リベラルの本当の意味と日本のリベラルが解体しかない理由!国を愛するという事!青山繁晴

リベラルとは一体何なのか?

じゃあ次の質問に行きますが、

二十歳頃に青山さんの番組を初めて見てから早いものでもう25歳になりました。

5年間ということですね、ありがとうございます。

当日、当時っていうべきかな、留学生でモスクワのバレエ学校にいて、すごいですね、男性の方ですけど、すごいですね、寮の部屋で聴いていたのを覚えています。

その後ロシアで少し働いたあと日本に帰ってきて、今も家や車や電車で青山さんの話を聴いています。

今バレエなさっているかどうかちょっとこれわかんないですけども、戻りますね。

さて、ずいぶん前になりますが、白熱教室というテレビショーが流行って、書籍にもなったと思うんですが、そこで、リベラルが保守党に勝てなくなっているのは、リベラルの政治には価値というものが欠如しているからだという話があったと思います、と。

これはイギリスのことをおっしゃってるんですかね、それで、ちょっと途中をすみません時間の関係で省略するとですね、僕はリベラルの弱者救済とか所得の再分配は必要な考え方だと思います。

日本のリベラルの進む道とはどういうものでしょうか、と。

つまりこの方は、自分が日本のリベラルだという認識でいらっしゃるのかな、そこまでまだ考えを固めてらっしゃらないのかもしれませんが、まずあの、日本以外の国で、特に西欧でいうリベラルと日本でいうリベラルはまったく違うということを、できれば私は書籍にとても詳しく書いてます。

特に「僕らの真実」というもともとの本、今はタイトルを変えて新書になってますが、そこに一番書き込んだと思うんですけれども、西欧社会でリベラルというのは自由と、自らの自由とみんなの自由と、みんなの人権を守るためには自ら銃を取って戦う人々のことをリベラルって本来は呼んでるんです。

というのは、1789年にバスティーユ監獄の襲撃からフランス革命が始まって、それがリベラリズムのむしろ原点ですから、日本のように鐘や太鼓を鳴らしてたら平和になるっていうのがリベラルだっていうのは全く理解されないです。

ただし、この西欧社会のリベラルも、このお書きになってる弱者救済とか所得の再分配を指すようになってる側面は年々強くなってる感はありますけど、ただその、弱者救済、救済っていう考え方は本来の社会保障と違うものであり、あるいは所得の再分配は必ず必要です。

弱者を救済しない資本主義と共産主義

資本主義は本来はそのdesire、つまり欲望の塊ですから、したがってこれは、正すべきは正していかなきゃいけないので、ほっとくと所得は、今かなりそうなってますけど、特定のところに集中するんで、これ必ず、特に税制を使って再分配はしなきゃいけないですよね。

それから、弱者を上から見て救済するんじゃなくて、弱者がちゃんと、例えばお体が弱いとかそういう弱者のままでも、きちんと人間の尊厳が全く誰しも共通しているから自立できるようにするっていうのが本来のこの考え方で、

ということはこれは別にリベラルの考え方でもなんでもなくて、僕は保守派って言葉もほとんど使いませんけど、国を愛するという立場からすると、両方とも必ず必要なことですよ。

そうでないと、国を愛するって何ですか、例えば強い者だけが生きていればいいんですか、それ、国を愛すること?

それから所得はその特定の富裕層にだけ固まればいい。

はっきり言うと、民主主義のかけらも存在しない中国がそうなってるじゃないですか、そうでしょ。

それから、共産主義はまさしく弱者救済のはずが、真逆になってますよ。

だからあの、特に日本のイメージだとリベラルってやや社会主義、共産主義に近い、近くなっても甘いじゃないですか。

社会主義や共産主義の独裁に対しての、だからそっちから見るとこうなるのか、左側にね、でも共産主義や社会主義こそ弱者を踏みつけにし、そして所得の再分配を行わないんですよ。

だからソ連の崩壊も、もちろんルーブルって通貨がダメになり、うんぬんかんぬんはありますけども、

国を愛するとはどういう事なのか?

根本的なことは人民が救われる社会じゃなかったからというのが、もちろん一番の根っこなんであって、ということは、保守とかリベラルっていう区別自体も本当はもうとっくに終わってしまった話であって、少なくとも1989年のベルリンの壁崩壊、そして97年東西両ドイツの統一、

91年のクリスマスのソ連の崩壊をもって、その区分は一応終わっていると考えるべきであるのに、日本はいまだにいわば冷戦時代の考え方に執着している現実があるわけですね。

したがって、まだ25才のあなたがそういう考えにとらわれるっていうのは全く僕はふさわしくないと思います。

リベラルの進む道は解体しかない

そうじゃなくて国を愛するっていうのは誰か特定の富裕層が、今の中国で例えば富裕層っていっても1億5000万くらいいるらしいですけど、

ろくに運転もできないのに勝手にフェラーリ乗って、そしてフェラーリで、フェラーリが悪いわけじゃないですよ、本来そういう車じゃないけども、それをでたらめな運転して人をはねてもお金で解決するということが現に行われているっていう中国社会の恐るべき現実があって、それが中国共産党ですよ、社会主義ですよ。

で、中国共産党の批判を例えば日本のリベラルといわれている方はします?

ほとんどしないですよね。

だからそうじゃなくて、国を愛するっていうのは、すべての人が人間を、すべての人が人間の尊厳を保てる社会にする、それが国を愛することだし、

ちゃんと所得は再分配すると、資本主義の歪んでいる面、これは民主主義のコストであると同時に資本主義のコストで、重なってる部分はありますから、必ずそれを有権者のご意志とそれを受け止めた政治の創意工夫と努力によって所得の再分配を必ず行わなきゃいけないわけですよ。

消費税はそことも違いますねっていう話なんです、本来は。

したがって、リベラルの進む道っていうのは、僕はそれははっきりと解体しかないです、自己解体しかないです。

人を思うのか思わないのか、自分だけよければいいのか、いや自分以外の人と一緒に暮らしていきたいのか。

国を愛するっていうのは右翼じゃなくて人のことを思う、自分以外のことを思う、一緒に国というものをもり立てて、

日本がおそらく世界で最も早く国家というものを作り出したから、僕は最初に皇紀2679年と申し上げているんで、神武天皇がひとりのお姿で実在されたかどうかは別にして、キリストが生まれるざっくりいえば660年前に、つまり皇紀っていうのは西暦より660年古いですから、

画像出典:ウィキペディア

その時に、神武天皇のお誕生日というふうにしてなくて、日本の歴史の始まりを神武天皇の即位にしてあるというのは、国家というものを、国とそういうことを言わなくても、国というもの、つまり自分のことだけじゃなくて、みんなのことを周りのことを一緒に考えるということは必要なんだと

人間と動物の違いはそこにあって、人間はそれをするんだということがキリストがお生まれになる前から日本にあって、それを僕は見事に象徴しているのが皇紀っていうカレンダーの作り方であって、もう一回言いますが、一人の独裁者でその誕生日が国の始まりにするんじゃなくて、そうじゃなくて、神武東征も八咫烏も含めて、国というものが必要でこういう大きな、守られる仕組みをつくりましょうと。

それがnation、国家であって、国を愛するっていうのは他人を愛することだということが根幹です。

保守派という言葉を僕はなるべく使わないのも、実はそういう理由なんですよ。

物書きのはしくれとして言葉を大事にするから言ってる面もあるし、同時に、ベルリンをを歩き、モスクワを歩き、それなりに世界を歩いてきた僕からすると、

日本のこの中で保守・リベラルといってる話っていうのは、もう笑う力もないほど現実と乖離しているということをどうぞお若い、しかもバレエを習うためにモスクワまで、しかも寮生活までなさってたあなたですから、強い意思をお持ちのあなただから、もう一度そこをゆっくり考えてください。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す