枝野幸男が騙して福島がん患者17.5倍の現実!遂にバレた原発事故の後遺症!武田邦彦

8年経って分かった福島原発事故の後遺症

福島原発事故が起こりまして、その時に民主党政権がですね、十分に、日本国民の命を守らなったわけですね。

それで、被ばく量が、1年、1ミリシーベルトと決まっているのに、直ちに影響はないと、当時の官房長官、現在の立憲民主党の枝野幸男党首が、言ったりしましてね、本来であれば、必死になって被爆を抑えなければいけないのに、やらなかった。

それから、まぁ、7年とか8年が経ちまして、ようやくですね、この頃、福島原発事故でどういう病気が発生してきたかというデータが、少しずつ、きちっとした人から出るようになりました。

まだ、相変わらずテレビ、NHKなんかは、NHKだけを非難するというのは、少し私も気が進んでいないのですが、それでも、受信料を国民が払っている訳ですから、やはり国民の方に目を向けて欲しいというのがあるのですが、報道されておりません。

原発事故近くの病院の患者数

ここに示したデータはですね、思想に関係なく、ある原発事故の近くの病院のですね、患者数をただ示した、細かいグラフがありましたものですから、それから私が整理したものです。

2010年、事故の前にその病院に来た患者の数と、2017年、去年の患者さんの数を示しました。

かつて、この病院がある場所は、2010年の時の人口が70878人だったのですが、原発事故の影響で、現在の人口が55404人しかおられないので、人口によって患者数が比例して変わると考えて、一番右の人口補正倍率というものをですね、私が掛けて計算をしました。

被爆に関係する癌は17.5倍に

これを見ますと、まず被爆に関係するような癌ですね。

成人白血病、成人甲状腺がん、といいったもの。

成人白血病が事故の前は5名だった患者が、昨年2017年は53名。

倍率が10.6倍、人口補正倍率13.6倍。

成人甲状腺がんが、事故の前は1名だった患者が、昨年2017年は29名。

倍率29倍、人口補正倍率37.1倍になります。

それで、被爆がんの合計が、事故前の2010年が6名、昨年2017年が82名。

倍率13.7倍、人口補正倍率17.5倍になっています。

それから、がんではあるんですけれども、被爆によって急激に増える癌ではないと言われている、胃がん、肺がん、大腸がん、肝臓がん、小児がんといった重要ながんですね、致命的ながんですが、これが合計して事故の前の2010年で355名ですね。

それが事故後2017年だと1045名。

もちろん、被爆によるがんの発生の倍率よりかは倍率が少ないのですが、それでも倍率2.9倍、人口補正倍率でしたら3.8倍、約4倍になっているというわけですね。

それから他の重要な病気ですね、心筋梗塞、肺炎、脳卒中、こういったがん以外の重要な病気の合計を見ますと、事故前の2010年が949名、事故後の2017年が3472名、比率にして3.7倍、人口補正倍率4.7倍という風になりました。

こういった病気を全部合計しますと、事故前の2010年に、風邪やお腹が痛いといった病気ではない重要な病気で来院された患者さんの数が、1310名。

対して、事故後の2017年が4599名、倍率で3.5倍、人口補正倍率4.5倍というような事なんですね。

福島原発事故の被爆の影響

まぁ、これをご覧になって、データを見て、色んな人が色んな風に思うと思うのですが、まずはまぁ、傾向ですね。

成人白血病や成人甲状腺がんという被爆によって発生するがんが、特に多くなって、人口補正倍率では、17.5倍にも及んでいると。

それから、一般的ながんとか、心筋梗塞とかの病気ですね、その他の病気が、4倍、4.7倍くらいになっておりまして、それを合計すると、4倍、4.5倍になっていると。

全体を平均しますと、大体5倍くらいになっているということですね。

もちろん、事故の後大変な生活をしておられたわけですから、それによる体調不良という事もあるでしょうけれども、全体の傾向を見ますと、被爆がんが多いなどの事も加味しますとね、これはやっぱり、福島原発事故による被爆の影響というのが、非常に大きいと思いますね。

がん患者急増による医者の疲弊

この病院のこういった記録が手に入ったのはですね、この病院は今の医師ではやっていけないって言っているんですよ、数が。

疲労困憊しちゃって。

それはあの、この病院は一年間こういった主な重要な病気だけで、1310名の患者さんを見ておられたのが、その5倍くらいの患者さんを、見なきゃいけないわけですから。

もちろん、これ以外に、体調の不良を訴えるという人は、多いでしょうからね。

ですから、まぁ、それにですね、かつてですね、7万人の人口に対して、1310人、大体60人に1人くらいがこういった病気にかかっておられた地域が、5万5千人の人口に対して、4599人、まぁ、非常に簡単に言うと、10人に1人くらいの人がですね、こういった重要な病気になっているという事なんですね。

60人に1人というのは、まぁ、普通の状態なんですが、いくらなんでも、10人に1人がですね、がんとか脳卒中とか心筋梗塞になるというのは、ちょっと異常なんですよね。

ですから、まぁ、このお医者さんは非常に良心的で、こういった病気が福島原発事故の被爆であると言っておられるわけではなくて、こんなに患者さんが急増したと。

このお医者さんは、実は、2010年から2017年の間の、2012年とか2013年とか、毎年の記録も公表されておられます。

少しずつ、少しずつ、増えているんですね。

福島原発事故の影響の真実が見えない理由

まぁ、この前も、甲状腺がんの福島の状態を示しました。

ですが、こういったデータが難しいのはですね、日本の今の病気の一つなのですが、思想が優先してしまうんですね。

私は、科学でやっていると言っているんですね、科学で。

政治の問題でも、歴史の問題でも、こういった病気の問題でも、全て科学でやっている。

科学というのはどういうのかと言いますと、対象物が、政治であるとか経済であるとか病気であるとか物理的なもの、というのではなくて、まず事実からスタートすると。

思想は入れないという事が、非常に重要なわけですね。

思想又は感情に基づかない事ですね。

これが、科学なんだと。

ところがですね、原発事故なんていうのは難しいんですよ。

何しろですね、原発賛成派からのデータは、殆ど何も起こっていないというデータなんですね。

一方ね、原発反対派のデータは、また極端にですね、非常に酷いがんの人みたいなのが出てくるんですよ。

で、タバコもまぁ、同じなんですね。

タバコを吸ったらこんなになるという写真を見られたこともあると思うんですけれども、もう凄い危険みたいな写真があるんですね。

あれはまぁ、嘘なんですけども。

で、ダイオキシンの時もそうでしたね。

ベトナムのベトちゃんドクちゃんという、可哀そうに、体が繋がった子供が出てきました。

あれも、ダイオキシンが原因ではないんですね。

だから、こういった社会的に感情的になった事件のデータというのは、本当に難しいんですよ。

僕の場合は、実は、そういうデータは除いてあるんですね。

除かないとですね、事実が見えないんですよ。

社会的に注目を浴びた事というのは、常に感情と思想が最初に来るものですから、どうしても、それを除くのが大変なんですね。

で、本当に真面目な方もおられるんだけれども、真面目な方でも、思想の入っている方は、違うんですね。

武田には意図がある?

だから、私が言っている事の解釈ですら、

「武田にはこういう意図がある」

なんて言っているんですけれども、僕は意図で、整理しているわけでは無いんですね。

その点で、まずこのデータを示し、またもう一段深く、これからどうするかという事を考えるのは、別の機会にしたいと思います。

参考図書:新聞・テレビは「データ」でウソをつく  
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

このサイトが気に入ったら
いいね!してね!

Twitter で