大切な就職面接や試験で緊張して失敗しない究極の方法!武井壮

思った事を緊張で言う事が出来ない

22歳の女性の方から質問を頂きました。

日本大学、文理学部4年生で教育関係を志望との事なんですけれども。

文理学部ね、世田谷の桜上水、下高井戸にある学舎ですけれでも、僕、その辺りに住んでいた事がありまして。

陸上グランドがあるんですけれども、そこで、学生時代トレーニングをしていたのを、凄い懐かしく思い出しますね。

では、質問に戻りまして…

私の悩みは、思ったことをなかなか全て言い切れない事です。

事前のシミュレーションでは、準備を整えているのですが、いざ本番になると、頭の中が急に真っ白になり、それをうまく出す事が出来ません。

緊張しすぎてしまっています。

武井さんは、緊張する事がありますか?

それを、どうやって乗り越えていますか?

緊張を乗り越える方法

という事なんですけれども…

武井壮はね、そうね、緊張は、そうですね、あんまりしないっすね。

ラジオなどで話したりする時も、緊張はほぼゼロですし。

テレビの番組でも、「緊張して、あぁ、もうダメだ、しゃべらない…」といった事は、まず無いですね。

今までも、殆ど無かったと思いますけれども、まぁ、馴れもあるんでね、それは。

ここ3年間、毎日、3本から5本ずつくらい、色んなラジオからテレビから出続けていますから、ぶっちゃけもう、何千本とやってますからね。

慣れっちゃってるのもあるんですけど。

話したいことが全然出てこない

これね、あの、僕も未だにね、頭の中に持っている話したい事とかが、全然出てこない事はあります。

特に、なんだろうな、すぽるととかね、スポーツの番組やってますけど、あと、スッキリとかね、コメンテーターをやらして貰ったりとかしてますけど。

何か番組の流れて、やっぱりコメントをするっていうときに、いいたい事っていくつか頭の中に浮かぶんですけれども、それをキレイに並べて出そうとすればするほど、出てこないんですよ。

それはね、あの、なんて言ったらいいんすかねぇ、会話してないんですよね、その時って。

人間って、意外とね、自分でいい事を言おうとしたりですね、綺麗に言葉を並べようとすると、話が出てこないんですよ。

それに全部詰め込もうとすると、1つのところが膨らみすぎちゃったりとか、上手く出てこない。

僕も、凄い今それに悩んでいまして。

哀川翔さんのセリフを覚える秘訣

だけど、気を付けているのは、僕、俳優さんに言われた事があるんですけれども、これは哀川翔さんなんですけど、哀川翔さんに、

「セリフとかって、どうやって覚えているんですか?」

って質問したら、

「まぁ、それはサラッとだよ」

「一応覚えはするけど…」

とか言われたので、

「でもそれは、相手のセリフとかもあるから、全部覚えななきゃいけないんですよね」

っていう風に聞いて、

「セリフ覚えって、どうしたらいいんですか?」

って聞いたら、

「セリフ覚えは、そりゃあ限界があるから、演技するときは聞くんだよ、とりあえず相手の話を」

って言って、

「聞けば、出てくっから」

「だから、セリフって言うのは、舞台みたいに、あれを言ったら、僕はこれを言わなければいけない、とか思っていると出てこない」

っていうんですよね。

あぁ、確かにそうだなって思って。

僕、それから、演技の仕事を頂く事があるんですけれども、ドラマとかね、それを意識し出したら、出てくるんですよ、スルスルーって、言葉が。

頭の中をあえて真っ白にしておく

それ以来、僕、その、スポーツ番組とかニュース番組とか色々やってんすけど、その時も、自分の頭の中にあることを、「こう言おう、こう言おう」と思ってると、全然出てこないんです。

ですが、とにかく、司会の人だったりとか、今話している人の話を聞いておくようにしてるんですよ。

自分の頭の中が、真っ白になっちゃうって言ってますけど、真っ白にしておくんですよ。

それで、相手の話を自分の頭の中に書き込んで、入れていくようにする。

だって、普段話をしている時もそうじゃないですか。

相手が話している時なんて、ぶっちゃけ「へぇ、そうなんだ~」なんて聞きながら、でも、自然にポンって浮かんでくるじゃないですか、会話なんて。

まぁ、それと同じなんですけど、面接とか言われちゃうと、自分が話してるんだ、っていう気持ちになっちゃうんですね、意外とね。

なんだろうな。

でも、これは、うまく出来るようになる練習法はあると思ってて、とにかく話を聞く事というのは、当然の当たり前の会話だから。

まぁ、でも、面接でね、

「じゃあ、左の方からお答えください」

なんて、会話じゃなくなる時もあるから、これに多分困ってるんだと思うんですけど。

試験の本番で失敗しないための練習方法

でも、そういう時って、僕はですけど、基本、落語をするようにしていまして。

とにかく、普段のトークをね、僕がバラエティーで使うネタだったりとか、エピソードトークにしても、全部、僕が僕に話しかけて、トークするようにしてるんですよ。

だから、例えば、友達と遊んだり、後輩と遊んだりして、僕らってね、芸人さんとかとよく遊んだりして、芸人さん達もみんなそうですけど、後輩たち連れて歩いて、ご飯食べに行ったりとか、旅行に行ったりする。

そして、そこで起きたエピソードみたいなものを、エピソードトークで話したり、街で出会った人とのエピソードを面白く話したりするっていうのが、結構、お仕事の中の1/3位をしめていたりするんですよね。

それを、うまくやろうとして、「うまく話したい、自分で全部うまく話したい」と思うと、意外とうまくいかないんですよ。

で、途中でね、周りにいる人が、ポンと話を挟んできちゃったりする事もあるんで、自分が話したい流れじゃなくなっちゃく事もあるんですよ。

これって凄く、本番の時にやられると、困るんだけど、どうするかっていうと、1人で落語をするんですよ。

全部自分に話しかけて、その話をするようにしてんすよ。

それを、何パターンも、何パターンも練習してるんですけど。

例えば、分かんないですけど、

「最近、何か面白い事ありました?」

とかって、無茶な感じで聞かれたりするんすよ。

「いやぁ、まぁ、そうっすねぇ」

「こないだね、友達と一緒にね、公園に行ったんですよ」

なんて言うと

「公園?えっ、どこのですか?」

みたいな。

公園に行ったその先を話したいのに、どこに行ったのか、とか聞かれたりするんすよ。

「まぁ、井之頭公園なんですけど」

とかって答えると、

「井之頭ってどっち園ですか?」

とか言う。

どっち園かって聞くって事は、その人は、井之頭公園に、西園とか東園がある事を知ってんすよ。

だから聞いてくるんですけど。

で、その人は、それに関するエピソードを持ってたりするから。

そうやって、ちょっと対応に困るような質問をしてきたりするんですよね。

なんかそれを自分で、いろいろ、練習しておくんですよね。

そうしたら、質問をする時には、自分が答える事をもう考えていて、それで、自分が答えている時には、既に次の質問を、もう別人格で考えているんですね。

これってもう、トークの倍速モードなんで、自分で両方の人格をやっているから。

これをやっておくと、他人との会話が、もう、スローモーションなんですよ。

だからもう、話をしている間に、凄く次の質問もなんか読めるし、質問して貰っている間に、自分の答えをもう作り出したりする事が出来てるんすね。

マラソンの練習をするのに、倍のスピードで走って練習しているみたいな。

そんな感覚なんで、鍛えられるんですよ、トークがね。

失敗する面接の特徴

とにかくね、自分の中で言いたい事を整理して、セリフのように覚えて面接に行くだけだと、絶対失敗すると思いますね。

だから、出来れば面接官に自分がなって、自分に質問をしつつ、それに答えつつ、その答えてる途中で、ここなんか質問出来そうだなと思ったら、そこに質問を挟んでみたりして。

それに対して、考えてもみなかったような答えを、自分で答えてみたりするのをね。

まぁ、シミュレーション、ただただシミュレーションするだけじゃなく、ご自身でやってみたらいかがかなと思います。

僕はこれで、結構、本番に救われている事もありますし。

特に僕、会話を聞きながらのトークショーをやってるんで、他の人が話している時も、自分の言いたい事を考えているんじゃなくて、その人の話を聞いてるんで。

その間にね、うまい事、入って行けたりもするんですよ。

「いやね、そこって、こうこう、こうじゃないですか」

なんて、入って行けたりもするんで。

そうしたら、僕が喋っている事が、後で笑いに繋がったりすると、僕が喋っている所は絶対にテレビ画面に映りますし。

そうやってね、映る時間を取り合っているのが、僕らの仕事ですから。

でも邪魔しないように、スムーズに話が進むように、いつも心がけて、1人で笑顔でトークを終えられる練習をしております。

ね、こんなのってね、なかなか難しい事かもしれないですけど。

言いたい事を、いつでもいう気構え、みたいなのを持っちゃうとあれですけど、聞かれたことに、いつでも、自分なりの答えを出せる練習は、しておくっていうのが、いいんじゃないのかなと思うんですけどね。

面接も結局はコミュニケーション

とにかく、会話をしましょうっていう。

コミュニケーションですからね。

そういうのが出来てきたら、多分、緊張が無くなっていくと思うんですよね。

なんか、僕はそういう感じで、フリートーク、芸能界でトークをやり過ごしていますけれども。

同じ話をする事って殆どないんで、我々の業界。

その引き出しがどんどんどんどん増えていく感覚を、僕は番組で頂いていますけどね。

面接とかしょっちゅうあると思うんで、それを、毎回毎回、「今回あんな質問されて詰まっちゃったけど、あんな話出てきたら、ラッキー」なんて、思っておくくらいでいんじゃないですかね。

そこで出来なかった事は、自分の中には無い能力だって事なんで、そこを後悔したってしょうがないですから。

そしたら、それ以降、「あの話出来なかったどうしよう」「じゃあ、もう一回家であの話をしてみよう」といって、会話で作り上げたその話というのは、次はスムーズに出てくると思いますから。

次の面接には、よりいい状態で、臨めるのではないかと思いますけど。

まぁ、とにかく、気楽に頑張ってみてください。

こんな事しか言えないんですけど…

参考図書:勝つ人 13人のアスリートたち  
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

この話が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す