中野信子 イケメンでも結婚出来ない男の特徴!人がときめく理由!小顔はモテない?

誰でも一度は経験する、初恋のドキドキするあまい気持ち…

人はなぜ、ときめきを感じてしまうのでしょうか?

人がときめきを感じる理由

人間がときめきを感じる所は、報酬系といって、脳の奥深くにある哺乳類の脳の部分にあります。

動物的な脳の部分です。

ここが、自分にとって快い刺激かどうかを見分けていて、快い刺激があると反応します。

反応している時に、自分の気持ちとしては「ときめいている」という事になります。

ときめきの記憶

ときめくという事は「この刺激があるとときめくぞ」とどこかで覚える必要があります。

海馬から記憶に蓄えられて、

「甘いものを食べたらときめくぞ」

であるとか

「この匂いを嗅ぐとときめくぞ」

であるとか

「この人の顔を見るとときめくぞ」

といった刺激を記憶して、その刺激の方に行こうとする行動が、強化されるのです。

なぜときめくを好むのか?

なぜときめく刺激の方に行こうとするのかというと、ときめきを感じた時、普段は抑えている前頭前皮質という、より一段高い人間の脳と呼ばれる部分が、一瞬麻痺をするのです。

お酒を飲んだ時も、この前頭前皮質が麻痺をします。

麻痺すると、普段であれば、

「こんな事言ってはいけないな」

「こんな事やってはいけないな」

と抑えていた事を、やってしまうようになるのです。

お酒で失敗してしまうのもこの事が原因です。

つまり、脳のブレーキが利かなくなるという事なのです。

脳のブレーキが切れなければならない時

この脳のブレーキが、切れなければならない時があります。

それが、子孫を残さなければならない時です。

子孫を残さなければならない時には、社会性や、自分の個体を守らなければならないと、言っている場合では無くなります。

そんな事は度外視して、種の保存の為に動かなければなりません。

そのため、一旦その社会性の部分をOFFするのです。

このOFFする機能が「恋愛」なのです。

ときめきを感じて、

「もう社会性なんてどうでもいい」

といって、駆け落ちとかしたりする人などもいますが、脳を麻痺させて子供を作ろうとしているというわけなのです。

初恋のときめき

初恋のときめきも、根っこは同じです。

ときめきを感じられない個体と、ときめきを感じられる個体の2種類がいたら、どきめきを感じられる個体の方が、子孫を残せる確率が高いですよね。

ときめきを感じられない個体の方が子孫を残せない

そうすると、ときめきを感じない個体は、今、生き残っていないという事になります。

小学校6年生の女の子や男の子が、ときめきを感じていたとしても、根っこには、子孫を残したいという人間の本能が働いているのです。

動物を含め、有性生殖を行ない、脳で制御している生物なら、みんなに共通する事なのです。

「ときめく」というとてもロマンティックな話を、合理的に語ると、このような生々しい話になってしまうというわけです。

ロマンチックの必要性

このロマンティックな気持ちになって、

「もう考える事なんてどうでもいいや」

という雰囲気になるのが、脳の合理的な部分を麻痺させる、大事なところと言えるのです。

動物もときめきを感じているのか?

動物も人間同様に、初恋の時のようなときめきを感じているのかというと、その可能性が高いと考えられます。

自分が「今ときめいているな」とモニターするのは外側の脳の部分です。

そのため、動物だと、今のトキメキをモニターする事は出来ないと思います。

動物には外側の脳の部分が無い事が多いですから。

ただ、動物は欲望のままに行動していると、考えるのが自然です。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す