沖縄独立を煽る保守を装う佐藤優の正体!沖縄を植民地と侮辱!我那覇真子

佐藤優 沖縄を植民地と侮辱

我那覇真子我那覇真子

佐藤優さんという方、一つだけ紹介させて頂きたいものがあるのですが、よろしいですか?

水島総水島総

いいですよ。

我那覇真子我那覇真子

私もこの方が沖縄以外では、保守として知られている方って聞いたんですけど、本当なんですか?

水島総水島総

まぁ、結構怪しむ人もいますけどね。

篠原章篠原章

一応、保守的で出て来た人ですね。

我那覇真子我那覇真子

ですが、沖縄では恐ろしい事をしている人で。

これは是非、みなさんにお知らせしないといけないと思ったんですけれども。

これがですね、琉球新報で佐藤さんが連載されている記事なんです。

我那覇真子我那覇真子

で、その中でですね、私が正す会を発足して、意見広告を出させて頂いた時に、こういった事を書いたんです。

で、この内容が何かと言いますと、

水島総水島総

ちょっと読んでみてください。

我那覇真子我那覇真子

タイトルが「反知性主義と意見広告 沖縄人は間抜けていない」と。

で、なんて書いているかと言いますと、

「最近、筆者の所に入って来た情報によると、こういう人達が日本の新聞や週刊誌に、沖縄2紙の偏向報道を弾劾するという意見広告の掲載に動き始めている。ただし、意見広告を掲載する代表者には沖縄人を持ってこなくては体裁がつかない」と。

「そこで、沖縄保守のジャンヌダルク言われている人が重宝されることになるということだ」

と書いているんです。

で、最後に、

「どの植民地にも、宗主国の方針に過剰同化する現地人がでてくる」と。

私の事を、この植民地に人間って言っているわけなんですよ。

全くこれは、事実と反していて。

この運動というのは、どこの宗教も政党も企業にも属していなくて、一般の我々が、民間の人達にお願いして、会員になって頂いてやっている運動を、こういう風に書くんですよね。

ですから、この人ほど、沖縄県民をバカにしている人はいないし。

こういう事をして、沖縄問題の専門家みたいにして書くのは、県民としては、到底許される事ではありません。

水島総水島総

私もそう思います。

これね、佐藤優さんは、うちに出た事は無いですね。

出た事が無いというか、優さん、何が反論があるなら、うちで十分言ってもいいですよ。

我々もきちっと、あなたのやっている事を批判しますよ。

という事を言いたいと思います。

これは、沖縄だけの問題ではないです。

こういう人達は、私から言うと、保守を装った形で、やる人は色々いるという事であって。

優さんにも反論の機会をあげなければならないと思うんでね。

必要だったら、言ってください。

うちはいつでも、ウェルカム。

ドアはオープンにされているという事です。

保守を装い沖縄独立を煽る佐藤優の正体

我那覇真子我那覇真子

これは私個人の批判みたいで、私の中で消化できればいいんですけど。

この方は、この連載の中で、琉球独立も煽っているんですよね。

それを、知識が無くて、琉球っていい国なんだったってそのまま騙されてしまって。

琉球独立の流れに勘違いされると、もう恐ろしいお話だと。

水島総水島総

だから、どういう人か、想像して貰えばいいと思います。

保守を装いながら、という事をね。

誰が喜ぶ事をやっているのかという事をね見て頂ければいいと、私は思っていますけど。

でも、反論も必要だったら、いつでもウェルカムです。

2016年1月

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す