中国5Gに対抗する6G構想!安倍政権も遂に始動!中国包囲網の構築!渡邉哲也

米中5G覇権争い

今日はですね、5Gのお話をさせて頂きたいと思います。

現在、次世代の通信ネットワーク5Gを巡り、米中の間で一種の経済戦争が起きています。

この5Gというものなのですが、携帯電話には世代があります。

第一世代といのはアナログの携帯電話。

第二世代は、それがデジタル化した携帯電話。

第三世代によって、通信ネットワーク。

いわゆるインターネットなどに接続できるようになり。

第四世代、それが現在のスマホという事になるわけです。

そして、5Gになると何が変わるのかというとですね、携帯電話、スマートフォンの持つ技術などを利用して、自動運転、GPSと連動させて自動運転を出来るようにしたり、

スマートグリッドと呼ばれるような、電力を効率的に使う仕組みを作ったりといった形で、様々なインフラネットワークと携帯電話、いわゆる通信システム。

これがですね、一体化する事になるわけです。

当然、そうなって来ると、これまでの携帯電話に比べて、5Gネットワークが乗っ取られる。

また、5Gネットワークをテロによって破壊されるという事が起きますと、国のインフラ全体が止まるという最悪の事態も招きかねません。

軍事において、通信は戦略の要であり、戦略的優位性を担保するために必要なものという事になります。

米国通信ネットワークからの中国排除

この為、アメリカはアメリカの通信ネットワークから、中国のファーウェイ、ZTEという中国の2社を排除しようとして動いているわけです。

そして、世界各国に対して、5Gネットワークでアメリカを取るのか、それとも中国を取るのか。

ファーウェイを選択するのかしないのかと迫っているというのが現状という事になります。

5Gでファーウェイが優位な理由

現在、5Gのネットワークは3つの陣営に分かれています。

一つがファーウェイ。

そしてもう一つがノキア。

そして、もう一つがエリクソンという陣営に分けれているわけです。

その上で、ファーウェイはこの通信ネットワークから、基地局、そして端末まで一貫生産。

システムとして、一括で管理をします。

それに対して、ノキア、エリクソンは、システムは作りますが、その下にある基地局や通信ネットワーク全体の構築はしていません。

このためファーウェイは、優位に5Gでの展開を進められるわけです。

また、それを全てセットにした形で、ファイナンス、融資まで付けて、新興国に売り込もうとしているわけです。

それに対して、西側の2社に関しては、システムを作るもの。

基地局を作るもの。

ネットワーク全体を作るもの。

という形に、3つのレイヤーに分かれている。

これが、弱さでもあるわけです。

そこで、日本製はポスト5G。

安倍政権が開始する6G構想

5Gの次の世代に向けての動きを開始しました。

日本はこの基幹ネットワークは作っていませんが、

基地局部分や、ネットワーク構築に関しては、非常に優秀な会社が沢山あります。

日本政府は主導する形で、そのような会社をまとめ上げ、風上から風下まで、一括して国家戦略で進めるという事を総理大臣が指示をしたという事が報じられました。

現在、通信のネットワークそのものを作っているのは、キャリアと呼ばれる通信会社になります。

この通信会社が、世界的なアライアンス、手を組んで、通信会社主導で、新しいネットワーク施設を作る。

これを一貫して作るという作業が始まりつつあるわけです。

現在の5G、アメリカはこの5Gのネットワークから中国を排除しようとしています。

この為に、アメリカや、日本政府などは、ポスト5G。

いわゆる6Gという新しい仕組みを作ってしまい、そこから中国を排除する。

分化して、発展させようとしているわけです。

6Gの端末は、また機械は、5Gに接続できますが、5Gは6Gには接続できません。

つまり、西側のシステムは、中国側のシステムに接続できるが、中国のシステムは、西側のシステムに接続出来ないような環境を作ろうとしているわけです。

それを、現在も作る技術を持つ日本が主導する形で出来たらいいのでしょう。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す