日本人が朝日新聞に毒された理由!日本と海外のフェイクニュースの違い!NHKや朝日新聞による世論誘導!武田邦彦

トランプ大統領へのフェイクニュース

えっと、アメリカ大統領の捻じれの報道ですね、まあフェイク報道。

それから、これはやはり同じアメリカのトランプ大統領の移民…違法移民の入国制限のニュースのフェイク、それからまあ科学的なものは一つだけ。

最近のフェイクニュース

えっとその、マイクロプラスチックって言いますかプラスチックの分解に関する最近のフェイクニュース。

まあ、なぜこういうフェイクニュースを流すかってことですね、分かっているのにフェイクを流す。

まあやっぱおかしいと、そんなことないじゃないかと別にあの正々堂々とNHKにしても新聞にしてもですね。

非常に大きな組織だし、まあ今までの長い利権があってですね、なにしろあの給料の高い会社のベスト10の5つぐらいは報道関係というなですね、

そういう時代なわけですから、もっと正々堂々・衣食足りて礼節を知っていいんじゃないかと、こういう風に思うんですが実は違わけですね。

メディアがフェイクニュースを垂れ流す2つの原因

それの原因と思われるものを二つぐらい上げたいんですが。

一つはあの、日本のメディアっていうのはですね、ヨーロッパ・アメリカよりか危険なんですね。

なぜ危険かっていいますと、ヨーロッパ・アメリカのメディアまあアメリカってかヨーロッパメディアっていうのはですね、歴史的にまあ権力に対して、

反抗をするっていうか、権力が腐敗していったりそれから、思うようにやっていくのをマスコミがそれをチェックするっていう役割をしてきたわけですね。

まあそこには、歴史的に非常にメディアの人が苦労したり圧迫をしたり投獄されたりという、そういう歴史の中でやってきたわけですね。

しかしだから言ってみれば、ここでは戦うメディアと書いたんですがまさに戦うメディアだったわけです。

日本が作ったメディアの特権

ところが日本のメディアはですね、ヨーロッパの文化を受けて明治政府が慌ててですね、言ってみればメディアを作るそして、よく言われるに記者クラブのようなですね、

政府の発表通り情報が流れるようなシステムを作ってですね、そしてメディアを特権化するんですね。

政府に囲われた記者クラブ

つまり、その記者クラブなんていうのは日本しかないわけですが、記者クラブ制度なんていうのはまさにですね囲われ…政府に囲われたメディアというものなんで「従うメディア」と言っていいでしょうね。

日本と海外のフェイクニュースの違い

ですから、このフェイクニュースはアメリカとかヨーロッパのフェイクニュースってのは、複数のフェイクニュースがあるんですが日本のフェイクはですね一種類なんですよ。

みんな同じフェイクを流すわけですね。

ていうのは、戦うメディアと従うメディアがあるわけですね、私はメディアの人をずいぶん知ってるんですど、やっぱり従うメディアから脱しなきゃいけないと思うんですね。

金に魂を売った日本のメディアとご御用学者

まあところが今、お金が中心となって世の中動いてますから、やっぱり従うメディアの方が金が儲かるということですね。

まあこれは、学者も同じなんですよ。

1990年くらいから、国から役に立つ研究だけにお金が来るようになって、まあなんていうんですかね。

もう従う学者なんですよ、自分の学問的な魂で研究するんじゃなくてもう政府が言うままに研究すると。

いうようなことになってしまったわけですから、まあマスコミだけは避難できないわけですけどね。

メディアによる世論誘導

それから、もう一つは戦うメディアのほうから出てきた理屈があるんですね。

これはメディアは世論を誘導していいと、メディアは意見を持っていいと、メディアは中立じゃなくていいと。

まあこういう考え方があります、これは実はそのアメリカ・ヨーロッパから輸入された考え方なんですね。

だから日本の従うメディアが、世論をコントロールしていいんだというそういう組み合わせになっちゃったんですね。

本当は戦うメディアが意見を持っていいと、まあこれは割合社会としては正常に動くんですが。

NHKや朝日新聞による世論誘導

従うメディアがあの意見を持つということは、政府の意見と同じになるってことですね、これはまあ現在のNHKでありそれの歪んだ形が朝日新聞なんですね。

つまり朝日新聞もNHKも言ってみれば、従うメディアが世論を誘導するという、そういう風になったと。

この前も、一緒にテレビ出ておられたらあるジャーナリストの人がですね「メディアは意見持っていいのよ」と私がまあ武田がですね、中立的な報道を要求したら、

「メディアは意見持っていいのよ」っつたんですけど。

日本のメディアが無意味になった理由

それは前提があって戦うメディアなら意見を持ってもいいけど、従うメディアが意見を持つということはメディアの意味がない。

つまり官報、政府の発表通りでいいとまあ言うことになりますね。

これはこの前、あの外国で捕まったジャーナリストがいましたね。

僕は原則としては、あまり個人の名前を上げたくないんで、まああまり言わないんですけど。

そのジャーナリストが、自己責任であるか。

日本の民間記者の低い取材力

つまり、危険なとこ行って逮捕されちゃって何年も拘束されてたのは自己責任であるか、それともジャーナリストとして適当な行動であったかということに対して。

あるフランスの記者がですね、言っていたことが非常にその私はピタッときたんですが。

彼はこういってましたね。

日本のメディアは従うメディア

ヨーロッパでは戦うメディアなので、そん時は戦うメディアとは使ってませんでしたけども、戦うメディアなので危険を冒して取材したものを、国民が必要としてるんだっていうんですね。

見たいと思ってるんだと。

ところが日本の場合は、下手な民間の記者がどっかに行って取材してきた情報よりか、政府系で発表されるもののほうが皆が参考にしてるって言うんですんね。

ですから、結局自己責任論が出てくるんだ、余計なことをするなって言うことになると。

余計な事っていうのは、どうしてそのあの記者が逮捕を、外国で逮捕された記者が余計な取材なのか、余計な価値がないのかというと。

日本人が求めているものが、従うメディアからの情報だからだっというふうに言ってる。

ああ、その通りだなというふうに僕思いましたね。

日本人が朝日新聞に毒された理由

これもう一つはですね、あの日本のメディアが世論を誘導しちゃいけない、つまり意見を持ってはいけない、中立じゃなくちゃいけないとされてきたのはですね。

実は新聞が個別配達されるわけですね。

新聞の個別配達っていうのは、多分世界でも日本だけか少なくとも有力な大きな国ではほぼ日本だけと言ってもいいよな状態だと思うんですね。

で個別配達で、二誌も三誌も新聞を取るってことは普通難しいんですよ、4000円くらいしますから月に。

だから、一誌とることになるんですね。

例えば朝日新聞を取れば朝日新聞に毒されるし、私なんかも小さい頃家が朝日新聞でしたから。

朝日新聞に書いてあることが本当だと思ってたんです実は、それでずいぶん後から修正するの大変でしたね。

だって僕の理屈も感情も、みんな朝日新聞で操作されてたっていうことは、後に分かったわけですけど。

それも、子供の頃の洗脳ですからねそれを解くの大変なんですよ。

かといって、うちは貧乏でしたから朝日新聞と読売新聞と二つとるなんてこと出来ませんでしたからね、もともと。

それから、もう一つはですねやっぱりこうなんて言うんですかね、空気を読む文化っていうのがあるわけですね。

権威に屈した日本メディアの実態

これはあの私、テレビに出て本当にそう思うんですけども、コメンテーターの間でもですねお互いに権威性してるんですよ、発言する前から。

この顔ぶれならこう来るだろうなと。

だからそれに逆らわないように言わなきゃって、そういうのがあるわけですね。

ですからみんな、そうそう、そうなっちゃうわけですね。

どんなものでも、そうだそうだつって、そのこの前僕があるその大きなテレビで外国の専門家にですね、質問があるんですが、

アメリカの主要メディアはですね、反トランプですからねと言ったら違いますって言ったんです。

それでFOXニュースの事を上げましたんで、僕がですね私の言ったことをきちっと聞いてくださいと、私はアメリカの主要メディアが反トランプだったと。

こう言ってるんですけど、それは間違ってるんですかと、いやそれは間違っておりません。

つまりですね、このやり取りはどういうとこに問題があるかっていうと。

そこの番組がですね、トランプ大統領が変なんだと、変な人なんだということをコメンテーターが全員で口をそろえる空気なんですよ。

その空気に反することは、全部否定していいと、あまり人の話をきちっと聞かないくてもいいとまぁいうな感じなんですね。

ですから、日本のメディアのフェイクニュースっていうのはアメリカ・ヨーロッパのフェイクニュースよりかもっと危険であると。

戦うメディアと従うメディアの差があるし、それに基づいてできてきた意見と、個別の新聞個別配達とか、それから空気を重んじる文化っつうのは相反してると。

だから非常に危険だと私はもう、ものすごく危険な状態にあるというふうに認識しております。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す