【ニュース 徴用工】徴用工の賃金を日本共産党がネコババしている!朝鮮総連との深い繋がり!上念司

日本共産党に徴用工の未払い賃金が流れていたと判明

司会 男司会 男

徴用工の賃金、共産党に流れていたというね、こちらも続けて深入りまいりましょうかね。

デイリー新潮の記事を一部割愛してお伝えします。

徴用工問題に関して、14年も前に刊行された本の記述が、ネット等を中心に話題となっています。

11月28日経済評論家の上念司氏が、真相深入り虎ノ門ニュースで取り上げたのは、2004年に刊行された著者金 賛汀三平氏の「朝鮮総連」で、注目を集めているのは戦後間もない時期の緒戦総連の活動資金に関する次のような記述です。

最大の財源になったのは、帰還していく強制労働者の未払い賃金等であった。

1946年末までに、朝鮮総連中央労働部長名で、強制連行者を雇用していた日本の各企業に、未払い賃金の請求が出された。

その請求額は4366万円に達し、朝鮮総連はかなりの金額を企業から徴収し、それらの殆どは、強制連行者には渡らず、朝鮮総連の活動資金に回された。そして同著は、この莫大な金の行き先について、驚くべき指摘をしています。

これらの豊富な資金は、日本共産党再建資金としても使用された。

1945年10月10日、連合国最高司令官、アメリカ太平洋陸軍司令官総司令部GHQは、府中刑務所に収容されていた徳田球一、金天海や16名の共産主義者などを釈放した。

彼らを府中刑務所の門前で出迎えたのは、日本の各地からトラックに分乗して集まって来た数百人の朝鮮人だった。

釈放された徳田らは、すぐに共産党再建委員会を組織して、7人の中央委員を選出しました。まとめると、朝鮮総連が企業から金を徴収し、それを日本共産党に返金したという具合に金が流れたのだと、著者の金氏は指摘しています。

上念氏は同番組で、共産党が代々木のビルを売って、遺族の人に返せばいいのではないかと語っていますという事です。

dailyshincho.jp

 

日本共産党は朝鮮の皆さんに賠償せよ

上念司上念司

本当にそうですよ。

金利も相当ついていますから。

それはそうですよ、これは70年近い前の話でしょう。

70年分の金利もちゃんと複利で。

代々木のビル売らなきゃ駄目ですよ。

あと、不破さんのご自宅も売却して、料理人も解雇して、それで輪転機とかも担保に入れて金を借りて、朝鮮の皆さんに賠償してくださいと。

あなた、ネコババしたんですよと、未払い賃金を。

分かっているの?と。

重大犯罪じゃないですか。

これ、なぜ韓国政府は日本共産党を訴えないんですかね。

日本共産党に朝鮮総連から流れた資金

司会 男司会 男

ですからね、4366万円という額はあくまで昭和21年度時点での額ですから。

上念司上念司

今に換算したら、うん十億という金額ですから。

司会 男司会 男

億単位でしょう?

上念司上念司

えぇ。

だから、日本共産党は全額賠償ですよ。

返してくださいよ。

政党助成金を受け取らないのは、これを取っていたからでしょ、だから。

朝鮮人労働者の未払い賃金をネコババして、その金を運用してここまでなったわけですから。

そのおかげで、政党助成金を貰わずにやっているという事であるから。

政党助成金は貰っていいからね、朝鮮に皆さんにちゃんと賠償してくださいと。

代々木のビルも売って、プレハブからやり直し。

草の根精神を忘れとる、今の共産党は。

うん、駄目だ。

筆坂さんにも喝入れて貰わないとね、この問題には。

司会 男司会 男

筆坂秀世さんにね。

上念司上念司

筆坂さんを呼んで、これは特集をやってもいいかもしれませんね。

司会 男司会 男

これは大変興味深いものですよね。

上念司上念司

当時の証言を出来る人も、まだ生き残っている可能性もあるので、これはかなり問題だと思いますよ。

フォローして最新情報をチェックしよう!