香港デモの真相とカジノでマネーロンダリングする手口 香港デモと中国崩壊のカウントダウン ディープステートの偽旗作戦 河添恵子 馬渕睦夫

メディアが報じない香港デモの真相

河添恵子河添恵子

香港のデモなんですが、基本的にもちろん民主化を求めているデモでもあると考えていいわけですけれども、今回は2014年の雨傘革命の時とは全く違います。

まず何が違うかと言いますと、そもそも香港をずっと統治していた、150年統治していたのはイギリスでした。

1997年の6月30日までは、イギリスだったわけです。

そして、ずっとそれ以降、中国は一国二制度という下、それから50年体制を変えないという下、ずっと香港を維持発展させるはずだったわけです。

ところが結局イギリス、元々のその統治していたイギリスも2014年の雨傘革命の時は、キャメロンさんとオズボーンの政権でした。

画像出典:ja.eureporter.co

河添恵子河添恵子

あの2人は究極の中国シンパです。

ですから、ある意味で言ったら改革はうまくいかなかったわけです。

更に言える事はアメリカはオバマさんでした。

画像出典:sputniknews.com

河添恵子河添恵子

もう死に体で何も出来ない状況であったわけです。

ところが今、というのはアメリカはご存知トランプさん。

画像出典:toyokeizai.net

河添恵子河添恵子

それからイギリスは、これから更にトランプさんに近いような人がトップになるイギリスです。

画像出典:courrier.jp

香港とマネーロンダリング

河添恵子河添恵子

それともう一つ重要なのは、香港で中国がこの20数年何をして来たかです。

香港とマカオ、そして広東省、この3つのエリアというのは、3つの関税地区であって、3つの貨幣があって、そして中国共産党はゴミのような人民元をまずマカオに持って行って、そしてカジノでマネーロンダリングをして、そのお金パタカを香港に持って行って香港ドルにして、

そしてその後ドル、そしてユーロといった通貨に変えて行ったわけです。

こういったマネー洗浄の場として、中国共産党がずっと使っていた。

要するに1997年の6月30日までは、イギリスは色んな方法でそのエリアを使っていたわけですが、その美味しい部分、まぁ悪くて美味しい部分を全部覚えてやってしまっているのが中国であると。

とすれば、香港に対して怒っているのは香港住民以外誰ですか?

・・・

イギリスという事になるわけです。

もう一つ違う言い方をしたら、イギリスのシティーであったり、ディープステートである、という事になるわけです。

ですから、今香港は、このデモというのは、香港の民主化だけではなくて、中国の体制を変えるまで続いていく可能性があります。

ところが日本のメディアはまともに報じる事が無いわけです。

もう一つ香港というのはどういう所かと言いますと、一国二制度という事で、自由と民主という括りの中で、存在をしています。

ですから、アメリカも最新鋭の武器であろうが何であろうが、香港には輸出をする事は出来たわけです。

それはどういう事かと言うと、香港が受け取って中国共産党政府に吸い上げられて行ったという状況と、もう一つは香港には今もシェルカンパニー、要するに中身が何にもない北朝鮮のカンパニーがいっぱいあり、そこと中国の江沢民一派ですけど、結託をして、

画像出典:huffingtonpost.jp

河添恵子河添恵子

そして、軍事的なものを吸い上げたり。

更には、マネーロンダリングをして来たわけです。

そういった香港を西洋社会、特にアメリカそしてイギリスはこのまま放置する事は無いというのが結論なわけです。

ですから、そういった中でもちろん民衆を後押しする、まぁMI6(秘密情報部)も入っているでしょうし、CIA(中央情報局)も入っているでしょうし。

あと、香港の牙城というのは江沢民一派の牙城です。

江沢民一派で正確に言うと曽慶紅という方なんですけど。

画像出典:culture.dwnews.com

香港デモとハイブリッド戦争

河添恵子河添恵子

江沢民一派のナンバー2の牙城です。

そこはもうすでにハイブリッド戦争のような状況になっていて。

人民解放軍、それから国家公安部の人達、そういった人が香港人に交ざってデモをやっている状況になっています。

誰がどうなるか分からないけれども、一触即発と言いますか、大きな事故、事件、色んな事が起きてくれば、責任は香港のキャリー・ラムではなくて、

画像出典:albawaba.com

河添恵子河添恵子

北京に行く可能性が高いというのが今の状況です。

河添恵子河添恵子

もちろんそれと同時に台湾はそういった香港の状況を見て何を考えるかと言えば、当然ですが香港にはなりなくない。

画像出典:newsweekjapan.jp

河添恵子河添恵子

要するに一国二制度に組み込まれるのは絶対にNOだという方向に動いているわけです。

そもそもそうなわけですが。

そういった中で、台湾に対してアメリカは最新鋭の武器というものを売る事を、G20の後、その頃に決めました。

22兆ドルかな。

なんかちょっと数字は忘れましたが。

なぜ今まで売らなかったかというのは、一つの大きな理由があります。

まず台湾の軍は、国民党系が多いわけです。

で、中国系の台湾人が多いわけですが、その人たちの一部分は、江沢民一派とくっついています。

河添恵子河添恵子

で、一部分は習近平一派とくっついています。

画像出典:sankei.com

河添恵子河添恵子

で一部分は台湾を愛する愛国者です。

ですから、アメリカ側も誰がどういう所に所属しているか、スパイかどうかというのを見極めて行かなければ、簡単に売ってしまったら、簡単にその日に中国のそのどこかの派閥に漏れてしまうので。

ですから、ずっとためらっていたという風に考えられます。

それがある程度こう棲み分けが出来たから、今そういった最新鋭の武器も売るという事にしたと思えるのと、もう一つは、台湾海峡の有事が相当高い確率で起こる可能性があるという風に今は考えています。

世界はですから、大きなガラガラポンと言っているんですけど、大きな変革期を迎えていると。

そして、私が読んでいるメディアというのは、中国語のメディアで言うと中国の政府が禁じている、だから中国国内では読めない。

そして、ニューヨークにポータルサイトがあるメディア。

それか、あとは台湾、香港にあるメディアを読んでいるんですが、基本的に言えることは、中国共産党内部もグジャグジャです。

いつ誰がこう謀反を起こして、クーデターを起こして逃げちゃったり、何か起こるか分からないという状況であると。

ですから、そういった中国の共産党内部も混乱をして内戦状態であるという事を、トランプ政権はとてもよく解析しているという風に私は見ています。

ですから、馬渕大使ともお話していて、2021年辺りに中国は壊れるのかなという話を本の中でもしているんですが、

香港デモと中国崩壊のカウントダウン

河添恵子河添恵子

もしかすると今年の10月以降はちょっと本当にヤバいかなという感じは…

そうですね、1949年の10月1日に建国していますから、それから考えても非常にこう今年の10月というのも含めて、何か大きな事が起こる可能性もあるし

少なくとも、今の中国共産党政府にとっては、世界から見れば中国共産党を潰す方向に動いているという流れは、私が読んでいる限りのメディアでは間違いがないと見ています。

中国共産党とディープステート

馬渕睦夫馬渕睦夫

仰る通りですよね。

だから今我々がここでもう一度再確認しておきたいのは、アメリカトランプ政権だけではないですけれども、ディープステートも含めてね、アメリカの対中国態度というのは、中国共産党の支配を終わらせるという事なんですね。

これは、日本の、日本だけではないですけど、世界のメディアはなかなか触れる事が出来ないんですが。

その象徴が香港であると。

で、今河添さんが仰ったようにね、香港というのは昔からマネロンの基地だったわけですね。

それはだから、イギリス帝国主義も随分惨いことを実はやって来ているわけですね。

だけどもその広い意味でディープステートにとっては、自分達の中国の利権が、今中国共産党が奪回してしまったという事ですね。

だからこれはもう一回取り戻すと。

それはなぜか言うと、中国共産党政権を作ったのは俺たちだというのがね、ディープステートの自負なんです。

これはこの本の中に詳しく書いてありますが、

馬渕睦夫馬渕睦夫

これはちゃんと公開情報で我々が証明しているわけですね。

だからそういう事はどういうわけか世界のメディアは一言も言えない。

言えないわけなんです。

日本のメディアはもちろん言えないですよね。

だけども今トランプさんがやろうとしているのは、そういう一言で言えばディープステートが作って来た色んな世界の矛盾といいますか、紛争地をこれからそれを正常化するというか、浄化するという事ですね。

私は今月号のWillにもうすぐ出ますが、トランプさんの世界戦略というのは、世界の浄化計画だというのをね、敢えて書いたんです。

というのは、今、北朝鮮がそうでしたね。

北朝鮮も香港と同じように、マネーロンダリングの基地でもあり、麻薬売買の基地でもあり、それから人身売買の基地でもあり、色んなそういう世界の悪の一つの基地だったわけですね。

香港がそうであって、今もそうであるようにね。

ところが、トランプ大統領はまず北朝鮮と和解というか、そういう北朝鮮の地位を改めようとしているわけですね。

画像出典:sankei.com

我々が注意しなければならない事

馬渕睦夫馬渕睦夫

どうも金正恩さんもトランプさんの意図が分かったというか、それに同調しているんじゃないかと、それに応えているんじゃないかというのが私の感じです。

ですから、その北朝鮮を育てて来たディープステートは、今、金正恩を盛んに反日に扇動しているというのが私の見方です。

ですから、我々が注意しなければならないのは、決して今韓国が言っている事が正しい事でもなんでもないんですが、我々が彼らの扇動的な言葉に、同じように感情的に反発してはいけないという事ですね。

それは、ディープステートの意のままという事になってしまうわけですね。

なぜそういう事が言えるかというと、同じことはイランにも言えるわけですね。

イランも、なんか我々はトランプさんがまたイランを叩こうとしているという風にメディアに洗脳されていますけれども、全く違うんですね。

この間、イランのアメリカの無人機が撃墜されましたね。

画像出典:ameblo.jp

イランとの戦争を回避したトランプ大統領

馬渕睦夫馬渕睦夫

それでアメリカは、トランプ大統領はそれに対して報復でイラン攻撃を決めたけれども、2日前に止めたという報道がありましたね。

だから、その理由は何かというと、一時的被害が、相当の人的被害が想定されるから、という事でしたね。

公表された。

しかし、そんな事では一旦決めた攻撃を止める事は無いわけですね。

常識で考えれば、攻撃をすれば人的被害が出るのは当たり前です。

そういうのをシミュレーションしてやる事に決めたわけですからね。

で、実はその真相がひょんな所から分かったんですが、なんとNHKが報じたんですね。

あのNHKがね。

NHKはその意味を知らずに報じた危険があるんですが。

NHKには悪いけれども。

アメリカの元高官がね、軍部の高官が、トランプさんが2日前に止めた理由は、実はあれを撃墜した、撃墜については、イランの指導部が、ハメネイさんとか

画像出典:sputniknews.com

馬渕睦夫馬渕睦夫

ロウハニ大統領が、事前に知らされてなかったからだというのを、

画像出典:newsweekjapan.jp

馬渕睦夫馬渕睦夫

そのアメリカの軍の高官の言葉として報じたんですね。

一回しか報じなかったんですよ、それは。

マズイ事だったんですけどね。

その後、だれもフォローしていないんですが、これはどういう事かという事なんです。

つまり、同じ事が3年前に起こったんです。

3年半前にね、トルコで。

つまりトルコでシリアのIS掃討作戦をやっていたロシアの空軍機が、トルコの空軍機に撃墜された事件がありましたね。

画像出典:livedoor.jp

馬渕睦夫馬渕睦夫

その時はご承知のようにトルコはNATOのメンバーですからね。

方やロシアですからね。

ロシアが、プーチンさんが怒ってトルコを軍事攻撃してたら、それこそNATOとロシアとの全面衝突になっていた危険があったわけです。

画像出典:sputniknews.com

馬渕睦夫馬渕睦夫

ところがそれは、エルドアン大統領が知らされてなかったという事が後で分かった。

半年以上経ちましたけどね、翌年の7月に、それは撃墜事件が起こったのが2015年の11月ですが、翌年の7月に反エルドアンのクーデター未遂事件がありましたね。

その時にその反エルドアン兵士の一人が、実はそのロシア軍機を撃墜したパイロットだったんですよ。

これはどういう事かと言うと、お分かりですね。

ロシアとトルコを軍事衝突させようとして、反エルドアン勢力、反プーチン勢力が起こした謀略なんです。

だから、それはネオコンと言ってもいいんですけどね。

同じ事が今回、同じパターンで起こっているんですよ。

だから、あれでもしトランプ大統領が攻撃していたら、あそこでホルムズ海峡閉鎖とか封鎖とかね、そういう世界に影響を及ぼす大惨事になった危険性があったわけですね。

だからそれを見ましてもね。

それはだから、ハメネイ指導部が知らないうちに、跳ね上がり分子がやったという事ですね。

イスラム革命隊、イラン革命隊のね。

ああいう革命隊の中にも、そのネオコンの勢力が浸透しているんですよね。

こういう事を我々は少し知る必要があるんですね。

こういうを偽旗作戦と言うのですが、いかにもイランがやったように見せかけて、実は違っていたという事ですね。

その偽旗作戦が、これは色んな所で行われておりますから、それは我々、注意しなければならないという風に思います。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す