菅野完の性犯罪と安倍降ろしに利用したマスコミの罪!女性暴行事件で海外逃亡中!百田尚樹

菅野完の恐るべき正体を暴露

百田尚樹百田尚樹

菅野完、すがのたもつって言うんですか、その菅野完さんという方が、

というか、日本のマスコミというのもいい加減ですよねぇ。

菅野完さんの事をジャーナリストって言ってますよね。

何がジャーナリストですかあれ、ジャーナリストちゃうでしょ。

あんなデタラメな人間、ちょっといてないと思いますけどね。

元々は、部落解放同盟の活動家やったみたいですね。

その後は、部落解放同盟を抜けて、どこで何をしとったんか分からんのですけど、近年になって、しばき隊に入っているんですね。

だいたいが、しばき隊に入る時点でおかしいと思うんですが、Youtubeとか色々と見てみますと相当怪しい映像がありますね。

百田尚樹百田尚樹

しばき隊のデモに入っていて、なんかそれをカメラに撮っている人間に対して、凄んでいますよね。

「コラお前、俺を殴ってみぃ」とか、

ガァー言うてね、なんかヤクザみたいに、カメラに向かってガァーっていっているような、そんな映像も見ましたけれども。

刺青、モンモンが入っとるような兄ちゃんとね、親し気な、そういう映像もあります。

菅野完 しばき隊と横領事件

百田尚樹百田尚樹

ところが、そのしばき隊でですね、結局金を、しばき隊に入ってきたカンパのお金を横領したという疑惑がありますね。

しばき隊の幹部も、それを認めているツイッターがありますね。

彼は、女の問題とか、金の問題とかで、もうしばき隊を出たと。

だから、もううちとは関係ないんだと、しばき隊の幹部が、そういうツイートをしていたのですが。

色々な所で報道されているので、これはおそらく間違いのない事でしょう。

だから、非常に金に汚いというか、恐らく犯罪に近いような事をしていたんでしょうね。

そしてその間にですね、どうも婦女暴行、未遂かなんかですか、そういった事もやっているらしいですね。

これがね、非常に面白い記事がありまして、「週刊金曜日」という雑誌にですね、菅野完氏の記事があるんですね。

菅野完 性的暴行事件の真相

百田尚樹百田尚樹

ベストセラー、「日本会議の研究」で注目の作家、菅野完氏が性的暴行で訴えられていたというそういう記事なんです。

百田尚樹百田尚樹

この記事をちょっと読んだんですけど、びっくりしますね。

日本最大の保守団体、日本会議について著した「日本会議の研究」で注目を浴びる著者の菅野完氏が、性的暴行を起こしていた事が、本誌の取材で分かった。 30代の被害女性は、昨年12月に200万円の損害賠償を求める民事訴訟を起こし、現在係争中である。 女性は、6月30日には、警察に被害届を出した。 裁判資料などによると、事件は2012年初夏、菅野氏はツイッターで生活保護バッシングに対する意見広告を新聞に出す運動を呼び掛けていた。 これに女性は賛同。 ツイッターや電話で数回やり取りをすると、会って挨拶をしたいと同氏に何度か言われ、東京都内で会う約束をした。 当日、遅れて来た菅野氏は、意見広告の件で公安に追われている、と怯えた様子をしていた。 更に、すぐにパソコン作業をする必要があるとして、家に行っていいかと女性にたずねてきた。tskeightkun.blog
百田尚樹百田尚樹

「今公安に追われている。」「すぐにパソコンで作業せなあかん」「家、言ってもいいか?」というふうに、女性に言ったわけですね。

初対面なので女性は面食らったが、菅野氏が切羽詰まった様子なので、断り切れず、作業の様子を録音する事を前提に、申し出に応じた。 家で作業する間、菅野氏は、「セックスしたい」などと女性に繰り返し発言。tskeightkun.blog
百田尚樹百田尚樹

パソコンの作業をしているのに、「セックスしたい」と繰り返し発言。

繰り返しという事は、「セックスしたい」「セックスしたい」「セックスしたい~」と繰り返し発言したという事でしょうね。

自身の命が狙われている趣旨の説明と、意見広告の文面を読み上げた直後、一旦録音を止めようとした女性を押し倒した。tskeightkun.blog
百田尚樹百田尚樹

女性は録音をしていたんですね。

その録音をしていた情勢を、急に押し倒した、初対面の女性に襲い掛かったんですね。

女性の悲鳴の冒頭が録音に残っている。

「キャー、ヤメテーーー」

という声が、録音に一部残っているんですね。

抑え込んで離れないため、女性が抵抗して顔を横に背けると、tskeightkun.blog

顔を横に背けようとしたという事は、キスでもしようとしたんでしょうね。

顔を横に背けると菅野氏は、頬に顔を押し付け、キスをした。tskeightkun.blog
百田尚樹百田尚樹

怖いですねぇ。

菅野氏が、「ホンマに怖いねん」「抱っこして~」と言うので、背中に数回手を当てると、tskeightkun.blog
百田尚樹百田尚樹

背中をトントンとしたのかな。

背中に数回手を当てると、菅野氏は女性から離れたという。 その後、「お前とセックスしたい」「口説いていいか?」と同氏は言った。tskeightkun.blog
百田尚樹百田尚樹

女性は犯される恐怖から、同氏の神経を逆なでしないように接し、なんとか家を出て行かした。

以後、菅野氏はしばらくネットでつきまとうなどして来た。 女性は、同氏所属の運動体に、tskeightkun.blog
百田尚樹百田尚樹

これは、もしかしたらしばき隊かな。

同氏所属の運動体に、他に被害が出ないように周知を頼んだ。tskeightkun.blog
百田尚樹百田尚樹

「こういう事をした男がおる。」「菅野氏はこういう事をした」と、「だから他の人達にも教えてくれ」と、第2、第3の私みたいな被害が出ないように、みんなに言えといったわけですね。

だが、その団体からはですね、「運動を潰すわけにはいかない」とか「運動と関係ない」などと言われ、訴えを聞き入れて貰えなかったという。

女性は自分が間違っていると感じ、その後沈黙したが、友人などを介して、14年5月に、同氏から謝罪文を受け取った。tskeightkun.blog
百田尚樹百田尚樹

つまり、菅野氏からですね、謝罪文を受け取ったらしいですね、どうも。

菅野氏が出した謝罪文には、仕事や社会運動などで、多忙かつ危険な状態に追い込まれており、理性的な対応が出来ず、押し倒すなどの性的な行為を働いたとして、反省の意が表されている。tskeightkun.blog
百田尚樹百田尚樹

だから、その謝罪文の中にですね、「自分はその当時、仕事が忙しかったりとか、非常に切羽詰まった状況やったんで、ついつい理性的な判断を失った。」「押し倒してしまって悪かった」とこういうふうに書いてあったわけですね。

だが、被害女性はこう話す。 「彼は事件後もツイッターで、女性を擁護する正義感ぶった発言を繰り返していて、吐き気やめまいが止まりません。」 「ツイッターに謝罪の意も載せて欲しい。」という要求には耳を貸さず、反省しているとは思えない。 そもそも、裁判に一度も出廷していません。tskeightkun.blog
百田尚樹百田尚樹

女性は、菅野氏が裁判に一度も出て来ていないと、怒っているわけですね。

女性は事件後からずっと心療内科に通院し、担当医は、不安神経症、不眠、鬱傾向、PTSD(心的外傷後ストレス障害)傾向も現在ある。 加害男性の、ネットでの度重なる発言行為によるストレスも原因と診断している。 一方の菅野氏は、裁判の答弁書で、「性的暴行と被害女性の病状に因果関係は認められない」などと主張。tskeightkun.blog
百田尚樹百田尚樹

つまり、菅野氏は、「私は性的暴行はしたけど、PTSDとか鬱傾向とか神経所とか、不眠症とか、そんなのは関係ない」と言ったわけですね。

因果関係は認められないなどと主張。

週刊金曜日の取材に対して菅野氏は、「被害者のご意向を尊重し、真摯に向き合い反省したい」としたうえで、「因果関係は認められない、というのは僕の主張ではなく、係争案件なので、弁護士が行った確認作業です。」tskeightkun.blog
百田尚樹百田尚樹

と、こう言っているわけですね。

「校正プログラムを受けている」と話したという事です。

だが、同氏が受けた団体の校正プログラムは、ドメスティックバイオレンス加害者が対象で、同団体は、性暴力加害者には内容がそぐわないとした。 また、プログラムを受講しても、校正したとは言えない。 校正したかを決めるのは加害者ですから、と強調した。 菅野氏はまた答弁書にて、被害女性は事件当日、暴行後も自分自身に友好的であったと述べている。tskeightkun.blog
百田尚樹百田尚樹

と。

裁判所に出した答弁書に、自分は暴行をしたけれども、彼女はその後も、私に対して友好的だったというふうに言っているわけですね。

性的暴行をし女性の人権を訴える菅野完

これに対して、性差別性暴力事件に詳しい板倉由実弁護士は、「被害者は『被害を最小限に抑えたい』との心理等から、止むを得ず加害者に迎合する態度を取ることがある」と指摘した。 被害女性はこうも話す。 「被害にあった他の女性たちにも話を聞いた。」tskeightkun.blog
百田尚樹百田尚樹

だから、他にもあるんですね。

菅野氏は、様々な運動において、真摯に運動に取り組む女性の思いを巧妙に利用し、ハラスメントや付き纏い等をしているようです。 ある女性は、はじめて電話を受けた際に、 「俺はセックス依存症だ」「性の処理をしてくれる人を求めている」 と言われたそうです。tskeightkun.blog
百田尚樹百田尚樹

すごいですね、この菅野さんという人はね。

7月1日のツイッターで、慰安婦報道に関して、 「完全に“女性の人権”って観点抜けてますよね?」 と批判した菅野氏だが、この発言が自身に跳ね返ることには考えが及ばないのだろうか。tskeightkun.blog
百田尚樹百田尚樹

というふうに書いていますね。

これがね、週刊金曜日にあった記事です。

ですからね、相当怪しいんですね。

裁判所から差し止めをくらった日本会議の研究

百田尚樹百田尚樹

週刊金曜日が書いていた、「日本会議の研究」で話題の著者となってしますが、この日本会議の研究というのはですね、裁判所から差し止めを食らってるんですね。

普通本でね、日本は表現の自由が許されているので、出版差し止めを食らうというのは、まぁ無いんですよ。

よほど事なんですよ、出版差し止めを食らうというのは。

そうそう間違った事を書こうが、何をしようが、出版差し止めは食らわない。

本屋にある本にですね、間違った事や嘘を書いている本とうのは、山のようにあるんですよ。

でもね、なかなか出版差し止めは食らいませんよね。

だから、出版差し止めを食らうというのは相当のものなんですけど。

この菅野完氏の「日本会議の研究」というのはですね、出版差し止めを食らっているんですね。

ですからね、まぁ、とてつもないデタラメな感じの人という気がします。

菅野完 松井知事は悪い人

画像出典:ironna.jp

百田尚樹百田尚樹

その菅野さんがですね、報道陣に囲まれてですね、松井知事の写真を出してね、「この人は悪い人です」って言うてね。

「なんでみなさんこの人の家の前に張り込まないんですか」「この人が一番悪いんですよ」なんて言って、松井知事の悪い所をいっぱい言うた。

そしたら日本のテレビ局は、マスコミはですね、松井知事の所に行ってですね、「ジャーナリストの菅野氏が、松井知事に対してこんな事を言っているんですが、松井さんどうなんですか?」て行ったら、松井さんカンカンや。

「君ら、あの人をジャーナリストと求めてるんか?」「はぁ、その感覚、どうなんかと思うよ。」と言うてね。

「だいたい彼が、籠池理事長の言葉を代弁して喋ると言っているようやけど、その裏を君ら取ってんのか?」

「なんの裏も取ってないのに、どこの誰や分からんような人物がフワーっと喋ったもんをそのままテレビにのせて、それを私に疑問や言うてぶつけてくるって、こんなもん相手にする必要なし。」ってね、松井さんは、ズバッと言うてたけど。

その通りやわ。

百田尚樹百田尚樹

ほんまにね、今のテレビ局の劣化は酷いね。

誰かがね、本当に。

そりゃあね、ちゃんとしたジャーナリストとか、これまで色々な実績があって、色々な仕事をしてきて、社会的な信用が凄いある人がね言うなら、これはね、やっぱり言葉の重みってあります。

ところが、本当にね、どこで何してたか分からんような人、しかもしばき隊に入っていて。

しばき隊ですよ。

しかもその、しばき隊の金を取る、金を横領して、しばき隊を追い出されて、そのあと「日本会議の研究」って本を書いて、これもデタラメばっかり書いて出版差し止めを食らって。

なおかつ女性にハラスメントとかそんなのをいっぱいして、暴行とかしてですね。

それで裁判で訴えれれているような、そんな人物をフリージャーナリスト言うて、アホみたいに、テレビ局がノーカットでね、流すってね、どうですか?この現状について。

女性暴行事件 菅野完敗訴 110万円の支払い命令

菅野完氏は、この被害女性の裁判に関して、「女性に精神的苦痛を与えた」として、2審で敗訴し、110万円の支払いを命じられているようです。

菅野完 ツイッターアカウント永久凍結

菅野完氏のツイッター個人アカウントは、ツイッターの利用ルールに違反するとして、永久凍結さてしまっているようです。

菅野氏ご本人は、「凍結された理由が分からない」とおっしゃっているようですので、どのようなツイートをされておられたのか、参考としてご紹介させて頂きます。

画像出典:sukini164.com

菅野完氏は、知恵遅れの人間は、死ぬべきであると考えておられる方のようですね。

菅野完 女性暴行で米国で逮捕状 保釈中に日本逃亡中

菅野完氏には、アメリカのテキサス州在住中に、女性に暴行し2度も逮捕されているといいます。

週刊現代によると、交際中の女性に対して、鼻がひん曲がるほどの暴行を行ったとか。

2度目の逮捕の保釈中に、どうやら日本に逃亡したらしく、現在も逃亡中の身であるという事です。

保釈金も支払ってくれた保障業者に対して、保釈金の返還すらしていないとの事。

要するに、菅野完氏は、アメリカのテキサス州に行ったら、逮捕される人物であるという事のようですね。

よくもまぁ、女性の人権を平気で口に出来るものだと、ある意味、感心してしまうのですが…

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

このサイトが気に入ったら
いいね!してね!

Twitter で