キスしてもなぜ死なないのか?フェイクニュースの見分け方!国民を嘘で騙して儲ける団体の正体!30年前に否定された嘘!武田邦彦

フェイクニュースの見分け方

フェイクニュースの見分け方ってのが、ちょうどいい例題が3つぐらい出てきまして。

1つはアメリカの選挙、中間選挙の捻じれという表現ですね、メディアがどんどん使ってNHKも結構使いましたが、そういったものがなんでフェイクなのかと言うことが1つと。

地球温暖化がバレた次の嘘

それから、ここで取り上げるですねプラスチック、マイクロプラスチックが人体、あの動物の中に残ってたとか人間の排泄物ん中を調べたらプラスチックが、

あったとか言ったそういったことですね、これをを盛んに今報道してます。

これが何でにわかで、にわかにアメリカとかヨーロッパで出てきたかっていうのはですね。

実はあの、地球温暖化が嘘だってことがだんだん分かってきて、そっから離れてきた環境運動家っていうか、環境騒動家って言ってもいいんですけど。

環境問題の嘘で儲ける団体の正体

環境で問題を起こしては、問題大きくしては儲けるっていう団体がいっぱいいるんですけど。

そういった団体が今度マイクロプラスチックに目をつけてそれで騒いでるって言うことですね。

この問題はですね、どういう間違いがあるか何がフェイクかって言いますとですね。

プラスチックが地球環境を汚染する?

今から40年くらい前に、すでにですねプラスチックがどうも野原に、ちょっと覚えてる方もおられると思うんですけども。

例えば農業用のフィルムが、土壌の中に入ってしまうんじゃないとかもちろん海の中にも流れるし、あの頃はもっと酷かったですからね。

それがやがて地球環境を汚すんじゃないかっていうことになって、ものすごい騒ぎになってですね。

それであの、自己分解性プラスチックっていうか、そう言ったですね自分でこう自然の中で分解するようなそういうその物質のプラスチックの研究っていうのが、相当大規模に行われました。

私もちょっとそれに関係してたんですが、ほどんどの研究者はちょっと何らかの形で関係したぐらい、流行っているっていうか大きな問題だったんですね。

ですから、もちろん新聞もテレビも、もちろんテレビや新聞がちょっと誰かにインタビューすれば必ずそういうのが出てくるというような状態だったんですね。

ところがそれ10年くらいやってですね、みんなが何に気が付いたかっていうと。

1つはですね、プラスチックが比較的容易に分解するっていうことですね。

むしろ分解した生成物は危険なものが多いけども、分解の遅いものっていうのも遅いったって数か月で分解しちゃうんですが。

分解の遅いものっていうのは、あまり害のないものが多いという、そういう関係もはっきり分かってきてですね。

それでまぁ分解の遅いものってまあ、土みたいなもんだってなんですよね。

分解しにくい豊胸シリコン

まあよくあの、例が悪いっていうか別に悪くないんですが、あの胸を女性の胸を大きくする時に胸に詰めるようなもの、つまり人体に影響のないようなものは、

どっちかって言ったら分解しにくいんですよ。

それから、人体に影響のあるようなものは、あの分解が早いってことも分かりましてね。

そして、全然もうそれ以後30年ぐらい研究されなくなりました。

分解生成物の何が危ないのか?

私もですね、論文一つ、高分子学会に出してるんですけども、プラスチックの分解性生物は何が危ないかっていうことを論文出しておりますけども。

結局分解生成物は結構危ないものがあるんですけどね、まあそれでもたいしたことじゃないんですけども、分解生成物には危ないものがあるんですが。

分解途中のプラスチックとか分解してないプラスチックなんかでですね、生体なんかに影響あるものはないし、そりゃ環境汚すというほど酷くはない。

例えば、川にプラスチックがどんどん流れるとかですね、それから海のプラスチックは軽いんで海の表面に浮かぶもんですから。

東京湾にプラスチックは浮いているのか?

まあ東京湾にプラスチックがいっぱい浮いてるとかですね、まあ東京湾にいっぱいプラスチックが浮いてればまあ、まあ小池さんが言うように、

小池都知事が言うように、東京都も取り組んでいいでしょうけども、東京都が面してる海にほとんどプラスチックがないのに、そりゃやったってしょうがないわけですね。

まあ人気取りっていうか、とんちんかんって言うか、まぁ科学音痴っていうかそうなんでしょうね。

それでこのことは新聞社・メディア全部知ってますよ、少なくともちょっと聞けば誰でも本当のこと言うんですね。

亀ストローを騒ぐ団体の狙い

ところが、マイクロプラスチックが例えば人体の排泄物から出てきたとか、ストローが亀の目に刺さってるとか、なんかその非常にもう1憶分の1のぐらい例を出してきてですね、そして騒ぐわけですよ。

でこれはですね、もうマイクロプラスチック騒ぎたいと思って騒いでるだけのことで、嘘は分かってるんですね。

ただこの日本式のフェイクニュースっていうのは、アメリカの中間選挙の捻じれってやつをフェイクニュースの一種として説明しましたし。

この日本式のフェイクニュースってのはですね、元々全部嘘は言わないんですよ。

全部嘘は言わないんです、マイクロプラスチック危ないって言ってる人はいる。

だからその人達がこう言ってるって放送しても、全然嘘じゃないんですよ。

プラスチック問題は30年前に否定されている

しかしですね、そのマイクロプラスチックが環境を汚すと言ってること自体が、もう30年前に否定されてるんだってことは絶対伝えないわけですね。

つまり、その何でも大丈夫なんですよ。

例えば、武田邦彦は悪い奴だって言ったら、その武田邦彦は悪い奴だと言ってる人の言葉だけ伝え…伝わ…伝えて、武田邦彦は良い奴だと言ってる人がいたら、

いるかどうか分かりませんけどね、それは絶対に伝えない。

ダイオキシンの毒性の嘘

そうすると、武田邦彦は悪い奴だっていうのが定着するっていう、こういうのが日本式フェイクニュースなんですね。

まあこれはもう、温暖化の時もゴミのリサイクルん時もダイオキシン時も、全部同じことやったんですよ。

ダイオキシンの毒性っていうのはですね、毒性があるっていうのと毒性がないっていうのが2002年までは意見が二つあったんですよ。

ところが、毒性が猛毒だと言う方だけ報道するんで日本社会はダイオキシンを猛毒だと思っちゃった。

しかしあの、2002年までには2002年の少し過ぎたときにはもうダイオキシン毒性が非常に弱いと、言うことが確定しました。

それがだいたい2004年に確定しましたがね。

TV局が嘘をついたダイオキシンの毒性

すると2004年以降、ダイオキシンの毒性に対する報道を止めただけで、いや実はダイオキシンの毒性は極めて低かったんだっていう放送はされないんですよ。

それ具合が悪いからですね。

今まであれだけ、猛毒だ猛毒だ、人類の発見…発明した最も強い毒物だなんて言っておいて、毒性がなかったなんて無いにも等しいんですけどね。

丼ぶり1杯ずつダイオキシンを1年ぐらい食べてれば、少し症状が出るってなぐらいですから、まぁ無毒といっても言えないほどじゃないぐらいの毒性だったわけですね。

まあ動物の一部に毒性を示す例もある、あるというだけのことなんですね。

嘘と分かって放送するテレビ局

ところが、あんまりやり過ぎるもんだから、しかも嘘を承知で報道してるんですね、ここが問題なんですね。

つまりダイオキシンが…の、毒性が弱いっていうのと強いってのと2つデータがあるにもかかわらず、強い方だけやっちゃうんですよ。

地球温暖化もそうですね、北極の氷が溶けてる溶けてる、いや実は北極の氷は溶けてるけど南極の氷は増えてって、地球上の極の両極の氷の量は同じなんだけど、絶対報道しない。

絶対報道しないんですよ。

もう温暖化が進んでるってこと言おうとしたらもう、一方のデータだけなんですね。

地球温暖化の不都合な真実

今年の夏もそうでしたね、名古屋で40℃って報道するんですよ、そん時ロサンゼルスは22℃。

緯度はロサンゼルス方が、南極に近くて…南極じゃなくて赤道に近くて暑いんですけど、名古屋が40℃ロサンゼルスが22℃の時にもう全部名古屋の報道しかしない。

地球が温暖化してる、地球が温暖化してる。

そのロサンゼルス22℃報道したら寒冷化してるってことになるわけですね。

フェイクニュースを好む日本人の特性

ですから、日本のこのフェイクニュースってのはマイクロプラスチックもそうなんですが。

まぁ日本人の特性ですね、みんなで赤信号みんなで渡れば怖くない、なんですよ。

嘘もみんなで言えばいいんです。

嘘もですね、完全な嘘じゃないっていうのも難しいんですね。

マイクロプラスチックの危険性を訴えてる人達が、地球のある一部にあるってことは確かなんです。

だけども既にそれは30年前に否定されて、自然界にはプラスチックは残らないと、まあもちろん無尽蔵に捨てれば別ですけどね。

プラスチックを捨てまくる中国

まあ今の中国のように、無茶苦茶に海洋にですねプラスチックを捨てれば、日本近海にその中国で捨てたプラスチックが流れてくるって、それはあるんですね。

ていうのはその、中国で捨てて日本に流れてくんのは結構すぐ流れてきますからね。

ですから、そういうのが見られるっていうだけなんですよ。

それからもっと悪質なのがあってですね、大きなプラスチックが小さいプラスチックまでは分解されるけど、小さいプラスチックが分解されないなんて、

非科学的な事言って回るのがいるんですよ。

キスしてもなぜ死なないのか?

これはあの、地球温暖化ではですねよく言われたのが。

温暖化ガスは有毒で吸ったら死ぬっていうんですね。

吸ったら死ぬって、あんた吐いてる息は二酸化炭素ずいぶん濃いんですよって。

あなた死んでないじゃないですかと、キスしても死なないじゃないですかって。

そういうレベルの超くだらない話がですね、フェイクニュースとして流れて、だからこれやっぱり理科の教育が実際に役立ってないってことなんでしょうかね。

まあこれが二つ目です。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す