植木理恵 小悪魔が男を虜にする5つのテクニック!男がメロメロになる理由!

小悪魔が男に使う5つのテクニック

植木理恵植木理恵

世の中には小悪魔と呼ばれるような、不思議な魅力で男性を虜にする女性っていますよね。

小悪魔と言われるような方たちは、きっと男性の心理をよく知っている人であろうという事が考えられます。

明石家さんま明石家さんま

分かる、分かる。

植木理恵植木理恵

今日は特に、5大欲求という風に呼ばれているものを紹介して、この欲求のどういう所を使っているのかという事を、紹介していこうと思います。

ブラマヨ 小杉ブラマヨ 小杉

男の欲求って、5つに分かれるんですか?

植木理恵植木理恵

だいたい、どの国でもどの男性も持っていると言われているものが、何個かあるんですけれども、特に今日は、上に行けば行くほど、どの男性にも言えるという事が言えます。

明石家さんま明石家さんま

なるほどねぇ、行きましょう。

男をメロメロにするテクニック 第5位

植木理恵植木理恵

では第5位です。

「どうして〇〇なの?」というような事を、小悪魔と言われる人たちは使っています。

明石家さんま明石家さんま

どういう事?

植木理恵植木理恵

このセリフは、男性の5大欲求のうちの、「原因を自分で追及していく欲求」というものをくすぐっているんであろうと。

原因追及欲求というものが、一般的に女性より男性の方が高いという風に言われているんですけど、例えば、埃が付いているのを取ってくれるとか、さりげなく親切な事を男性がしてくれた時に、

私だったら、普通に「ありがとうございます、すいません」という風に言うと思うんですが、小悪魔だったら、このフォーマットに入れるはずなんですね。

原因追及欲求の。

明石家さんま明石家さんま

男性が肩の誇りを取ってあげる。

植木さんは、「ありがとうございます」って。

植木理恵植木理恵

小悪魔だったら、

「どうしてさんまさんって、そんなに優しいんですか?」

っていう風に。

明石家さんま明石家さんま

あぁ~。

どうしてそんなに気が利くの?って事ですね。

植木理恵植木理恵

そうですね。

これよく、私思うんですけど、普段、マツコさんがよく使ってらっしゃると思うんですけど。

明石家さんま明石家さんま

うそやん、使ってる?

植木理恵植木理恵

さんまさんが、何かやっぱり面白い時にね、

「どうしてさんちゃん、今そんな事思いついたの?」って。

ブラマヨ 小杉ブラマヨ 小杉

あっ、言ってる!

明石家さんま明石家さんま

あぁ~、分からんではない。

俺弱いもん。

「今日、何々見ました!どうしてそんなに面白いの?」

って、言われたら、

「えっ!そうか~」ってくるもん。

だから狙いか、そういう娘は。

男をメロメロにするテクニック 第4位

植木理恵植木理恵

第4位です。

「あながた〇〇っていうならいいよ」

植木理恵植木理恵

これは、男性の5大欲求のうちのですね、「自分で決めたいという欲求」を、

明石家さんま明石家さんま

そうそうそう。

植木理恵植木理恵

強く持っていうという風に考えれれます。

自己定義欲求という風に言うんですけれども、例えばですね、万が一私が、

「キスしていい?」

って聞かれたとします。

明石家さんま明石家さんま

万が一じゃない。
みんなしたいと思ってますよ。

私がキスする時に、

植木理恵植木理恵

自分に想像すると、「はい」とか、

「キスしてもいい?」って言われて、「いいよ」って言うのが関の山というか。

小悪魔だったらこういう言い方をするだろうなと、

「あなたがキスしたいって言うなら、いいよ」

明石家さんま明石家さんま

うわぁ~。

付き合い始めはこれ言うてるよね、女の子。

付き合い始めは言うてる。

これが、付き合って深くなったり、結婚とかなると、その後、これが言えなくなるわ、女。

マツコ・デラックスマツコ・デラックス

最初、好きって気持ちが大きい時は、みんな小悪魔なんだよね。

明石家さんま明石家さんま

そういう事、ほんまにそう。

そうやわ、勝手に小悪魔になってるねん、女の人は。

ブラマヨ吉田ブラマヨ吉田

ご飯の時とかってそうですもんね。

「あなたがラーメンって言うんだったらいいよ」

みたいなん、言ってくれていますもんね、最初は。

明石家さんま明石家さんま

そうそうそう。

ブラマヨ吉田ブラマヨ吉田

それがだんだん、

「いや、なんでラーメン食わなあかんねん」

みたいな。

明石家さんま明石家さんま

そうそう。

植木理恵植木理恵

同じような意味のある言葉として、いちいちこう、「なになによね?」というんじゃなくて、

「なになにって違うかしら?」

って言う風に、相手に、男性が決めるような体で、提案しながら聞くと。

明石家さんま明石家さんま

「私はイタリアンがいいんだけど」

というヒントを言うといて、

植木理恵植木理恵

「あなたは今日、イタリアンって気分じゃないかしら?」

って聞く。

明石家さんま明石家さんま

あぁ~。

男をメロメロにするテクニック 第3位

植木理恵植木理恵

第3位です。

「なんで〇〇って分かったの?」

という言い方。

これは、男性の普遍的に持っていると言われる、「言わなくても分かり合いたい」という欲求に刺さるという風に考えられます。

明石家さんま明石家さんま

昭和の男はグサッっと来てるなぁ、これ。

植木理恵植木理恵

例えば、女性同士って、仲良くなれば仲良くなるほど、会話量が増えるんですね。

いつまでも喫茶店に、何時間でもいるといった感じで。

明石家さんま明石家さんま

はいはい。

植木理恵植木理恵

男性は親しくなればなるほど、会話量が減るんですね。

言わなくても分かる関係というものになって行きます。

明石家さんま明石家さんま

はぁ、その通り。

植木理恵植木理恵

言わなくても分かり合いたいという欲求というのが、男性は強いと思われます。

そこに刺さるのが、

「なんで〇〇って分かったの?」

って驚いて見せるような、以心伝心がどうして伝わったの?というようなフレーズです。

明石家さんま明石家さんま

えっ?なんで?

どういう?

植木理恵植木理恵

例えば、サプライズプレゼントを貰ったと。

明石家さんま明石家さんま

「なんでこれが好きって分かったの?」って。

植木理恵植木理恵

そうですね。

明石家さんま明石家さんま

う~わ、言われた。

あ~。

ブラマヨ 小杉ブラマヨ 小杉

言われてる、これは。

明石家さんま明石家さんま

言われて、ますね。

これは、言うよ。

女の子、言うてる。

なんでこれ好きって分かったの?って。

マツコ・デラックスマツコ・デラックス

小悪魔にやられている率が高いのよ、さんまさん。

レンタルビデオ屋とか行って、「これにしよう」って言ったら、

「なんでこれ、私が見たいの分かったの?」

みたいな事でしょ?

明石家さんま明石家さんま

これは、俺もう、全部引っかかってるわ、俺。

何気なくこう、プレゼントなんにしよかな、もうこれでええか、って思って買って行ったおもの。

「なんでこれ私、今欲しいって分かったの?」

って言われたらなんか、

「よっしゃー!」

っていう気になる。

男をメロメロにするテクニック 第2位

植木理恵植木理恵

第2位です。

「もしも私と〇〇したら…」

という言い方を小悪魔はしています。

これは、男性に普遍的に見られる傾向で、「想像を膨らませていきたい」という欲求が強いという事が言われています。

「もしも私と〇〇君が付き合ったら、みんなびっくりするかな?」

明石家さんま明石家さんま

なるほどぉ~。

あぁ~、言うやつおんな。

いるいる。

「みんなびっくりしちゃうだろうなぁ」とかいうやつでしょ。

植木理恵植木理恵

はい、そうですね。

ここに、「もしも私と結婚したら…」という風に入れると、私しか登場しないので、想像の中に、できれば男性も登場するという事が大事だと考えられるんですね。

「もしも、私が指輪をしてたら、あなたと結婚してるって思われちゃうかなぁ」

っていうように、

明石家さんま明石家さんま

これは、男、弱いわぁ~。

植木理恵植木理恵

「もしも、この後、抜け出すとしたらどうする?」

あの、私事なのですが、草津ロケで、カモの帽子を、澤口先生に勝って頂いたんですけど、門倉先生と。

明石家さんま明石家さんま

三人で、あの鴨のね。

植木理恵植木理恵

買ってくださいとは言っていないんですね。

たまたま、

「もしも3人で被ったら、面白いでしょうね」

っていう風に言ったら、すぐ2人が財布からお金を。

明石家さんま明石家さんま

そうそうとか言えよ。

お前、実験に引っかかってんねんぞ。

門倉と澤口、どちらが早かったんですか?お金出すのは。

植木理恵植木理恵

同時でした。

明石家さんま明石家さんま

門倉、それは認めますね?

門倉貴史門倉貴史

えぇ。

男をメロメロにするテクニック 第1位

植木理恵植木理恵

第1位は、

「こんなに〇〇したの、初めて」

明石家さんま明石家さんま

男はバカですねぇ~。

植木理恵植木理恵

文化とか年齢とか割と超えて、男性が持っているのが、「NO1になりたい」という欲求。

女性に比べて、ずっと強いです。

これは、孤立嗜好性という風に言うんですけど、沢山の集団の中で、何番目に自分がいるのかという順番に凄く興味を持つ傾向があります。

負けたくないという気持ちが凄く強い。

自分が、NO1になりたいと。

明石家さんま明石家さんま

すぐに、過去の男と比べたがったりね、男はね。

これを何か伝統的に、法則的に使っていますよね、女性は。

植木理恵植木理恵

そうでしょうね。

普段、飲みに行って少し酔った時とかでも、「酔っちゃった」というのはいいと思うんですけど、

「こんなに酔っ払ったの初めて」

って言うと、意味が変わってきますよね。

植木理恵植木理恵

女性はなんかこんなの初めてという感覚よりも、「私だけを見て」「オンリーワンだと思って」とか「君じゃないとダメだ」って言われたいっていうか。

「あなたじゃないと」っていう気持ちの方が、女性だったら強いと思うんですけど、男性だったら1番ですね。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す