武田邦彦 日本が外国よりも素晴らしい国だった理由!日本人からぼったくる外国人と外国人からぼったくらない日本人!

日本人が尊敬されていた理由

日本人はなぜ尊敬されるのかと。

日本人が尊敬される1つの理由はなんなのかと。

これをですね、昨日から色々考えましてですね、それでまぁ、ちょっと迷うところがあるんですね。

誠実さとか礼儀正しさとか、そういうのがあるのですが、強さとかですね。

しかし、一番はっきりしているのが、最終的にはっきりしているのはお金だろうと。

という事で、お金と日本人というのを最初に持ってきました。

ちょっとこれには異論のある方もおられると思いますが、まぁ、尊敬される理由という事ですね。

日本人ほど、お金に淡白な民族というのは、あんまりいないような気がするんですね。

それはもう、2つ印象的な話がありましてね。

1つが、モース、貝塚のモースですね。

画像出典:八尾市

モースという人は、明治になったばかりの時に、アメリカからやってきた生物学者で、横浜に上陸してですね、当時出来たばかりの、横浜から汐留までの汽車に乗って、トコトコと上ってきたらですね、ちょうど鶴見ぐらいですかね、そこら辺の車窓にですね、貝塚の断面があったんで、ここにあるなぁと思って。

2枚貝の研究者でしたから、それを研究し始めたというので有名なんですが、同時に日本に長くいましてですね。

この話は、確かモースが書いた日本の日々かな、なんかそういうような書物に書いてあったものだと思うのですが、

「私は小銭を机の上に置いたままにするのだが、1日に何回、子供や下女が立ち入っても、小銭が取られた事が無い」

という事を、非常に驚きの事で書いてあるんですね。

日本人から見れば当たり前で、日本人は人のモノは取らないと、頂かないと。

まぁ、最近はちょっと乞食的な人が多いんですが。

それは、やっぱり日本人の基本なんですよね。

ですから、モースはアメリカ人ですから、アメリカという国は日本に比べて相当下等なので、人のモノであるとか、自分のモノであるという事よりか、自分がお金が欲しいかどうかというのを優先するという、簡単に言えば下品な国なんですよ。

アメリカ人には悪いけど。

ですけど、そういう国なんですよね。

日本は、お金が欲しいかどうかは別にして、人のものなら欲しくても取らないと。

人のモノであると。

そっちを優先するという素晴らしい国なので、モースがびっくりしたわけですね。

お金を返す日本人と返さない外国人

もう一つは、これは確か日本最大の商社の常務さんか、専務さんか、非常に偉い人とですね、かつて少しお付き合いがありまして、

その方が、私と食事をした時に言った事が忘れられません。

その人は、まぁ、巨大会社の役員さんで、上の方の役員さんですから。

ある時に、海外取引の事務所を担当していたと。

その時にですね、その海外の事務所の社長が日本人なら、これは殆ど100%間違いなく資金回収が出来る。

つまり、必ずお金は返してくるという事ですね。

商売ですから、色んな金の取引があるんですが、決済すべきものは、必ず決済して払ってくると言うんですね。

ところが彼がびっくりしたのはですね、私がそれを担当してびっくりしたのは、海外の事務所の社長が、たとえ外国人であっても、日本人が社員として一人いれば、資金の殆どは回収できるって言うんですよ。

彼が言うにはね、「日本人って凄いですねぇ」って言うんですよ。

その10人なら10人のその海外の事務所の中に、日本人が一人いるだけで、道徳的になっちゃうという事ですよ。

借りたお金は返さなければいけない。

商売上の決済は、必ずしなければいけないという事になる。

ところが、日本人がいないと、ごまかせれば、ごまかした方がいいと、こうなると。

だから、日本人から見れば、なんか韓国の方とか、中国の方がなんか嘘をつくと、言う風に思って腹立たしいんですけれども、それを逆に言えば、日本人だけが嘘をつかないで、他の人達は、借りたお金を踏み倒しちゃうんですよね。

だから、自分のお金は自分で使っていいけど、他人のお金を取ったり、騙したり、返さなかったりするっていうのが、いけないという事は、これはもう日本人としては当たり前なんですよね。

親からも教わるし、教わらなくても、日本の空気が元々そうですからね。

これは色んな事があるので、小話を少しお話しますと、イザベラ・バードだったかな、

画像出典:cultured creatures

東北旅行記かなんかなのですが、

ある所で宿に泊まる。

女中さんが本当に一生懸命やってくれるので、帰りがけに、宿を出る時に、女中さんに心付けを少し出そうと思って、お金を出す。

そうしたら、女中さんが、「私はそれは頂けません」と。

ちゃんと私は、自分の給料ですね、給料を頂いて、それで一生懸命やっているんですと。

言ったんで、びっくりしたわけですね。

あんまり学校にも行っていない。

見るからに貧しい恰好をしている。

だけれども、必要な、自分の職務以上は取らないと。

まぁね、すぐ言いたくなっちゃうんですよ。

今の学者なんかだってですね、自分の説をすぐに曲げて、地球温暖化とか、なんとか言っているわけですから。

ちょっとそれを思い出しますね。

日本人の船頭と外国人の船頭の違い

それから、これは確か中国の人かなにかが書いた話なのですが、日本の船頭は凄いって言うんですね。

中国の船頭さん、川を人を渡す船頭さんはですね、相手を外国人と見ると、例えば10円のやつを50円と吹っ掛けると。

相手が、「50円は高いじゃないか」と言ってくると、「じゃあ20円でいいや」と言って渡すと。

ところが、日本の船頭さんは、日本人を10円で渡していたら、わけのわからない外国人も10円だって言うんですね。

そんな所で、ごまかそうとしないって言うんですよ。

大したもんだと、どこか書いてありました。

こんな話は山ほどあってですね、日本人はですね、自分のものは自分のものという時もあるんですが、他人のものは他人のものなんですね。

お金に対しても、女中さんの話ではないですけども、正当な報酬は受けます、と。

しかし、正当な報酬以上の報酬、つまり、「自分が一生懸命働いた駄賃は貰うけれども、それ以上は頂きません」とこういうわけですね。

100万円のワインを飲んで自慢し始めた日本の経営者

私が最近ですね、日本の経営者でお二人くらいですね、批判しているんですけども、いやね、それはね、経営者になれば、うまい着想があればですね、経営者としては自分の着想で10億儲けたとか、100億儲けたとか思う人がいるでしょうけれども、それはやっぱり後ろがいるんですよ。

一生懸命働く社員があり、製造する人があり、販売する人がありですね。

それから、そんな自分の会社があるためには、道路も舗装しなければいけないし、ゴミも持って行かなきゃなんないしですね。

それを全部合わせて、そのお金なんですよね。

それが、かつての日本人といのは、それをよく分かっていたわけですよ。

私が言う、憲法の勤労の義務じゃないけれども、自分の生活というのは、多くの人の働きの合計であるという事が、本能的に日本人は分かっている。

このお金に対する日本人潔癖さ。

約束を守るという言い方をしてもいいんですけどね。

しかし、お金の約束を守るというのが、一番大変ですからね。

それが日本人はあったんで。

今でもありますよ。

今でもね、随分崩れましたけど。

偉い人ほど崩れるというのが問題なんですね。

つまりね、僕は教育を担当しているんですけど、教育するのが本当に悲しいのがですね、勉強すれば勉強するほど、ずる賢くなるんですよね。

本来自分がすべき事。

別にね、食べるものだって、自分が一生懸命働いた分で食べればいいんですけど、高いワインを飲んだとか言ってですね、中にはですね、100万円のワインを飲んだとか言って、威張っているのがいると。

画像出典:エキサイト

あなた一体どうなってんの?という気がいつもしますけどね。

まぁ、若干働いてお金が入れば、若干贅沢をするというのは、それは人間の心理としていいんですけどね、そういうのがね、やっぱりなかったんですよ、日本は。

日本は清貧なんですよ。

貧乏という事は、全く恥にならない、これが世界的に非常に大きな日本人に対する評価の一つになっております。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す