朝日新聞は悪徳情報操作会社である!戦争で日本人を殺した嘘つき朝日新聞の戦争責任!武田邦彦

日本が向かう不健全な社会

フェイクのニュースの問題もこれで5回目くらいになりますか。

しかしこのフェイクニュースの問題をかなり詳しくやっとかないとですね、このまま日本がですね。

私はこのまま日本が行きますとね、それはソ連にみたいなスターリンリターンみたいな激しいことにならなくても、非常に大きく国の方向も間違うし、

社会も非常に不健全になって、まあ本当に悔しい思いをする人がいっぱい出てくると思うんですよね。

その一つとして、まあすでにもう悔しい思いをした日本陸軍と朝日新聞というもの考えてみようと思いますね。

戦争に負けてアメリカにへつらった朝日新聞

実はその朝日新聞ってのは、今平和主義を掲げておりますが、これは戦争に負けてアメリカ軍にへつらっただけなんですね。

まあそうじゃなんきゃ生きてけないと思ってですね、がらっと態度を180度転換しました。

朝日新聞は情報操作会社

そして、アメリカ軍のまあ喜びそうなことだけ報道するっていうふうに、まあ朝日新聞は大きく、まあ朝日新聞っっていうのは私は朝日新聞って呼ぶべきじゃなくて、

朝日情報操作会社と呼ぶべきだと言ってるんですけども。

新聞のような体裁のものを出しているって言うだけでですね、その紙面内容っていうのは本当に情報操作会社として戦前・戦後通じて一貫してやってきたわけですね。

これについてはもう、あらゆる、多くの人が言っておりますから、ここでその朝日新聞が戦前どういう報道をしてたかというとをあまり詳しくは言いませんが。

戦争を煽った朝日新聞

例えばですね、えっと例えば1904年日露戦争が始まる時ですね、この時まあ毎日新聞は今全然ダメになっちゃったんですけども、結構毎日新聞は戦前は、

骨があってやや戦争反対論でした。

そこで、朝日新聞がですね当時の桂太郎首相を挑発したりしましてね、開戦の方向にどんどんどんどん持っていくんですね。

こう言ったその朝日新聞のやり方は、それに続く第一次世界大戦、日中戦争。

もう日中戦争、中国との戦争を煽ったのは完全に朝日新聞ですからね。

それから大東亜戦争、もう完全な主戦論だったんですね。

なんで朝日新聞が、戦前は戦争賛成・戦争賛美・軍隊賛美だったかって言うとですね。

朝日新聞は悪徳商人の情報操作会社

その方が部数が伸びたからですよ、まさに悪徳商人なんですね、自分の部数が伸びれば嘘でもなんでもいいよっていう。

それでもう何人死んだって全然構わないよって、自分だけが給料上がればいいってのが朝日新聞なんですよ、だから情報操作会社なんですが。

それをずっとやってきて、そしてむしろですね日本の軍部今もみなさんこれに全く洗脳されてますから、逆だと逆と思ってられると思うし私もこの自分のうちが、

朝日新聞とってましたから。

日本軍部の暴走の嘘と朝日新聞の戦争責任

自分でものを調べるようになった、30歳ぐらいからね、分かってきたことでそれまでは、日本軍部が暴走したとかですね、日本軍部が戦争を開始したとこう錯覚しましたね僕は。

それは朝日新聞の情報操作で、情報操作自分の情報が操作されて感情もコントロールされてたんで、非常に残念な思いがするんですね。

人の感情を左右しやがってっていう感じで、僕は怒り狂ってるわけですが、まあ仕方ないですね、朝日新聞。

戦争責任を取らない嘘つき朝日新聞

戦後、急激に朝日新聞は平和主義そしてソ連のスターリンがやったようにですね、自分の失敗をその自分の失敗をですね、ただただ変えただけではですねこの社会ってのは、

変わんないんですよ、スケープゴートつまり犠牲者を出さなきゃいけないんですね。

それで朝日新聞はどういう手を使ったかっていうと、自分が煽って日本社会を戦争にした。

なんでしたかっていいますと、私の調査によるとですよ。

日本軍部、日本陸軍なんかも戦争は嫌だったんですよ、それはね日本軍部の中に跳ね返りがいたってのは確かなんですよ。

これを上手く朝日新聞が後に使ったんですけどね。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す