瀋陽軍区は中国の新たなマーケットの鍵!世界を発展させるノウハウを持つ日本!馬渕睦夫 水島総

瀋陽軍区は中国の新たなマーケットの鍵

水島総水島総

そうするとね、たぶん私はいわゆる瀋陽軍区と言われるね、旧満州ですよね。

あそこは資源もあるし、それからロシア国境、モンゴル、北朝鮮。

あそこら辺がね、一番いう事を聞いていないって言うんですよね。

習近平の。

そうすると、何か起きた時、おっしゃるように、5つか6つ、もっと言えば、三国志の3国時代のね。

ああいうような形で、分割統治させるっていうのが、それこそこのユダヤ的な発想でもね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

でもありますね。

おっしゃる通りでね、今、瀋陽軍区というか、満州、東三省であっているんですか。

あそこに言及されたことは非常に示唆的でね。

私はね、あそこがね、将来の新しいなんて言うか、中国のマーケットの鍵になると。

で、最近色々と満州について色々な本が出始めましてね。

水島総水島総

そうですね。

世界を発展させるノウハウを持つ日本

馬渕睦夫馬渕睦夫

非常に関心を持っているんですが、とのかくあそこをね、満州をあそこまで持って行ったのは日本なんですよ。

水島総水島総

そうなんですよ。

自分の映画の「南京の真実」2作目もそこをやったんですけどね。

もの凄かったですね。

もし残っていたら、もの凄い発展して、日本を超えるくらいのね、大発展していた可能性がありますね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

だから、それこそね、日本の官僚とか岸さんも含めて行って、

出典:Yahooニュース

水島総水島総

インフラ整備、凄いですよ。

馬渕睦夫馬渕睦夫

あれが出来たというのは素晴らしい事でね。

あじあ号なんて、私も写真だけでしか知りませんけど、たった15年でね、あそこまでやったというのは、これは逆に言えば、日本の力というか、組織力がいかに優れていたかという事ですね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

だから逆に言えばね、ああいう風にして、世界を発展させるだけのノウハウを日本は持っているという事なんですよ。

水島総水島総

そこがこう、今の現実の日本はね、ちょっと情けない感じがするんだけど。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す