英国紳士が日本人にオリンピックでした酷い嫌がらせ!外国人は日本人のここが嫌い!武田邦彦

日本人を収容所に押し込めたアメリカ

前回は、日本からブラジルに行った移民の活躍を例にとって、実は日本人は外国に行かないほうがいいんじゃないか、ユダヤ人と日本人は非常に優れていて、世界のどの民族も勝てない、

だから中国でも反日運動、アメリカでも反日運動が起こって、アメリカでもちょうどヒットラーがユダヤ人を収容したように、アメリカもまた日本人収容所というのを作って、そこに戦争中は全部日本人を押し込めるということをしたんですね。

それはやっぱり恐怖心の表れなんです。

やっぱり自分たちより優れた人たちを警戒するっていうことですから、日本人が、ブラジルの人みたいにおおらかな国なら別なんですが、普通の国に行くと、やっぱり反日が起こるということは確かなんですね。

戦後は工業製品で恨まれた日本

それは実は戦後の工業製品とか、そういうものでも同じで、非常にいろんな国から恨まれたんです。

その1つの先鞭をつけたのが、ホンダがマン島TTレースというもので、優勝したっていうことですね。

このマン島TTレースというのは、日本ではあまりなじみがないんですが、ヨーロッパ人の、言ってみれば命みたいなものなんです。

昔の日本の講道館柔道の講道館選手権みたいなものなんですね。

その地域の魂なんです。

オートバイというのは、非常にイギリス人とかドイツ人が好きなんですね。

フランス人は自転車も好きなんですけど、ツールドフランスというのがありますけど、それは自転車ですけど、いずれにしても、そういう自転車とオートバイが好きなんですよ。

それのレースを競って、大変に国民的に盛り上がるわけですね。

それの頂点に立つのがイギリスのマン島という、ちょうどイングランドとアイルランドの間にある小さな島なんですけど、そこの島で行われたオートバイレース、TTレースなんですね。

世界に圧勝してしまった本田宗一郎

本田宗一郎がバイクを作って、だんだんだんだん性能が良くなってきました。

特に、オーバーヘッドカムシャフト、カムシャフトがエンジンの上にあるという、そういうタイプのエンジンで、非常に高性能を出すようになって、日本のオートバイが非常に売れるようになってきたわけです。

それまでオートバイというのはほとんどドイツのもので、それにちょっとイギリスのものがあるっていうくらいだったわけですけど、そこにまず日本のホンダが切り込んだわけですね。

商売でだんだん良くなってくるのはいいとしても、やっぱりマン島レースに出たいということで、高橋国光さんだったかな、いろんなレーサーが出てきて、最初は外国人のレーサーばっかりだったんですけど、それがホンダの車に乗って、最初はそれほど勝てなかった。

だけど第2回くらいから第6位くらいに入ってきて、それから5年くらい経ったら、1位から6位まで全部ホンダなんですね。

ホンダ、ホンダ、ホンダ、ホンダ、ホンダと続くわけですね。

その頃には日本人のドライバーも養成されてきたわけです。

ホンダがそれだけ勝ったかと思うと、今度はヤマハ、スズキと続いて、一時はもうレースと言えば日本車しか勝てない、という状態になったわけですね。

世界でも稀有な日本人の勤勉さと器用さ

それは日本車の技術は非常にいいですし、それから技術がいいばかりじゃなくて、こういったモータースポーツというのは、途中で故障しないこととか、それからちょっとしたタイヤの入れ替えだとか、そういうのを素早くやるとか、全ての器用さとか技術が集中するわけです。

そういう点では日本の得意なところですから、まず真面目さがある、それからきちっと打ち合わせる、それで集団で勝負に臨む、ということなので、たちまちホンダとヤマハとスズキが世界を席巻したわけですよ。

日本を深く恨んだドイツ人とイギリス人

そうなると、深く恨んだのは誰かと言ったら、やっぱりドイツ人とイギリス人なんですね。

とくにイギリス人は、それはいろいろな痛い目に遭っているわけですよ。

この反日の根源の第1部あたりでやった、島津藩をイギリス東洋艦隊が攻めてきて、負けて帰ると、こんな屈辱なかったわけですね。

ショックで部屋から出てこれなくなったチャーチル首相

それから、太平洋戦争では、初戦に、12月8日ですよね、マレー沖海戦で、大英帝国機関、プリンスオブウェールズと、戦艦レパルスが、日本の航空隊に撃沈されるということが起こり、

当時のイギリスのチャーチル首相は、この報に接して部屋に閉じこもって出て来れなかったと、事実、このマレー沖海戦の後、イギリスは世界の海軍からすっかり位が落ちてしまうという事実が起こったわけですね。

英国紳士が日本人に行った酷い嫌がらせ

だから、オリンピックでもイギリスはすごい日本に嫌がらせをして、ロンドンかどこかのオリンピックでは、日本人を移動させないなんていう措置をして、紳士としてのスポーツマンシップに全く反することをやったわけです。

まともに勝負すると勝ってしまう優秀な日本人

ドイツは一応日本と一緒に戦ったということがあっても、戦後やっぱりオートバイなんかだったら断然にナチスのオートバイがよかったわけですけど、それを日本が簡単にひっくり返して、しかもここが日本の悪いところなんですけど、1位を取ったくらいだったらよかったんです。

それと3位か4位くらいに日本車が2つ食い込むくらいだったらよかったんですけど、そうじゃないんですよ。

毎年毎年、1位から6位まで日本車がとるんですから、これじゃあやっぱり恨まれますよ。

もちろん努力したものが報われる、でいいんですけど、それも程度問題があって、他の国から見ればもう日本にはとても勝てない、あいつらいったい何だと。

人の国に来て、自分たちが築いてきた伝統のレースを全部奪ってしまうと。

それをまたてこにしてオートバイを世界中に売り歩くと、こういうことになりますからね。

日本人の感覚ですと、オートバイを作るのに努力し、チームワークを作り、全体一丸となってレースに臨む、本当にホンダのチームが最初にマン島に行った時の話なんて言うのは、本当に涙ぐましいんですよ。

あの頃は、外貨を持ち出すことに制限がありましたから、ホンダのチームと言えども、本当に貧乏所帯で向こうに行ったんですね。

マン島の下宿のおばさんとかそういう人たちの協力を得て、なんとか自分たち洗濯したりいろんなことをして、やっとやっと戦うという状態だったんですよ。

もちろんすごく日本も貧乏でしたから。

貧乏な日本人に勝てない白人

しかしその中でも団結力だとか意志の強さ、それから工夫、協力なんていうのがちゃんとしてますから、到底ほかの国が日本に及ぶことはなかったわけですね。

そこで日本人が少し哲学的であれば、いやいや、ちょっと日本の良さを示すのはいいけど、やり過ぎると恨みを買うからね、というくらいの余裕があってもよかったんでしょうね。

女子レスリングがオリンピックから外されかけた理由

女子レスリングがオリンピックから外されようとしたわけですが、当然ですよね。

だって日本人が全階級制覇したり、オリンピック3連勝4連勝としちゃったら、それはやっぱり日本のためにオリンピックやってるわけにもいかないよ、ということになるし、恨みも募ってくるわけですよね。

日本人の優秀さが反日の原因の一つ

だからそういう意味では、一生懸命やるということは大切ですが、それも世界の人の反発を買うということも、同時に我々は理解しておかなきゃいけない。

その意味では私は戦後の国際的な活動のうち、ホンダがマン島TTレースを制覇したことの持つ意味というのが、日本から見ればあまりに当たり前であり、美談ですね、素晴らしい本田宗一郎です。

だけどそれが反日の1つの要因になっているということも、私たちは考えなければいけないんじゃないかと、そのように思います。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

「いいね!」を押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

コメントを残す