日本を腐敗させる在日外国人の手口!日本の国会に入り込むスパイの正体!揚げ足取りで日本転覆を狙う朝日新聞!武田邦彦

組織を腐敗させる工作の手口

時々ですね、組織が上手く動かないとか、能率の悪い方法組織とかですね、こういったことが話題に出るんですけれども。

もう少し激しい言い方としては、敵の組織を腐敗させるためには。

例えば、スパイを送って敵の組織を腐敗させていくと、そういう時にどういう手段を使うかなんて言うのがですね、いろいろ言われているわけですね。

こういったものは、ほとんど内容的に同じなんですがここに一例を示します。

組織の硬直化

ある方法によるとですね、組織を腐敗させる為にまず組織を硬直化させるんですね。

自由な議論、自由な承認方式じゃなくてですね、非常に明確な命令系統を作ると、必ず上司の承認が必要なようにすると。

これはあたかも、いいように見えて実は違うわけですね。

山下奉文の金言

それは私が時々このブログでも言ってるように、この前の戦争の時のシンガポール司令長官だった、シンガポール軍の攻めた司令官だった山下奉文大将はですね。

その遺言で言ってるように、上官の言うことをはいはいと聞く軍がいいわけじゃないと、夫の事をはいはいと聞く妻が貞節だというわけじゃないと、いうふうに言ってるのと同じようにですね。

組織っていうのは、そこにいる人達の知恵を集合するわけですね。

この知恵というのは、一人一人が持っている極めて多様な情報の結果なんでですね。

それをいかに活かすかって事が重要であり、逆に明確な命令系統であるとか、ちゃんとした上司の承認というのは、非常に組織を腐らせる一つの元なわけですね。

行動せずに会議ばかり

それからもう一つは、行動せずに会議ばかりしていると言うのが最もいけないともこれもよく言われるんですね。

まず会議を優先する、何やっててもさぁ会議だって言うと、2時から会議だって言うとどんな仕事も放りだして会議に出ていく。

そこで、この前審議したやつをもう一回やりましょうということになる。

現在の国会の森友とか加計問題みたいにですね、繰り返し繰り返しちょっとしたことが出てきては、また一から全部やり直すと、言うようなことをやる。

5人以上の会議は大したことがない

しかも会議は5人以上っていうのがいけないって言われてますよね、10人っていう時もありますけど、要するに多人数で会議をしてもあまりたいしたことがない。

だから一つは厳格な命令系統とか、上司承認っていうのを求める事と。

それから会議ばっかりやってて話ばっかりしていると、それも多人数だと、言うとこれはやっぱりダメになっていくと。

さらにですね、もう一つは。

枝葉末端に注意深さを求める

今の国会なんかでよく見られるわけですが、注意深さを求めると。

字が間違ってるじゃないかってやつですね、この文章おかしいじゃないかとかですね、文章の一部を消したんじゃないかとかですね。

そう言った、枝葉末端・注意深さを求めるのはいいような気がしますが、注意深さを求めるってことはどういうことかって言うと。

やっぱり人間っていうのはですね、隅から隅まできちっとすると大きなことっていうのは分からなくなっちゃうんですよ。

昔から言うように、木を見て森を見ずってよく言ったものでですね。

木を見て森を見ないと言うことになるとですね、これはやっぱり間違うんですね。

ですから、木を見ることも重要だって事がいつも出てくるんですね。

歴史の真実が見えなくなる理由

これ例えば歴史なんかでもそうなんですが。

例えばこの前の戦争ですね、大東亜戦争っていうのを考える時に細かく見る時には、ハワイの奇襲は宣戦布告の前だったか後だったかっていう議論があってですね。

膨大な研究があるわけですね、何時何分に誰がどうしてどういう電報を打って、それをどうしてその時外交官は眠ってたとか眠ってなかったとかですね。

その時に、連合艦隊はどこを太平洋のどこを航行してたかとですね、そういうことを事細かに調べて、どちらが先だったかっててなことをですね明らかにしていく。

これは、ある意味で歴史家としてはですね、事実を整理するという意味で大切なんですね。

我々でも実験データを精密にやるってことは、いくらでもやるんですね。

ところが、全体像を見るときには一歩引くわけですね。

だけども、一体ハワイの奇襲っていけうどアメリカはもうとにかく日本が開戦する、日本の方から戦火を交えるように始まるっていうか、始めることも大変に期待してたわけですね。

あれだけ緊張した国交状態であり、かつ日本が戦うんじゃないかという状態にして、つまり封鎖制度をとったり、石油とか鉄鉱石を金融したりして、もう日本がもう出てくるんじゃないか。

しかも、連合艦隊全体を大きな艦隊を動かすわけですから、それはもう少しのスパイをですね日本の軍港に配置しておけば、次々と佐世保軍港とか呉とかそういうとこから、主要艦隊が出ていくと、いうようなことも分かるしですね、兵士の動きを見ても分かるわけですね。

ですから当然、敵が攻めてきそうな時は、それは軍隊は警戒してるわけですからハワイの奇襲があまりに見事にいったってことは、一体どういう事なのかということもですね、ちゃんと考えてみなきゃいけないわけですね。

そういう大きなところを見る必要があるんだけれども、文章のてにおはをうるさく言ったりですね、細かいことまで完璧にしようと思うとやっぱり大きなことが忘れられるわけですね。

日本の国会に入り込むスパイの存在

この現在の国会の事言ってるんですけども、私はこの1年半の国会の動き、ほぼ2年近づいてきましたけども。

この1年半の国会の動きを見てますとね、誰かスパイが国会に入って国会の審議を無にしているんじゃないか。

憲法改正を阻止する朝日新聞の手口

表面上は朝日新聞ですね、表面上は朝日新聞です。

つまり、朝日新聞はおそらく100%間違いないと思いますので、朝日新聞自身がそう言った方がいいと思うですけれども。

憲法の議論をしたら、絶対に数の力で憲法改正が行われてしまう。

それに対して、それを阻止しなければいけない、阻止するのは朝日新聞の使命である。

こういう論理だと思うんですが、そう言ったらいいんですよね。

ですから、話題をなんとかして森友とか加計学園っていう非常に小さな、国としては小さな問題これを取り上げてですね。

それが文章の偽造だとか、言った言わないという問題になって、これを民主主義の根幹だとかなんとかって言う話にする。

財務省次官のセクハラで日本国家転覆を企む朝日新聞

それから、最近ではもっと酷くなって財務省次官のセクハラ事件っていうのが出てきて。

これをまた、民主主義の根幹を揺るがすって言ってるんですけど。

それはね、一人の人が次官とはいえ一人の人がですね、女性記者にどう言ったっていうなことで日本全体が揺らぐなんてことは、もともとちょっとおかしいんですよね。

ただ、そういうムードになってしまっているというのは確かなんです。

そういうムードにした、順序良くした森友問題くらいから加計問題になって、少しずつそれに自衛隊の日報なんかもはさんで、少しずつそういう雰囲気にした。

一つ一つをよく考えるとそうじゃない。

揚げ足取りで日本転覆を狙う朝日新聞

例えば自衛隊の日報なんかでも、何しろ多くの国の軍隊と一緒に配置されてるわけですから、展開されてるわけですから。

自衛隊の日報なんかを軽々しく、国会なんかに出すってわけには国際的な審議、日本人の日本というものを信頼してからいって出来ないことは明らかなんですから、そういうことを強く要求する。

その時に、稲田防衛庁長官っていうちょっと全然言葉足らずの、きちっと国民に説明出来ない大臣がいたっていうのもそれは確かに問題なんですけど。

それは大臣がきちっと説明しなかったという問題であって、日報がどうしたという問題とはちょっと違うんですけども。

それは積み上げられますとね、全体としてのイメージで政府は信用出来ないと、そんな事はないんですよね。

任命責任が、麻生さんに問われてますけども。

麻生さんがその、いい加減だったかどうか別にして、次官の問題でもセクハラしたから任命責任があるわけじゃなくて、任命した時に、それが適切だったかって事を議論しなきゃならないわけですよね。

だから、ここで組織を腐敗させる方法っていうのを具体的に現在は、日本の国会で実施してる。

そして国会っていう組織は、完全に現在腐敗してしまっている。

しかし、それは腐敗してるでいいってわけでは絶対ない、やっぱり日本国が繁栄する為には国会が腐敗してはいけないわけですね。

ですから、これは非常に重要なことではないかと私は思います。

 
 
 
最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す