女性の不倫や離婚が激増した理由!不倫をした山尾志桜里が切望する男女別姓の影響!武田邦彦

不倫と離婚が激増する日本

今は、不倫と離婚がすごく多いわけですね。

不倫も、昔は男性の不倫と決まっておりまして、もちろん不倫だから相手が必ずいるんで、相手は女性なんですが、それが表面に出てこなかったと言った方が正しいんですが、今では女性の今井絵理子さんとか山尾志桜里さんとか山ほど人がいて、華やかになって参りました。

女性は不倫しちゃいけないのかなんて言って、テレビで女性のコメンテーターが僕に食ってかかったんで、

何で男の悪いところを学ぶんですかと、男女共同参画と言ったら悪いことも一緒にやるんですかと、女性のいいところはいいところでとっておいたらどうでしょうかと言ったんですけど、

不倫と離婚が激増する理由

ここではなぜ不倫と離婚が多いのかということを、やや科学的に解明したいと思いまして、第1回目は男性原因版であります。

戦前、多くの人たちが間違っているわけです。

これは文化人とかメディアが不勉強で、戦前の日本社会という状態、それから江戸時代とかそういう時代をじっくり勉強せずに、ヨーロッパの考え方を持ってきて、

男性の方が優位であるとか、家父長制なんていうのはけしからないとか、女性が虐げられていたとか言う、間違った嘘の、不勉強もうそのうちに入れれば嘘の、戦前とか江戸時代というものを描いたものですから、それで多くの女性が不幸になっているわけですね。

なぜ日本の徴兵制は男だけだったのか?

昔は簡単に言うと、明治時代とか昭和の初めくらいを例にとりますと、男は死ぬことだったんですよ。

要するに女性の人はそれに気がつかないんですね。

家父長制がどうのこうのいう人は、なぜ徴兵制度が男性だけだったかということの回答もできないと思うんですね。

もちろん兵隊は男性ばかりじゃなくて、女性も必要なんですよ。

だって兵士のご飯作るのも、それから着物を縫うやつ、それは全部女性が訓練されているので、女性を徴兵したほうがいいんですね。

子供は国家が預かって、女性を兵隊として3割くらい出すというのが適切だったんですが、全部男性にしたんですよ。

つまり男性は死んでくれということだったんですね。

人間にとって最も大事な事

なぜかというと、やっぱり子供を産んで育てるということが、人間は最も大事なんですよ。

最近では男と一緒に働くことが大事なことだなんて思っているけど、全然そうじゃなくて、1番人間の中で、男性女性を通じて大切なことは、結婚して子供を産んで育てることなんですね。

これを女性が担当したほうがいいので、能力もありますので、もちろん産むというのは女性しかできないし、育てるのもこの頃、育メンなんて言ってますけど、男性が育てたらろくな子供にならないんですよ。

やっぱりお母さんが育てなきゃいけないんですね。

ですから子供を産んで育てるという非常に重要な役割を女性にやってもらうので、死ぬのは男性だけにしたわけですよ。

男女平等なら女性は徴兵制で死にますか?

これ、よく変な女性の活動家が僕に言うので、じゃああなた徴兵制で死にますかと言ったら、いや、徴兵は男のものだからと、何でそんなこと決めたんですかと。

つまり図々しいわけですよ。

自分は死なないけど、待遇もよくしてくれというわけです。

それはダメなんですよ。

それで、そのままですと、男だけが徴兵制で、女が兵隊に行かないということになると、あまりにも不平等じゃないですか。

女性が有利じゃないですか。

日本国家は男は死ぬ女性は育てる

だって女性は本来自分がやるべきことの子供を産み、育てているわけですから、苦労は多いですよ、苦労は多いですけど、あなた死ぬのとどっちがいいのと、これずいぶん調査行われているんですけど、女性は全部が戦争に行きたくないんですよ。

子供を育てたいと言ってるんですよ。

当たり前ですね、母性がありますから。

我が子から離れて戦場に行きたくないと言っているわけです。

切実に言っているんですよ。

それを聞いて日本国家は、男性は死ぬ、女性は育てる、簡単に言えばそういうふうに分けたんですよ。

女と子供を守るために死んでいった日本の男

そうすると、男性が著しく不利じゃないですか。

女性は子供を産んで育てられるのに、男性はただ死ぬだけだから。

だから、そこで男性に威張らせることにしたんですよ。

そうじゃなくちゃバランスが取れないじゃないですか。

だから家父長制にして力を持たせて、実質は女が取ると。

形式的には男が取るというふうにして、死んで行ったわけですよ。

文句もほとんど言わずに死んでいったわけですね。

それを僕がいつも講演で話として言うんですね。

朝から晩まで一生懸命子供の世話、家事、育児、全部やってへとへとに疲れた夕方に、やっと子供を寝かしつけたと思ったら旦那が帰ってきて、おい風呂、とかメシ、とか騒いでいる。

お母さんは、しょうがないわね、また今日もあんなに騒いでいて、だけどしょうがないわね、どうせ次の戦争で死んじゃうんだから、やってあげようか、と、こういうことだったわけですよね。

これでバランスがとれていたわけですよ。

そうじゃなかったら、どうするんですか、いったい。

男が戦争で死ななくなって逆になった事態

ところが戦後になって平和になって、特に日本では戦争がなくなったんですよ。

そうすると男が死ななくなったんですよ。

そうすると今度は事態が逆になっちゃったんですね。

女は子供を産んで育てるという苦労を分担して、男は酒飲んでいればいいと、こういうことになっちゃったわけですよ。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す