馬渕睦夫 韓国という超反日国家を一体誰が作ったのか?日本も韓国も自立する時!嘘つき韓国を甘やかす自称知識人!

日本の輸出管理に慌てふためく韓国

馬渕睦夫馬渕睦夫

日韓関係ですね。

いよいよ7月になってから、日本がいわばなんて言いますか、そろそろ独立国家として、私は自己主張を始めたと思っておりますけれども。

言われております3品目ですね。

半導体の原材料になる3品目の輸出規制って言っていますが、厳密には輸出管理の問題ですね。

輸出管理の厳格化といいますか、正常化を図ったという問題がありましたね。

これが7月になって起こりましたが、それに対して今日までの韓国の反応をご覧になったらお分かりの通りですね。

だから、あれだけの藩王をするという事は、やっぱりこれは非常に韓国にとっては好ましくないというか痛手であるという事を、如実に表しておりますね。

まぁ、日本からのフッ化水素の輸入によって、韓国のサムスンは半導体が作れていたわけですからね。

それが出来なくなるという事はどういう事かと。

だだでさえサムスンの営業利益というのは何10%かのマイナスを記録していますからね。

そういう所にいよいよ半導体が作れなくなったら、これは事実上サムスンの終わりという事になるわけですね。

それで文在寅大統領も慌てふためいているわけですね。

その様子がよく分かりますね。

日本に対して協議というかどうかは別にして、説明を求めに来たと。

まぁ課長レベルですが、説明を求めにすぐ飛んできましたね。

それから、アメリカに行っていろいろアメリカに仲介戦と言わんばかりの活動を開始していましたけれども。

またWTOでも訴えるとかね、世界に訴える。

いつもの手ですが。

そういう事を慌てふためいてやっておりますけれども、それは逆に言えば、相当韓国に余波と言いますか、影響が及んでいるという事だと思います。

ただ実際にそういう事を厳格にやりますと言っただけで、実際には厳格化は始まっているわけですが。

だからと言って今、半導体が製造できないわけでは無いんですね。

だけれども非常に慌てているという事は、今回の日本の措置の打撃の大きさというものを、如実に表しているんだろうと思います。

問題は、要するに韓国の反応なんですね。

韓国の反応は常に日本が悪いの一本調子

馬渕睦夫馬渕睦夫

我々はもう耳にタコができるくらいに、韓国のこれまでの反応は知ってるわけですが、今回も同じ反応をしていますね。

悪いのは日本だっていう事ですね。

で、「協議に応じろ」というわけですからね。

今までの言うまでもなく徴用工の無茶苦茶な国際法違反の判決を出して、日本が色んな日韓請求権条約に基づく協議を求めても、なしのつぶてだったんですからね。

それが、自分が痛むことが分かると、すぐ日本に対して協議しろと言ってくる。

まぁこれだけでも、国家の品格というものが疑われるわけですが、今更疑う必要もないというか、もう既に品格がないという事が、もう日本国民の多くの方に周知される事になったと。

今までの行動を見ていてそうなったと思っておりますけれども、一層それに輪をかけた結果になっているという風に言えると思います。

ところが、私がこれはもちろん韓国側に問題があるわけですけれども、日本として注意しなければならない事を、敢えて言っておきたいと思います。

それはどういう事かと言うと、積年の多くの日本の方の感じとしては、政府はよくやったという事だと思います。

現に、パブリックコメントですね、つまり韓国をいわゆるホワイト国から外すという事についてのパブリックコメントも、一番最近の結果は出ておりませんが、おそらく9割近い方が賛成をしているという事が一時報じられましたし。

それから、今回の輸出管理の正常化ですね。

についても、7割以上の方が賛成しているというような世論調査の結果も出ていますが。

いずれにしても今参議院選挙中、今日は17日収録ですから、参議院選挙中ですけれども、本件は自民党に対する追い風にはなりましたけれども、なっていると思いますが、決して野党の追い風にはなっておりませんね。

そういう事だと思います。

韓国の正体に気づきやっと目覚めた日本人

馬渕睦夫馬渕睦夫

という事はどういう事かと言うと、日本の国民の多くの方が、既に目覚めたという事ですね。

我々は今まで、まぁそういう意味では、なんていいますかね、韓国の無理な要求を飲まされてきた、飲まざるを得ないといいますか、そういう状況がずーっと続いてきたわけです。

しかし、いよいよ国民が目覚めたといいますかね。

私は安倍総理なり今回の決定の背後には、国民の目に見えない支持があったんだと思います。

現に左翼メディアといいますか、まぁ、日本の外国メディアと言ってもいいんですがね、外国人が作っている日本のメディアくらいですね。

今回の措置について韓国を擁護しているのはね。

日本が悪い、なんて言っているのは。

日本の一部左翼メディアくらいです。

そういう人たちはもう墓穴を掘ってますね。

ですから、逆に言えばそういうその、この期に及んでまだ韓国を擁護しているような日本のメディアなり、コメンテーターですね。

そういう人達はやがて本件を機にですね、日本の地上波から消えて行く運命にあるんじゃないかと私は半分、希望も込めて申し上げますが。

それは地上波だけではなくて、新聞も同じだと思います。

新聞の方もおそらく、いわゆる我々がよく知っている左翼系の新聞は、ますますこれから部数を減らしてく事になるでしょうし、メディアの方も、おそらく広告主がどんどん減って行くんだろうという気がしております。

それはともかくとして、今回の措置は日本国民の多くの方の指示を得ているという事をこの段階で改めて協調しておきたいと思います。

しかし問題はですね、そこにあるのではなくて、我々はこういう韓国の反応に対する対応の仕方ですね。

これには注意をしなければならないという事なんです。

韓国という超反日国を一体誰が作ったのか?

馬渕睦夫馬渕睦夫

それは、戦後の日韓関係を見てみれば分かるんですが、韓国がなぜ保守政権も含めてですね、反日的な態度、政策をずっと取り続けていたかという事を、我々はもう一度振り返ってみる必要があるわけですね。

それはいわゆる韓国統治という歴史的な経緯も無いわけではありませんが、それに輪をかけたのはようするに韓国をして反日基地にする大きな一つの意図が働いていたという事ですね。

それは私は自分の著書の中でも明らかにしておりますが、戦後日本がリージョナルパワーとして再興してくるのを防ぐために、発展していくのを防ぐために、隣国と日本を対立させると。

そういう構図を作り上げられたわけですね。

その一つが、韓国における反日教育でもあったわけです。

この事は韓国人のキムワンソプさんという方が『親日派のための弁明』という本の中で、明確に述べておられる事でもありますけれども。

馬渕睦夫馬渕睦夫

これがいわゆる分割統治というやりかたですね。

つまり、日本も韓国もその意味では、アメリカのといいますか、もっと正確に言えば、戦後オバマまでのアメリカの政権の背後にいた、

画像出典:ニューズウィーク

ディープステートの分割統治の対象者と言いますか、もっと言えば犠牲者でもあったわけですね。

ですから、もちろん韓国の中にそういう反日的な感情っていいますか、その素地がある事はあるんだと思いますけれども、それを更に増幅させたのがアメリカの戦後の対韓国政策であったと。

つまり、韓国に反日教育、反日感情を増幅させる事によって、日本と韓国を対立させてきたと。

こういう歴史がある事を、我々は忘れてはならないわけですね。

それを、今の文在寅大統領は逆手に取っているわけですね。

画像出典:アゴラ

ですから、反日無罪というのは、文在寅大統領の発明ではなくて、歴代の韓国の政権がなにかあると最後は反日に行ったという事が物語っておりますし、しかもそれが、この先が重要なんですが、事実上、アメリカのディープステートの支援の下に行われていたという事ですね。

この事が分からないと、なぜ日本が一方的に今まで韓国に譲歩を強いられてきたのかという事も実は分からないわけです。

ですから、もう口にするのもはばかれますが、あの従軍慰安婦問題も、もしディープステートが韓国を事実上裏から支援していなかったら、起こりえなかった話なんですね。

そういう事を、我々は少し考えてみる必要があるんだと思います。

問題は次回にの時にでも総合的にお話したいと思いますけれども、こういうやり方が、アメリカのいわば伝統的な戦後のやり方ですね。

第二次世界大戦後のやり方というものが、今、大きく変革しつつあるんですね。

いや、もう変革したと言ってもいいんですが、トランプ大統領の出現によって、

画像出典:recordchina.co.jp

それは変革したわけです。

でも、その事が韓国も気づいていない。

それから、日本もまだ気づいていない。

多くの方が気づいていない。

そこに今日の日韓の軋轢の一つの原因があるように思えてなりません。

何かあるとすぐに米国に泣きつく韓国

馬渕睦夫馬渕睦夫

文在寅政権は、日本の貿易措置のすぐ後に、アメリカに高官を送って、アメリカの介入を要請したという事になっていますが、こういう発想自体が、戦後のディープステートが築いた東アジアの体制。

私はこれを戦後の東アジアレジームと呼んでいますが、その体制の名残りなんですね。

なんかあると、韓国はアメリカに泣きついてアメリカを通じて日本に圧力をかける。

あるいは、韓国が日本に色々と無理難題を吹っ掛けるのを、アメリカのディープステートが裏から事実上それを認めて来たと。

そういう戦後の歴史があるわけです。

今我々は、それを清算する時に来ているわけです。

それはトランプ大統領が就任されて、いよいよそのチャンスが巡って来たというか。

トランプ大統領自身も、その考え方なんですね。

ですから、そういう意味では北朝鮮もある意味でディープステートのいわばエージェントの役割を果たしてきたんですが、その事は私がずっと今まで申し上げてきましたね。

ところが、北朝鮮だけじゃなくて、実は韓国もそのマグニチュードは違ったとはいえ、アメリカのディープステートの代理人を務めて来てたわけですね。

やりたい放題の韓国に譲歩を強いられ続けてきた理由

馬渕睦夫馬渕睦夫

ですから、我々は本当に、残念な思いをずっとしてきたわけなんですが、なぜ日本政府は韓国にこんなに譲歩するのかという事ですね。

それは、韓国だけが相手なら、そんな譲歩はする必要は無かったわけですが、やはりそこの韓国のバックにはディープステートがいたという事を、今この段階で、もう一度思い返してみる必要があるんだと思います。

そのディープステートの力は、トランプ大統領が出現して、弱まっております。

弱まっておりますが、肝心の日本の政界、それから経済界も含めて。

あるいは官僚の世界も含めて、その事に、十分、まだ理解していないという事ですね。

未だにディープステートの亡霊に怯えていると言いますかね、そういう状況にあるわけなんです。

日本と韓国 自立の時

馬渕睦夫馬渕睦夫

ですから今回の一連の今回の問題を通じてですね、いよいよ日本も目覚める時であるという風な気が強くしております。

というか、もう目覚めなければ隣国との関係は、未来永劫というのは言い過ぎですが、改善するチャンスを逃してしまう事になる。

これは同じことが韓国にも言えるわけで。

韓国もやはり目覚めて、本当の意味で韓国も独立すべきだと私は思っております。

自立すべきという事ですね。

どこから自立すべきか言うまでもなく、日本から自立する事なんですね。

残念ながら韓国は全く日本から自立していませんでしたね。

何かあれば、日本に最後は頼む。

で、日本が現にいつも最後には韓国を助けてきたわけです。

しかし韓国はその事を感謝する事は一度もしておりません。

表向きのも日本のそういう支援が故に韓国が発展したとは、一度も言いませんね。

それどころが全くそういう意味では歴史を改ざんして、自分達の力でやったって言っているわけですね。

でも、そういうやり方も、もう通用しなくなったわけですね。

私は今回の韓国の反応を見ていて笑ってしまったんですが、日本がいわゆる輸出管理を厳格にすると言った途端に、日本製品のボイコットを始めたという事ですね。

ちょっと待ってくれといいたいんですが。

ボイコットするんだったら、フッ化水素もボイコットすればいいじゃないですか。

やっている事はもう支離滅裂ですね。

でも、そういう感情が韓国の多くの国民は理性的だと信じたいんですが、その感情の方が勝っているという状況ですね。

しかし、それを育てて来たといいますか、野放しにしてきたのは、アメリカのディープステート。

野放しにしてきたどころか、それを自分の目的のために活用して来たのが、アメリカのディープステートであり、そのディープステートの乗っかっていたというか、ディープステートの影響下にあった日本の政界なり、財界、あるいは官界であったわけなんですね。

もちろんこの中には、日本のメディアも含まれるんですが。

そういう事で私は、合わせ鏡ではありませんけれども、韓国の現状を見て、我々が今やるべき事は、日本もやはり自立すべきだという事ですね。

ディープステートのディバイド&ルールから、自立すべきなんです。

そのチャンスが、今来ているという風に私は理解すべきだと思います。

そうしなければ、それはお互いに日本だけではなくて、韓国にとっても悲劇なんですね。

で、韓国を未だに擁護している人は、実は韓国をいつまででも日本の乳離れをさせないという役割を事実上補っているわけですね。

でもそういう人達には、そういう認識は全く無いんですよ。

そういう意味ではおめでたい人なんですが。

そういう日本の左翼メディアも、そこの左翼のメディアに出てくる知識人も実はディープステートの意向で動いていたという事が、もう私たち多くの国民には、明らかになったと思いますし、今後もますますそれが明らかになって行くんだという風に思います。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す