憲法違反の小選挙区制をいつまで放置する気なのか?日本の政治家を駄目にした最大の原因!武田邦彦

日本の事なんてこれっぽっちも考えていない今の政治家

これはもう一つ、選挙に出る時に、小選挙区制でその地域で一人しか出れないと、地盤とか看板とか親とかですね、そういうのがもの凄く強力で。

それを打ち破る事は、新人では出来ないわけですね。

だから、せめて中選挙区制。

出来ればもう最近はですね、通信も非常に発達して、情報も発達しておりますから。

出来れば、中選挙区制と大選挙区制の間ぐらいですね。

全国一区というのはちょっとやり過ぎなんですが、せめて一県一区。

一県一区に近づくくらいの選挙区を作ると。

これは、現在の政治家では無理だと思います。

現在の政治家は、日本の事なんて考えていないですからね。

今の政治家は、小選挙区制で安泰している政治家ですから。

小選挙区制で、選出が安泰している政治家が、小選挙区制を改善しようと思うはずがないと。

だから、ここは非常に改革が難しいとは思いますが。

しかし、私たちは、なんといっても、憲法に基づいてやるわけですから。

まぁ、突破口としては、やっぱり裁判が。

何回も、何回も、裁判をやるんでしょうね。

それで、小選挙区制では選べないと。

人を選べないと。

という事をですね、ずっと言い続けるという事が、この改革の元になるのではないかと思います。

多くの人がですね、既に小選挙区制は非常に欠陥があると。

元々ですね、小選挙区制に移った時に、議論があんまり無いんですよ。

日本の問題はですね、常にあまり議論しないで、みんなで感覚的に「いいよ、いいよ」と言って。

で、後になって「なんか変だったね」となる事が多いんですよ。

これもその一つなんで。

改めるにはばかる事なかれ。

という事でですね、一つ小選挙区制を変える力が必要だと。

なんの期待も出来ない日本のマスコミ

これは、マスコミは絶対に期待出来ませんね。

もちろんNHKなんて、なんの期待も出来ないので。

NHKが『小選挙区制の問題点』なんていう大々的な番組を組むなんていう可能性はありません。

なぜ可能性がないかというと、NHKは国民から受信料を貰っているのですが、予算を承認するのは議員ですからね。

ですから、結局、政治家の方を見てしまっていて。

国民皆さんのNHK、っていうけど実は違って。

政府のNHKになっちゃうわけですね。

これは、NHKを作った人が、非常にうまい方法で作った、という事になりますね。

宣伝会社と芸能事務所に支配された民間放送

じゃあ民放はどうかというと、民放はゴールデンタイムは殆ど大きな宣伝会社、広告会社と、それから芸能事務所が支配しておりますから、そこから脱せられないという事で。

現在の日本はですね、相当な、何重苦にも取り囲まれている。

これを覆す手段としては、こういう時は、やっぱり暴動なんですけどね。

香港の暴動みたいな。

ああいうものがですね。

政治家も言う事を聞いてくれない。

マスコミも駄目だと。

じゃあ、俺たちが出て行ってやろうじゃないかと。

という事が、社会のもう一つの手なんですね。

本当はですね、私みたいな文筆家から言えばですね、「ペンは剣よりも強し」というという事で、ネットを使って大いに小選挙区制の問題点を全員が言ってですね。

そして、政府に変更を迫ると。

こういうのがですね、たぶん動以外の方法としては、存在するんじゃないかという風に思います。

いずれにしても、この政治の閉塞状態のほぼ主たる原因が、小選挙区制にあるという事は間違いがないので。

まずは、小選挙区制から、政治改革をして行かなければならない。

だいぶ遠い道筋ですけれども、そうしないと我々日本人は、日本がどんどんどんどん駄目になって行くばかり、だという事だと思います。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す