【仕事のイライラ解消法】イライラの原因とイライラを抑え解消する10の秘訣

イライラを解消する10の秘訣

心穏やかに暮らしたい…

そう願っていたとしても、人と接する機会が多いと、何かとイライラしてしまうことも多いものですよね。

テレビを見ても、年金が無くなるだの、二極化が進んで貧民層が増えるだの、聞きたくもない情報を、強制的に見させられる状況に、知らず知らず、ストレスが蓄積されてしまっているものです。

とはいえ、社会人にもなれば、イライラするたびに喧嘩していたのでは、きりがありませんよね。

大人にとって、イライラと上手く付き合っていくスキルは必須です。

そこで本日は、イライラが起こる原因と、そのイライラを抑え、解消する方法を、ご紹介させて頂きます。

イライラが起こる原因

イライラというのは、自分の思い通りにならないときに発生してしまう感情です。

理想と現実のギャップが大きければ大きいほど、イライラという感情も発生してしまいがちです。

そのため、理想が高ければ高いほど、イライラしてしまうことが多いということになりますね。

例えば、「年下は年上に対して敬語を使うべきだ。」と考えている人が、年上にタメ口で話す若者を見ると、イライラしてしまうといった感じです。

他にも、「ポイ捨てはするべきではない。」と考えている人が、歩きタバコをして、その場にポイ捨てをする現場に遭遇すると、イライラしてしまうというわけです。

イライラを抑える方法

きっちりとした真面目な方ほど、イライラしてしまう機会は多いものです。

ですが、イライラするたびに感情を爆発させると、喧嘩の絶えない生活となってしまいます。

そのため、イライラしをうまく抑える方法を、学んでおくこと必要があります。

1.深呼吸をする

イライラしたと思ったら、まずは深呼吸を意識するのも効果的です。

イライラしてしまうと、心拍数が高まり、呼吸が浅く、早くなって来ます。

ゆっくりと深く深呼吸を行うことで、心拍数の高まりを抑えられ、それとともに、徐々にイライラした気持ちが静まってくるのを感じるはずです。

2.イライラすることのデメリットを考える

イライラしてしまった時は、それにともなうデメリットを考えるの事も効果的です。

すぐにイライラするような人間は、同姓にも異性にも嫌われてしまうものです。

他にも、イライラすることによって胃潰瘍になってしまったり、肌荒れしたり、頭が禿げてしまうかもしれません。

デメリットを色々と考えているうちに、イライラしていることがバカらしく思え、心は自然と落ち着いてくるものです。

3.価値観を認める

あなたに理想があるように、相手にも理想があることを理解することで、イライラを抑える事が出来ます。

人それぞれ色々な価値観があるということを認めるという事ですね。

あいての価値観を認めることが出来ないと、揉め事が絶えることはありません。

イスラム教徒とキリスト教徒なども、年から年中喧嘩ばっかしてますよね。

育った環境や、受けた教育によって、価値観は変わってしまうものです。

価値観の違いにいちいちイライラしていたら、人付き合いは出来ません。

相手によって、色々な考え方や価値観があることを認める事で、イライラする機会が減ってきます。

4.人混みをなるべく避ける

多くの人とか関われば関わるほど、イライラする機会も増えてしまうものです。

そのため、イライラしたくないと思うのであれば、極力人混みを避けることも一つの方法といえるでしょう。

田舎などに旅行にいくと、イライラから開放されるのは、人が少ないということも大きな要因であるといえますね。

5.無関心になる

全くおすすめ出来る方法ではありませんが、イライラしないためには、相手に無関心になるというのも一つの方法です。

東京など大都会に住んでいる人は、無意識にこの方法を取っている場合があります。

人は、あまりにも多くの人に囲まれると、イライラを抑える許容量を超えてしまいがちです。

そのため、他人に無関心になることで、イライラしないように、本能的に行っているのでしょう。

とはいえ、この方法では、本質的な問題解決には繋がりません。

6.完璧を求めない

他人だけではなく、自分に対してイライラしてしまう場合もあります。

自分に対する理想が高過ぎると、現実とのギャップで、イライラしてしまいがちです。

そのため、他人だけではなく自分に対する理想を下げることも、イライラを抑えるうえで効果的です。

完璧主義になってしまうと、理想と現実の差が大きすぎるため、イライラしてしまう場面が多くなってしまいます。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントは受け付けていません。