日本を世界から尊敬される国にする方法!日本はビザなしで渡航できるトップ!武田邦彦

海外で尊敬される日本人

私まあ、外国で生活もしたりまあ相当繰り返し外国に行きまして、まあそういってもだいたいアジア・アメリカ・ヨーロッパが中心なんですけど。

まあ30か国ぐらい行ってるじゃないかと思いますが、日本人は非常にどこでもですね割合と皆さんが尊敬してくれるんですね。

人種差別のある国でもですね、ある程度は尊敬してくれるんですね。

特に中国人、韓国…中国人や韓国の方に申し訳ないんですけど、中国人とか韓国人と似てるけど全く違うと言われることが多いんですね、多かったですね。

外国人から見た日本人の特徴

まあそれでやっぱり、第一は礼節・親切・謙虚ってとこなんですよ。

やっぱり礼儀正しいし、節度も守るしですね人に対してどんな人にも親切だし、それからなんと言って謙虚だと威張ってるところがないと。

そういう点では、私がある時に白人の人に私でも日本人と中国人、朝鮮人て区別がつきにくいんですが、なぜ分かるんですか?って聞いたら。

いやまあ、顔では分からないが態度で分かりますと、まあいうふうに言われましたね。

まあそれから、やはり頭脳が非常に優れてると考えておられる外国人が非常に多いんですね。

それでやっぱり、あの日本人を尊敬する一つのあの原因になってます。

やっぱり、人間っていうのはまあ頭脳っていうのはまあ非常に大切なわけですね。

ですから、私はですねその日本人って言うのは頭脳が優れてるっていう点でもまあ潜在的に多くの他の人達が、尊敬してくれるところですね。

それに伴って、まあ経済発展をしたと。

やっぱり、アジア・アフリカなんかの人達からみればですね、日本人という有色人種にも関わらず、まあ白人並みの経済成長をした国だと。

有色人種が評価する日本人の白人との戦い

それはやっぱり、日本人は偉いからだという認識もありますね。

それに伴って白人と戦ったこと、これはまあ日本ではあまり評価されてないんですけど、やっぱりまあ外国に出ますとね特に有色人種の国の人達に会うと、

まあ日本人が白人と戦ったことはいろんな面で評価されてますね。

まず一つは具体的に白人に勝ったことですね。

例えば、日露戦争のロシアとかシンガポール戦争のイギリスとかインドネシア戦争のオランダってなところにですね、具体的に勝っていると。

第一次世界大戦ではドイツにも勝ってますが、これはあまり有名じゃないんでこれはやっぱり尊敬の一つの基になってますね。

人間一人一人は平等という日本人の考え方

それからやっぱり、そこのそこに潜む完全平等社会っていうか、まあ人間中心の考え方ですね。

人間一人一人はどの人も同じなんだという、強い考えが日本人にはあるんですよ。

ナチスに追われたユダヤ人を救った日本大使

だからまあ有名なところでは、第二次世界大戦でナチスを追われたユダヤ人の人達を日本の大使が救ってですね、日本にどんどん送ったという事件とかですね。

まあ非常に高く評価されております。

まあユダヤの人達は、日本人を恨むってことは全くないと思いますね。

ポーランドの孤児を保護した日本人

それからポーランド、あんまり知られておりませんが、ポーランドがですねこれ第二次世界大戦前だと思いますけども。

ポーランドがドイツとソ連によって分割されたり、いろんな迫害を受けてその人たちの一部、まあ10万人くらいがシベリアに逃げた、そこでまた酷い目にあった。

特に子供たちがもう、栄養失調で死んでお母さんの体に泣きながら死んでいくという。

そういう悲惨な時にですね、日本が手を伸ばしてそして日本に孤児をですね1200人か1500人くらいだったですけど、連れてきてそしてちゃんと保護して大きくして、ポーランドに送ると。

まあこういうこともありましたし、戦争ではヨーロッパで1回ありまして、地中海で1回ありましたし、それから太平洋でもありましたが。

日本人は戦うときはお互いに戦わなきゃいけないが、戦いが終わったらそれはそれでと。

まあいうことで、そこでまあ敵兵を救ったりするということが何回もありましたね。

まあこれはもちろん日本に来た外国人も、日本人の親切さに驚いております。

まあこういったことに、一つ一つが日本人に対する評判になってるわけですね。

日本人がやったよい事と悪い事

もちろん日本人も、完璧ではありませんのでね、そんなこと言うとすぐにですね満州でこういうことあったじゃないかとか、ノモンハンでこんなことあったじゃないかとかですね。

その、この日本人が100やったうちの100行為したうちの30は素晴らしいことで、68くらいがちょっとダメなことで、いや普通のことで2がダメなことって、

その2だけを掘り起こして、それを言って喜ぶ日本人がいるっていうのが困るんですけど。

まあ、それは比率の問題ですからね、やっぱりトータルとしては日本人が完全平等である。

私なんかもそうですね、人種差別は、私の心の中にもともとないんですよ。

それから、えっとお金持ちと貧乏人を区別する心も僕にはないんですね。

男性と女性を区別する心もないんですよ、だから男性と女性を区別する心の中、ない男性に向かってジェンダーフリーなんて言ったってですね、全然関係ないです。

僕らは男性と女性と同じことをやることをいいって言ってるんじゃなくて、男性と女性は共に幸福になるべきだと思ってるだけですからね。

だからもう、変なとこに持ってくるなっていう感じなんですけどね。

それからまあ、日本人の中ではやっぱり話さなくても理解するとこ、相手のことを理解すること。

これは、いい面でもあるし悪い面では空気で行動してしまうっていう、悪い面もあるんですがいい面もあるんですね。

それからまあ、日本人の心の中にある恩ですね。

僕がいつも言うように、恩という言葉は英語にはありませんし、ほとんどの民族は恩という言葉を持ってないんですね。

だから、契約で得をしたらまあ相手にも得をさせるとか、そういうことはあるんですけど。

日本人が持つ特有の概念

日本人の持ってる恩ですね、この概念っていうのは日本人特有なんですね。

で私が思うにはですね、私の人生でまあ特に外国人と接するようなった25歳くらいから55歳くらいまでの私の人生でですね、今までの日本人がやってきた日本の宝。

礼節・親切・謙虚、頭脳が優れて経済発展をし、白人と戦って完全平等社会の概念持ってるっていうこのことがですね、私がどれほど豊かな人生になったか、これは全部先輩がやってくれたことですよ。

日本はビザなしで渡航できるトップ

日本人、日本のパスポートって今でもビザなしで渡航できるトップですよね。

日本のパスポートさえ持ってれば世界どこでもいける。

それはやっぱり、日本人の今までの先輩、僕らの先輩がやってきた行動の全部なんですよ。

教育勅語は素晴らしいのか?

それなのにね、なんで戦争したって、この頃教育勅語ありますけどね、教育勅語てのは現在の社会に教育勅語を当てはめたら不都合なところもありますから当たり前ですよ。

江戸時代から明治になるときに、どういう教育が必要だったかというとやっぱり、今までお殿様がいるわけですよ。

お殿様しか頭に入ってないのにね、民主主義なんて突然言ったってそれは無理なんですよ、ええ。

だからあの、教育勅語はあった、まあ私は素晴らしいと思ってます。

それは私が素晴らしいってのは、現在の社会に適応したら素晴らしいってんじゃないんですよ。

明治の時にあの教育勅語がやっぱり日本の繁栄の一つの基礎になったんですよね。

それは認めないとですね、現代の日本人って本当に変なんですよ。

明治時代は明治時代、江戸時代は江戸時代

現代に合わないからつって、明治の人を非難する、いやそんな事したってですね、明治は明治の時代なんですから。

その時に、私たちの祖父母がらしい行動をしたか、江戸時代は正しい行動をしたかというというふうに考えなきゃいけないんで。

江戸時代のなんで刀さしてんのか、今なんて刀さす必要ないのに、そんな事言ったってですね無意味なんですね。

この前テレビで、銃を持つのはアメリカ人が銃を持つのは、110番しても警察が来ないからだ、警察が来る前に家族全員撃ち殺されるのを防ぐためだ。

アラビアの女性が、黒いあれをして自由に行動出来ないのは、砂漠では110番しても女性を助けに来る人がいなかったからだってことなんですね。

教育勅語の問題もそうです。

そういう意味で私は日本人の宝っていうのをですね、もう少し積極的に評価して私たちの子供達もですね、私が体験した人生のように、

多くの外国人から尊敬される国になって、そこで私たちの子供とか孫が育つことを非常に希望してるわけです。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す