三橋貴明 維新の公約を書いたのは竹中平蔵!日本が野党にも与党にも抱える売国奴問題!

日本での反日工作に誰が喜んでいるのか?

三橋貴明三橋貴明

NHKとか朝日新聞だけど、

彼らが、そのいわゆる反日的な事をやって、誰が得をしてんのかなぁと。

まぁ、間違いなくですね、反日国家でしょうね。

韓国、北朝鮮、中国です。

特に中国なんですけれども、今の日本が危ないなぁと思うのは、その中国共産党とか、韓国とか北朝鮮は、完全に利害が一致していて、

例えばオスプレイの問題とかでですね、その左派的な左派たちが、左派って言いたくないんだけど、売国左翼ですね。

売国左翼たちがデモ行進して、それを大きく報道して、それが日本の国防にダメージが与えられて、彼らも喜ぶんだけど。

それと同時にですね、別の敵もいるわけですよ、日本というのは。

それはまぁ、竹中平蔵さん達に代表される、

画像出典:プレジデントオンライン

構造改革主義者というか、新古典派経済学のおかしな人たちですね。

アメリカで否定されつつありますけど、日本ではまだまだ主流派ですと。

で、ちょっと困った状況というのがあって、その売国左翼の人たちは、日本が嫌いなんで、日本を壊そうという形で、たぶん行動しているんでしょう。

で、日本が壊れると得するのは、間違いなく中国・韓国・北朝鮮ですよという話なんだけど。

新古典派経済学の人達は、国境を壊そうという事をやってですね、利害が一致するわけですよ、彼ら。

だから、朝日新聞と産経新聞が、こぞってTPP賛成って、これ異常だと思わないといけないですよね。

あるいは消費税もそうですよと、いう話なので。

なんだろうな、今ね、日本だけじゃなくて、世界的に、やっぱり国境線はいらない、みたいなね。

グローバル市民です、とか、朝日新聞風に言えば、地球市民です、って話なんだけど、そういう流れが来ていて、日本はですね、その両側から攻撃を受けて、ガッチリこう手を握っているわけでございますね。

これはちょっと危ないなぁと。

だからね、その朝日新聞が、なんで、国民主権を侵害する可能性があって、民主主義が壊れる可能性があるTPPを、グローバリズムです、とか言って、推薦するんですかね。

彼らの普段の首長からしたら、絶対に反対しなければいけないんだけど、賛成しているのは、彼らにとって、日本の国境線が低くなってですね、壊れていくのが都合がいいからなんですよね。

という事で、2つの敵を抱えているっていうのを理解して、両方共対処しないといけないと。

選挙でボロボロに負けた売国左翼

三橋貴明三橋貴明

これ、選挙を見るとね、状況が分かるんですが、前の2012年12月の総選挙で、左翼系は、もう全滅に近い負け方をしたわけですよ。

どのくらいですかね、議席で。

30くらいじゃないですか。

民主党をちょっと除くと、社民党、共産党、えぇ~なんだっけ?未来の党でしたっけ?

というくらいで、20くらいですよね。

壊滅ですよね、壊滅。

でね、民主党の中にもその売国左翼がいるじゃないかって、いるけど、まぁ、そうじゃないおかしな人もいて、ごちゃまぜじゃないですか、綱領が。

ちょっとあそこを除くと、今回力を、ゼロだったのがかなり増えたのが、日本維新の会ですよね。

でまぁ、平沼さん達がいるからっていう、言いたい亊は分かるんだけれども、

画像出典:毎日新聞

ただ、基本的に、彼らのその政策というかですね、公約を書いたのは、竹中さんでございますからね。

画像出典:プレジデントオンライン

だから、TPPとか混合診療とか、色々竹中チックな、新自由主義的な政策が一杯入っていたので、こっちを潰すと、こっちが上がってきて、こっちを潰すと、こっちが上がってくるって事なので、ちょっと厄介なんですよね。

だから別に、自民党議員にいっぱい力を持たせなさい、という話じゃありません。

だって、自民党の中にだってですね、おかしな連中がいて。

まぁその、左翼的な人は、結構落ちましたよね。

落ちたら落ちたで、もう面倒くさいんですけど。

残っている中にも、TPP推進だ、とかですね、言っているグリーバリズムの人達がいるので、ちょっとですね、両方こう見ながらですね、やって行かなくちゃですね、危ないなと。

なんでこんな事を言っているかというと、小泉さんの時に、いわゆる左翼系がボコボコにやられましたと。

日本をぶっ壊した小泉純一郎

三橋貴明三橋貴明

それでみんな小泉さんを持ち上げたんだけど、

画像出典:Rapt-neo

結果的に、彼らは新古典派バリバリの政策をやって行って、日本を壊しちゃったわけですよ。

この二の舞をですね、維新の会でやったらたまったもんじゃないので、そこは注意しなくちゃいけないなと思います。

2013.07

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す