アフターコロナ 世界はどう変わるのか?売国企業を税金で救済すべきか?

コロナ終息後、世界はどう変わるのか? ポストコロナ、コロナの後、どうなるのかというお話をさせて頂きたいと思います。 現在、世界中でロックダウン解除の動きが出ています。 感染者がピークを過ぎた事により、経済活動を再開させよ ‥‥

新型コロナウイルス 中共による意図的パンデミックの可能性!損害賠償1京円の行方!

新型コロナウイルスを巡る世界の動き 今回の新型コロナウイルスを巡る世界の動きについて、お話をさせて頂きたいと思います。 世界各国は、中国に対して今回の新型コロナウイルスの拡散、パンデミックの責任を問おうとしています。 ア ‥‥

アフターコロナの世界 中国 サプライチェーン外しと新たな島国連合の誕生

新型コロナウイルスにより生まれる新たな価値観 現在ですね、世界に蔓延する新型コロナウイルス。 これが、大きな問題となっています。 世界の国々には、それぞれ、ロックダウンという形で都市封鎖を行い、この東京、日本も緊急事態宣 ‥‥

新型コロナウイルス被害に日本はどんな保証をするのか?

新型コロナウイルス拡大で広がるデマ 現在、新型コロナウィルスの拡大に伴い、様々な事が起きております。 一番の問題はデマです。 そして、みなさんがパニック状態になっているために、そのデマを信じやすい、という状況もあります。 ‥‥

コロナショックの日本に必要な政策とは?ロックダウンの可能性は?

新型コロナ恐慌とリーマンショックの構造的違い 新型コロナ恐慌について、お話をさせて頂きたいと思います。 今、世界はコロナウィルスによって戦時体制に入っています。 今回、株価が落ちる、景気が一気に悪化する。 これをリーマン ‥‥

日韓通貨スワップ結ぶと韓国が日本につく嘘!国際社会は韓国を救うのか?

新型コロナ恐慌で再燃する韓国問題 世界は新型コロナ恐慌と言われている状況にございます。 世界の株式市場は一気に下落し、債券市場、為替市場も全部がおかしくなっている状況にあります。 そんな中でですね、今再び韓国の問題が、ク ‥‥

TVや政治家が一切触れないイタリアで中国ウイルス急拡大の原因!北海道に注視すべき理由!

世界で問われるグローバリズム 引用:ニューズウィーク ※シェンゲン協定 シェンゲン協定とは、加盟しているヨーロッパの国家間において、出入国検査(国境検査)なしで国境を越えることを許可する協定のことです。ヨーロッパ内の人や ‥‥

世界株価大暴落の原因とは?武漢ウィルスでハッキリしたこれから日本の生き残る道!

武漢ウィルスと世界大恐慌 いま世界で起きている株価の大ショック。 世界恐慌とも言える状況が、なぜ起きたのか? というのを丁寧に、解説して行きたいと思います。 3月9日、アメリカのニューヨーク市場は大暴落を起こしました。 ‥‥

新型コロナウイルス 武漢肺炎で激変する韓国・日本経済の実態

武漢肺炎で激変する世界経済 激変する世界経済、経世済民、政治と金の流れは同じ、というお話をさせて頂きたいと思います。 今回の新型肺炎問題によって、世界中の経済環境は、大きく変化しようとしています。 また、日本の政財界にお ‥‥

日本人がコロナ感染しても中国からの入国を拒否しない安倍政権!日本政府は無能なのか?

蔓延する新型肺炎 台湾の知見から学ぶ、日本経済とこれからというお話をさせて頂きます。 現在、新型肺炎の蔓延が、大きな話題になっています。 この件に関し、私はずっと警笛を鳴らし続けてきましたが、日本政府、また、日本の財界の ‥‥

新型肺炎 コロナウイルスでストップする中韓経済!日本は大丈夫?

新型肺炎で止まるサプライチェーンと中韓経済 新型肺炎で止まるサプライチェーンと止まる中韓経済について、お話をさせて頂きたいと思います。 現在、新型肺炎の蔓延によって、中国経済は、致命的な影響を受けています。 中国のお正月 ‥‥

新型コロナウイルスで一気に進む米中の離婚!ハーバード大学 売国研究者の末路!

米中、幸せな離婚 米中、幸せな離婚、という事について、お話をさせて頂きたいと思います。 1月31日、アメリカは重大な決断を致しました。 それは、アメリカと中国の事実上の離婚とも言えるのです。 今回、新型肺炎によって、アメ ‥‥

トランプ大統領が再選できる可能性は?アメリカ大統領選挙の行方

世界に最も影響を与える米国大統領選選挙 本日は、世界に最も影響を与える次のアメリカ大統領について、お話をさせて頂きたいと思います。 世界の最も影響を与える国。 それは、誰が考えてもアメリカです。 まぁ、中国という対抗馬も ‥‥

読者の減少が止まらない朝日新聞の末路!影響力を失う反日新聞社の現実!

読者の減少が止まらない新聞各社 本日は、新聞業界の衰退という事について、お話をさせて頂きたいと思います。 新聞というものが、今、どんどん読まれなくなって行っております。 新聞各社は、前年比10%近い読者の減少に苦しんでい ‥‥