【ニュース 徴用工】徴用工の賃金を日本共産党がネコババしている!朝鮮総連との深い繋がり!上念司

日本共産党に徴用工の未払い賃金が流れていたと判明

司会 男司会 男

徴用工の賃金、共産党に流れていたというね、こちらも続けて深入りまいりましょうかね。

デイリー新潮の記事を一部割愛してお伝えします。

徴用工問題に関して、14年も前に刊行された本の記述が、ネット等を中心に話題となっています。

11月28日経済評論家の上念司氏が、真相深入り虎ノ門ニュースで取り上げたのは、2004年に刊行された著者金 賛汀三平氏の「朝鮮総連」で、注目を集めているのは戦後間もない時期の緒戦総連の活動資金に関する次のような記述です。

最大の財源になったのは、帰還していく強制労働者の未払い賃金等であった。

1946年末までに、朝鮮総連中央労働部長名で、強制連行者を雇用していた日本の各企業に、未払い賃金の請求が出された。

その請求額は4366万円に達し、朝鮮総連はかなりの金額を企業から徴収し、それらの殆どは、強制連行者には渡らず、朝鮮総連の活動資金に回された。そして同著は、この莫大な金の行き先について、驚くべき指摘をしています。

これらの豊富な資金は、日本共産党再建資金としても使用された。

1945年10月10日、連合国最高司令官、アメリカ太平洋陸軍司令官総司令部GHQは、府中刑務所に収容されていた徳田球一、金天海や16名の共産主義者などを釈放した。

彼らを府中刑務所の門前で出迎えたのは、日本の各地からトラックに分乗して集まって来た数百人の朝鮮人だった。

釈放された徳田らは、すぐに共産党再建委員会を組織して、7人の中央委員を選出しました。まとめると、朝鮮総連が企業から金を徴収し、それを日本共産党に返金したという具合に金が流れたのだと、著者の金氏は指摘しています。

上念氏は同番組で、共産党が代々木のビルを売って、遺族の人に返せばいいのではないかと語っていますという事です。

dailyshincho.jp

 

日本共産党は朝鮮の皆さんに賠償せよ

上念司上念司

本当にそうですよ。

金利も相当ついていますから。

それはそうですよ、これは70年近い前の話でしょう。

70年分の金利もちゃんと複利で。

代々木のビル売らなきゃ駄目ですよ。

あと、不破さんのご自宅も売却して、料理人も解雇して、それで輪転機とかも担保に入れて金を借りて、朝鮮の皆さんに賠償してくださいと。

あなた、ネコババしたんですよと、未払い賃金を。

分かっているの?と。

重大犯罪じゃないですか。

これ、なぜ韓国政府は日本共産党を訴えないんですかね。

日本共産党に朝鮮総連から流れた資金

司会 男司会 男

ですからね、4366万円という額はあくまで昭和21年度時点での額ですから。

上念司上念司

今に換算したら、うん十億という金額ですから。

司会 男司会 男

億単位でしょう?

上念司上念司

えぇ。

だから、日本共産党は全額賠償ですよ。

返してくださいよ。

政党助成金を受け取らないのは、これを取っていたからでしょ、だから。

朝鮮人労働者の未払い賃金をネコババして、その金を運用してここまでなったわけですから。

そのおかげで、政党助成金を貰わずにやっているという事であるから。

政党助成金は貰っていいからね、朝鮮に皆さんにちゃんと賠償してくださいと。

代々木のビルも売って、プレハブからやり直し。

草の根精神を忘れとる、今の共産党は。

うん、駄目だ。

筆坂さんにも喝入れて貰わないとね、この問題には。

司会 男司会 男

筆坂秀世さんにね。

上念司上念司

筆坂さんを呼んで、これは特集をやってもいいかもしれませんね。

司会 男司会 男

これは大変興味深いものですよね。

上念司上念司

当時の証言を出来る人も、まだ生き残っている可能性もあるので、これはかなり問題だと思いますよ。

日本共産党の正体をばらした書籍「朝鮮総連」

司会 男司会 男

新潮新書から発売の「朝鮮総連」という本自体の部数がかなり増しているんじゃにですか。

上念司上念司

私もたまたまこの本を買って持っていたんですよ。

ほんと今から14年前ですよ。

司会 男司会 男

初版が2005年という事ですからね。

上念司上念司

まさにそれくらいの時に買って、面白い本だなと思って読んでいたんですけど。

これね、さもありなんと思ってスルーしていたんですよこのネタは。

そりゃあそうだよねと。

だって、この本いわくね、朝鮮総連と日本共産党は双子だと。

一卵性双生児だという事が書いてあって、本当にその設立過程からね、朝鮮人共産党員っていっぱいいたんですよ。

朝鮮から労働者が来ていたでしょ、いっぱい。

結構それなりに労働環境は厳しかったですから、今の所で言う所のブラック企業みたいなのだらけですからね、昔なんて。

労働法なんて今ほど整備されていないし。

そうすると、闇で労働者の権利の為にやりますという事で、勢力拡大するのは日本共産党ですから、いっぱいいたんですよ。

それが戦後ね、合法化される過程でこういう事をやっていたと。

さもありなんと思ったんですが、そういえば、これ、未払い賃金をネコババしたって事だよねと。

酷いねと。

どの口が。

志位さんが、徴用工弁護団、呼んで話をしたとか言うんですけど、お前その場でさ、金庫から金返せよとう話ですよ。

徴用工への賠償は日本共産党の資金からせよ

大高未貴大高未貴

しかも酷いのはですね、元々90年代から、もっと前からですけれども、日本の戦後補償という、戦後補償賠償みたいな概念を立ち上げて、熱心に活動していたのが旧社会党と共産党で、この徴用工関連にしては、凄い共産党の今現職の国会議員も関与しているんですよね。

だからね、しっかり整理して頂きたい。

上念司上念司

どの口がと。

大高未貴大高未貴

よく、あんたが自分でやっててその金を解明しないで、また国からね、今度は民間企業にその責任を転嫁するというとんでもないやり口じゃないですか。

司会 男司会 男

日本共産党の党の資金からね、弁償して頂きたいですね。

上念司上念司

足らなければ、資産を売ればいいじゃないという話ですよね。

大高未貴大高未貴

そう。

上念司上念司

ほんとに、おかしな話ですよね。

大高未貴大高未貴

はい。

上念司上念司

集団訴訟おきねぇかな、これ。

徴用工の皆さん、訴えるなら、こいつらですよみたいな。

司会 男司会 男

共産党の支持層の方々から声が出てもおかしくないんじゃないですかね。

大高未貴大高未貴

日本企業相手にやっている場合では無いですよね。

日本共産党の隙間産業

上念司上念司

共産党の支持層の皆さんもね、赤旗と同じことを言う事が、共産党員という洗脳を、いや間違えた、教育を受けているので、言っている事が全部赤旗。

みんなね、言っている事が不破さん、志位さんに似ているらしいですよ、言っている事が。

大高未貴大高未貴

未だに?

上念司上念司

それが共産党らしいですよ。

昔みたいに、社会主義革命ドーンみたいな事は行けないので、今はああいう微音的な環境の中で、隙間産業をやっているのが共産党だというのが、志位さんのご指摘ですね。

こうやってまぁ徴用工裁判と言ったら、そっちに盛り上がるし、LGBTって言ったらそっちに行くし、そんな感じですよ。

隙間を見つけて、寄り添うような振りをして党勢拡大というのが、奴らのセコい商売なんで。

もう全然、返す気なんか無いでしょうね。

恐ろしいなと思いますけどね。

司会 男司会 男

この件に関しては、まず隗より始めよで。

上念司上念司

自ら襟を正せと。

という風に思うんですけどね。

司会 男司会 男

ご検討いただきたいと思いますね。

 
 
 
最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す