20代の時に知りたかった人生に勝利する方法!僕の人生の転機!武井壮

Twitter炎上騒動

「生活費のために、1日8時間以上働けるのに、自分の目標のために、残りの16時間を何にも使わねぇって、勿体なくねぇかな。」

って呟いたら、Twitterに批判殺到で、ニュースみたいになっちゃんたんですけど。

なんかね、

「寝る時間なんか削れるかよ」

「じゃあ、お前、寝ないでやれよ」

というような方がいるんですけど、そういう事ではないと。

大きな差を生む1日1分の積み重ね

まぁ、僕はどんだけお仕事をしていても、例えば、1日1分でもいいよ。

好きな事に関して、調べてみたり、動いてみたりとかしても、もうプラスじゃないですか。

という事なんです。

1分でも10分でも、「それ何の意味があるの?」っていうような事でも、1年、5年、10年という積み重ねがどれほどの差を作るかと。

すげぇ、でかいんすよ。

若い時に知りたかった人生の勝ち方

俺、今それを、すげぇ感じてて。

俺も、30代の時とかって、結構ダラダラ過ごしてた機関があったんですよ。

自分の人生、まだたっぷりあるな、なんて感じてしまうんですよね。

20代なんて、アメリカにゴルフに行っていましたけど、まぁ~遊んじゃったし。

俺、もっと成長出来たと思ってるし。

ゴルフで、4年くらい、アメリカに留学していたんですけど。

1日に本気出せば、4ラウンドぐらいとか出来るんですよ、アリゾナとか行ったら、殆ど晴れているんで。

なんだけど、俺、1日、1ラウンド、2ラウンドくらいで。

ちょっと大学のキャンパスとか行って、金髪の女の子を見に行ったりしたりして。

あれはダメだったなと。

ただもうね、今分かっている事とか、今知ってる事とかを当時もし分かってたら、俺、もっと成功出来てただろうなとう事がたくさんあって。

今までの人生で。

こいつ、すげぇなって思う事

40代くらいで気づいた個人的な気付きを、20代前半くらいでやっている人を見ると、本当にすげぇなって。

こいつ、ホントすげぇなって思うことがあります。

アイドルの子とか見ると、俺、そういうの感じるんですよ。

あの歳でね、自分がその立場にいる事を、あんま分かっていない事も多いんですけど、でも人の人気を気にして、たくさんパフォーマンスを磨いて、トークもできたりもして、すげぇなって思ったりもするし。

あと、俺らが子供の頃に、それを真顔で馬鹿みたいに伝えてくれる大人って、あんまいなかったんですよ。

だからなんか、「もっと言ってくれたら出来たのにな」という気持ちも、ちょっと自分の中にあって。

だから、若い頃の自分に言うように呟いてます、そんなことは。

100万人のフォロワーさんが、もし全員1分使ってくれたら、全員で100万分、皆さん使ったって事ですから。

生きていたら色々ある

なんかね、生きてたら色々あるじゃないですか。

なんか面倒くさいことも、しんどい事も、嬉しいこともあるし、でも色々あるじゃないですか。

あるけど、しかもちっちゃいじゃないですか、俺ら一匹一匹って。

そこら中に、いっぱいいるじゃないですか。

たまにビルから見ると、うじゃうじゃ人がいる事もあるじゃないですか、なんじゃこれ、みたいな。

だけど、一人一人の中には、ちっちぇえ、色んな感情が、ゴジャゴジャゴジャって詰まっているじゃないですか。

それが積み重なると、ほんと凄いことになってくるんですよ。

欽ちゃん球団でピッチャー

実は、欽ちゃん球団の茨城ゴールデンゴールズでピッチャーをやっていた事もありまして、入団テストを受けて。

そして、その後くらいから、スポーツをすんごいやって来たのに、あんまり有名になってねぇなって思って。

人生に価値がない

何にも価値がないなと思って。

頑張っている分を、何か、誰も幸せに出来ていないなと思って。

その頃に、僕に周りにたくさん居てくれたのが芸人さんとかだったんですよ。

彼らとご飯とかに行っていると、まぁ、とにかくみんな笑顔になるし、喜ぶし、お喋りしたら笑うし。

これは凄い事だなって思って。

俺が出会った魔法使い

魔法使いがいると思ったんですよ。

僕にもしこんな力があったら、スポーツとかを全部エンターテイメントに出来るかなと思って。

ちょっとその日から、部屋を借りるのを辞めて、西麻布の芸人さんが集まるバーに住み込もうと思って。

車でその脇につけて、毎晩、芸人さんのトークを聞きながら、ボイスレコーダーで録音していたんですよ。

それが、31歳くらいの時からですかね。

参考図書:勝つ人 13人のアスリートたち  
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

このサイトが気に入ったら
いいね!してね!

Twitter で