しく静かだったけれども、間違ったことを言われたら、それは間違っているとはっきり言わねばならない、言っていく必要がある」

と、これまた誠に当然の、しかし、これまでそこまではっきりおっしゃる政治家はいなかったけれども、そういった姿勢を示されているわけですね。

ところがですね、こうした安倍総理の姿勢に対して、自民党の内部から、やっぱり批判が出ているわけです。

おそらく安倍さんと非常に近い歴史観、国家観を持った政治家を、政府、党の中で探せば、私は高市早苗さんだと思うんですけれども。

で、高市早苗さんがですね、いやゆる村山談話に関する違和感、あるいは否定という事に関する発言を、今までもずっと続けてこられた方ですけれども。

その高石さん、今、政調会長(2012年~2014年)という要職にあります。

それを少し割り引いたとしても釘を刺した、自民党の高官がいます。

どなたか分かりますか?

石破茂が日本の総理になる危険性

石破茂幹事長(2012年9月~2014年9月)ですね。

石破さんは、

「党と政府の見解の相違がある、誤解を招くような発言は、厳に慎んで貰いたい」

といった抽象表現を用いましたが、

「安倍内閣も、村山談話を引き継いでいくという立場を取る」

という菅官房長官の発言もありましたが、そうである以上、党の要職にある高市さんは、そういう発言を慎んでほしいと、彼は言ったわけです。

ここに見られるのは、自民党が一致団結して、日本の失われた名誉を取り返していこうという事で、戦う姿勢で、まとまっているわけではないという事ですね、残念ながら。

ちょっと振り返ってみますと、まだ自民党政権時代に、防衛省が省になる前の庁でしたけれども、防衛庁の長官だった石破茂長官。

石破茂の危険な歴史観

中国のあるメディアのインタビューに答えてですね、例えば南京事件についてどうかと聞かれて、石破さんは、「南京事件はあった」というようにお答えになっているんですね。

それから、先の大戦をどう認識しているかについても、「侵略戦争であった」という事を、概ね認める内容の発言をされているんです。

実はですね、その内容が出たときに、正論のライバル紙と言われておりますWillという雑誌で、渡部昇一先生が、公開質問状という形で、石破茂さんに、「発言の真意を問いたい」という問いかけをしたんですね。

中国のメディアであるから、実際に石破さんが言った内容と異なる、翻訳のすり替えがされている可能性もあるから、本当はどうだったのか答えて欲しい、といったものだったんですけれども。

実は、その時石破事務所から、渡部昇一さん、Will編集部に届いた答えはですね、

「概ね、中国メディアが報じる通りの事を、石破は申し上げました」

という答えだったそうです。

石破茂は総理大臣にしてはならない男

それで、渡部昇一先生は、大変びっくりされてですね。

もしそうであるならば、

「石破茂という人は絶対に総理大臣にしてはならない男である」

というご発言を、渡部昇一先生は、以後されるようになるんですね。

一石を投じた田母神論文

それに関連して申し上げると、日本会議の講演にもいらっしゃった事があると伺っておりますが、田母神俊雄第29代航空幕僚長が、書いた論文。

それを問題視されて更迭された論文、麻生内閣の時にあった事件ですけれども、その折にも、石破さんが文藝春秋に、

「田母神俊雄さんを救世主にしてはならない」

という一文を書いて、

「田母神俊雄さんのああいった考え方は、文民統制に大きく外れるものだ」

という批判を展開されました。

しかし、果たしてどうなんだろうかという事を、石破さんが本当に田母神さんの論文を読んだ上でですね、批判をしたのだろうかという疑問を、当時、私は持ちました。

田母神論文の一体何が問題なのか?

当時、私は月刊正論の編集長を務めておりまして、田母神さんの問題提起、

「あの論文そのものの、いったい何が問題なのか」

という論陣を張ったわけですが。

田母神さんは、論文ではっきりこう書かれているんですね。

帝国主義が当たり前の時代に、日本も遅れてきた帝国主義の身として独立を、生存を全うしようとした。

その結果、色々と望まざる事も招いただろうけれども、ここは文言を正確に申し上げますが、田母神さんはですね、

「日本だけが侵略国家だといわれる筋合いもない」

日本だけが侵略国家と言われるのはおかしいのではないか、という問いかけをしたんですね。

ここで、「日本だけが」とはっきり彼は言っているんですね。

それは先ほど申し上げた慰安婦の問題もそうです。

世界中の当時の軍隊に、そういった性にまつわる話はあったわけですが、日本だけが、ここでも追及されるわけです。

なぜでしょうか?

日本人の目覚めを恐れる国々

で、その見直しを日本の政治家が取り組もうとすると、アメリカも中国も韓国も、

「それは日本に右翼、国粋主義、ナショナリズムが勃興してきている兆しであって、大変危険だ」

という封じ込めにかかってくるわけですね。

なぜでしょうか?

なぜでしょうかという事を、私なりにお話しする前に、そうした封じ込めの発言が出る度に、日本の政治家はこれまでどうなって来たかといいますと。

今回も、残念ながら安倍総理も、村山談話見直しという事を、先送りされるような発言に後退されましたね。

小野寺防衛大臣が、6月の頭にですね、シンガポールで開かれた安全保障会議で演説をしています。

ここで、小野寺大臣は、防衛力の強化に努める日本、強いに日本への理解を求める発言をしているんですけれども。

その一方でですね、安倍政権の歴史認識については、

「痛切な反省と、心からのお詫びの気持ちを表明する、歴代内閣と同じ立場を引き継いでいる」

という風に、またここに戻ってきてしまっているわけですね。

実は、一歩踏み込んだ発言をしては後退し、という事をずっと繰り返してきているんですね。

こここで思い出して頂きたいのは、小泉純一郎さんが総理大臣だった時は、中国の圧力に屈せず靖国に参拝し続けた総理であったという風に思われていますね。

私もそう思っているんですが、一方で、実は小泉さんはですね、村山談話よりも、もっとひどいと言ってもいいような話を、外国でしているんですね。

人格が破綻した日本人

そうするとですね、国際社会はどう見るかというと、一体、日本人というのは何を考えているんだと。

一方でそうした問題は無かったと否定しながら、一方でお詫びと反省を繰り返す。

これ、人格的に見たらおかしいんですよね。

一個の人間の人格に置き換えてみてください。

誠におかしな事をしているわけです。

事実じゃないという事に、人が謝罪をするというのはおかしいですよね。

「謝罪すれば周りが許してくれる、忘れてくれる」

っていうんであれば、じゃあ、それを目的に謝罪をするという事をしているとですね、一個の人間の人格に置き換えたら、それがどんどん歪んて行きますね、捻じれていきますね。

そんな状態に、戦後の日本は、やっぱりあるっていう事だと思うんですね。

もともと、戦後日本というのは、一体どんな姿をしているのかとう事を、私たちはきちんと、自画像として認識しなければならないと思うんですね。

占領軍に日本が統治された7年間

先の大戦に敗れたことで、概ね7年間、アメリカを中心とする占領軍に統治されますね。

占領政策がいかなるものだったのかという事をご存知かもしれませんが。

亡くなった江藤淳さんが、「閉された言語空間」という事を明らかにされましたけれども。

やっぱり、我々の戦後のスタートというのは、自分の頭でものを考える、自分の頭でものを見るという事を封じられた状態からスタートしているという事を、本当に痛切に、胸に刻み込まなければならないと思います。

よくですね、産経新聞の読者から、こういう電話を頂きます。

「産経新聞は、日本の歴史を、誇りを取り戻そうとよく言う、しかし、なぜ産経新聞は先の大戦の事を、大東亜戦争とはっきり書かないんだ」と。

「産経新聞こそ、太平洋戦争という言葉を使っているじゃないか」

という批判を受けます。

私は、自分が預かっている雑誌に関しては、大東亜戦争という記述を、第一表記にしました。

しかし、新聞は、太平洋戦争と書いています。

産経新聞が確信犯的に太平洋戦争という言葉を使っているかといえばそうではなくて、習い性ですね。

押し付けられたものが、長い歳月の間に、習い性になっているわけですね。

太平洋戦争しか許されなくなった日

太平洋戦争という表記に、大東亜戦争という表記から取って代わられたという経緯はご存知の事かもしれませんが。

これは、GHQがですね、昭和20年の12月8日から、新聞、NHKやラジオを通じて、

「これがGHQから見た太平洋戦争史である」

というものを掲載し、放送させるという事を命じて以後、日本のメディアはそれに従ってきたわけです。

なぜそうしたかというと、大東亜戦争という呼称には、あの戦争を戦った日本人の志や、当時の時代状況を汲むよすががあるからですね、手掛かりが。

それを失わせてしまう事で、日本人が戦った大東亜戦争という歴史ではない、アメリカから見た太平洋戦争という歴史を、我々の歴史に置き換えさせられたわけです。

他にも占領軍がやった事はいっぱいありますね。

NHKがラジオを通じてですね、「真相はこうだ」という、当時日本国民が知らされていなかったとされる事実を次々に伝えられるという形式をとって、日本が戦前、戦中にそんなに酷いことをしていたのかという事を、国民が初めて知るかの如く伝えられるという番組を、ずっと続けられるわけですね。

しかしこれは、もうはっきりと申し上げますが、当時のGHQが、日本が二度とアメリカに歯向かう事がないように、日本人を徹底的に弱体化させる政策として、流された情報であります。

ファクトではないわけです。

参考図書:優位戦思考に学ぶ 大東亜戦争「失敗の本質」  
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

この話が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

One Response to “石破茂を総理大臣にしてはいけない衝撃の理由!石破茂の恐るべき歴史観!上島嘉郎”

  1. 北葛城人 より:

    じゃあ、安倍が慰安婦に補償金を払ったのはなぜだ?

コメントを残す