馬渕睦夫 日本と中国・韓国・北朝鮮・ロシアとの対立を仕組んだ奴らの正体!韓国や中国や北朝鮮に反日の種を撒いた勢力とは?

日本との対立を仕組んだ奴らの正体

水島総水島総

もう一つは、この中にある二元論的なというか、常に分裂をさせて戦わせる。

こういう感覚というのは、非常に今、作られていますよね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

それはね、後でもそういう韓国との関連でも触れることがあるかと思いますけどね、まさに日韓関係というのは、その二元論的な発想によるわけですね。

日本が加害者、韓国が被害者で、これで対立させると。

そういう感じですね。

これは、古い言葉で言えば、分割統治になるんですが。

ずっと日本がね、戦後、結局彼らがそういう環境を敷いたんですけれども。

日本の周りの国はみんなね、日本との紛争を抱えれているわけです。

これは、今のロシア、ソ連もそうでね。

北方領土問題も、これは有名が話で、イギリスが、当時ね、東京のイギリス大使館が本国に意見具申の電報をしているんですよ。

それは一応公開されているんですけど、今はどうなっているのか分からないという不思議な電報なんですけどね。

その時に、日本が放棄する千島列島の範囲をあやふやにしておけと。

そうすると、日本とソ連はね、今はロシアになりますけど。

千島列島の範囲を巡ってね、半ば永久に対立すると。

それが、イギリスなりアメリカにとって利益があるんだと堂々と言っているんですね。

水島総水島総

そうですね。

反日からスタートしている北朝鮮や韓国

馬渕睦夫馬渕睦夫

だから、それが典型的な分割統治なんですが。

だからもう日本は、そういう意味では、戦後、外交力をはく奪された中で、周りの国に全部ね、反日の種を撒かれちゃっているわけですね。

水島総水島総

そうなんですね。

だいたい、北朝鮮も南の韓国も反日でスタートしているというかね。

基本的に日本からの独立とか、植民地支配とかね。

ですから、最初からそういう反日で国是になっているから、対立するのは当たり前ですよね。

いつまで経っても、いくら妥協したってね、対立しますよね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

それはまぁ、GHQと言ってもいいんですが、アメリカのディープステートと言ってもいいんですけどね。

彼らが、そういう風に、例えば韓国の反日感情を煽ったと。

必要以上にね。

で、反日教育をやらせたのもね。

それはもちろん、韓国人の中にもそういう感情はあるにしても、輪をかけてやらしたのは彼らだったという事ですね。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す