憲法違反の小選挙区制をいつまで放置する気なのか?日本の政治家を駄目にした最大の原因!武田邦彦

小選挙区制は憲法違反

科学で見る日本というのを少しやってみようと、また思いましてですね。

第1回目は小選挙区制という事で。

科学的にモノを見るという事はですね、例えば自分の損得とか。

自分の損得は全く考えに入れない。

当たり前です。

科学ですからね。

例えば、私によく

「先生はたばこを吸っていないのに、なんでたばこが害になるとか、ならないとか言うんですか」

というのは、これは普通の人の感情なんですが、科学的というのは、自分がたばこを吸っているのとは無関係。

たばこの害がどうかというのは無関係という感じですね。

ですから、なかなかいいんじゃないかと思って、小選挙区制というのをやります。

まず私は、科学的に見た場合の小選挙区制。

現在の場合の小選挙区制度ですね。

これは、憲法違反だと思うんです。

これは、はっきりしている。

科学的にははっきりしている。

なぜかって言うと、憲法には、『国民は代議士を選ぶ権利を有する』と書いてある。

要するに人を選ぶ。

党を選ぶのではなくて人を選ぶ。

もっと厳しく言えば、憲法にはどこにも党なんて書いていない。

党というのは、国民が選んだ代議士が、国会で活動したり、普段の活動をするのに便利だからグループを作る、というだけの事で。

党があって、議員がいるわけではないです。

全く無意味な党議拘束

議員というのは、国民の信託を受けてやるのが最初ですから。

党議拘束なんていうのはですね、全く無意味なもので。

議員が国民の代表者ですから。

国民の代表者という人をですね、党議拘束なんていうので、勝手に党がやるわけにはいかない。

国民の投票権を奪う小選挙区制

まず第一に、現在の小選挙区制はですね、どこでもそうですけど、私の選挙区もそうですが。

自民党が一人と、その他に野党がですね,いっぱいいますけれども。

野党がいっぱいいる意味がよく分かりませんが。

野党の中で、一つか二つくらいしか立っていないんですよ。

だいたい、一選挙区当たり3人とか4人とかしか立っていないんですね。

党の数というのは10個くらいあるわけですから。

党を選ぶわけにもいかないし、自民党だと一人ですからね。

まぁ、僕なんか投票をしたくない人になる事があるんですよ。

そうなると、もうどうしたらいいか分からないですね。

つまり、国民の投票権を奪っているのが小選挙区制ですから。

もちろん、憲法違反として、誰かが法律かなんかの人がですね、裁判に訴えるというのが正しいのですが、日本の裁判というのは、全部国寄りですから。

訴えても駄目だと思うんですけどね。

だけれどもまぁ、筋はそうだという事になります。

政治家の劣化で分かる小選挙区制の失敗

それからもう一つは、実績から言ってですね、現在の国会が酷い状態であるというのは、誰もが認める所ですね。

自民党も一応駄目なんですが。

一応駄目といのは、まぁ、まともだったんですけれども、この頃は非常に駄目になった。

だいたい、自民党に人から政策の演説を聞く事もない、という事ですからね。

みんな、政局というか、誰がこういったとか、ああいったとか。

小泉進次郎がセクシーと言ったとか。

そんな事ばっかりが流れて来てですね、もう話にならないと。

日本というのは、やっぱり外交にしても、政策にしてもですね、経済にしても、教育とか。

そういう事で、もの凄いやる事があるにも関わらず、3年間も4年間も、全く機能していないわけですから。

小選挙区制の誤りは、現在の政治家の劣化で分かりますね。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す