今のままなら2030年日本は米中の属国になる!危機意識0!バカにも程がある!藤井聡

日本が米中の属国となる日

藤井聡藤井聡

米中がね、今戦っていますけど、2030年頃になると、アメリカの軍事機関も予想しているんですけど、様々な分析をすると、今はまだアメリカの方が優位に立っているけれども。

基本的に。

30年くらいになって来ると、分からないと。

上島嘉郎上島嘉郎

そうですね。

藤井聡藤井聡

要するに、五分五分になると。

という事は、かなりの確率でアメリカの方が負けて行くとなると。

そうなると、どこで一番最初にアメリカが撤退するかとなると、やっぱり極東なんですよね。

これはやっぱりNATOだとか、中東は中国とあまり関係がありませんから、色々な所ありますけれども。

中国との関係でアメリカが負けて行くとなると、最初に中国が出回って来るのは極東で。

そのメインターゲットは日本なわけで。

日本が欲しいとなった時に、アメリカが引く気になったら、

「そしたら、貿易協定とか自由にしたらいいよ」と。

「日本にちゃんと中国の言う事を聞けって言うとくから」

というダブル支配関係に、2030年頃からなって行くというような危機感を、僕は持っているわけですよ。

これはもう数年前からそういう事は予言されてるし。

例えば、中野剛志さんの『富国と強兵』にもそれは書いてあるし。

藤井聡藤井聡

昨日、伊藤貫さんとね、食事を一緒にして。

対談を雑誌に載せようというので。

で、メインのトークのテーマはそこなんですよね。

これから、日本はアメリカと中国のダブル属国になって行くと。

これをどう阻止するかという事をね。

これね、ほぼね、100%間違いの無い状況です。

今のままだったら。

でもね、この中国副主席会談とかね。

危機感皆無 バカ丸出しの日本政府

藤井聡藤井聡

この記事、王岐山の記事を見ていると、日本国家の中枢に、そういう危機感は、皆無と言っていいですね。

上島嘉郎上島嘉郎

政府関係者のコメントとして載っているのが、安倍総理と王岐山の会談を受けてね、「周氏訪日のキックオフになった」と喜んだという風に記事を書かれている。

今の藤井さんがご指摘になったようなね、そういう危機意識というか緊張感は本当に無いというのがね。

藤井聡藤井聡

バカにも程がある。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す