【ニュース NHK】大橋巨泉の消された最後のお願い!大橋巨泉の遺言が隠蔽された理由!武田邦彦

TVが報じない大橋巨泉 最後のお願い

テレビタレントで活躍し、がんで闘病中だったら大橋巨泉さんが、2016年7月12日、急性呼吸不全のため死去していた事が分かりました。

82歳でした。

巨泉さんは、早稲田大学在学中から、当時ブームだったモダンジャズコンサートの司会者として活躍。

大学時代は俳人としても活躍し、芸名は当時の俳号から取ったものです。

大学中退後、ジャズ評論家や放送作家を経て、テレビ司会者に転身。

軽妙な弁舌と話芸で人気を集め、「はっぱふみふみ」などの流行語も生みました。

大橋巨泉の功績

えーっとですね、大橋巨泉さんはですね、若い人は、大橋巨泉って誰っていう事でしょうけど。

我々のテレビの全盛時代ですね、前田武彦さんとかと、テレビのバラエティー化には、大きな貢献をした人ですね。

いい悪いは別にして、大橋巨泉さんとか、報道ステーションの久米宏さんとか、テレビのある時期を作った人ですね。

そういう人たちの一人でして、大変にご冥福をお祈りしますが。

後半は、テレビも国会議員もお辞めになって、海外でご生活されていた、という事でありますね。

大橋巨泉さんは、参議院議員に出ましてね、当選されまして、丁度2001年、アメリカの9.11テロで、国会議員はアメリカ支持の決議案を出します。

この国会でですね、大橋巨泉さんは、1人だけ反対票を投じました。

比例代表制は憲法違反

それでね、思想は、右から左からありますから、その人の思想で結構ですけれども、僕は絶対、テロはアメリカが悪いという、そういう考えなんですが、それと同じようにですね、それが国会議員の中で、大橋巨泉さんただ一人だったと。

これがこじれて、後で、民主党を半年で辞める事になりますが、しかしね、民主党を辞めなければいけないという事自体が問題ですよ。

というのは、我々は憲法によって、議員を選ぶわけで、大橋巨泉さんという議員を選んでいるわけですから。

だから、議員を選んだのに、民主党が、

「お前は、アメリカの支持をしないなんて、けしからんじゃないか」

といって、こじれて除名だなんだと言ってね、半年で辞めたんですね。

当選は、おそらく比例だと思いますね。

比例だから議員じゃないと言うのなら、比例制度は憲法違反ですよ。

そりゃあそうでしょ?

「比例で投票したんだから、私は大橋巨泉に投票したんじゃない」

って言うんだったら、憲法にはどう書いてあるのかと言ったら、

「選挙で議員を選びなさい」

って書いてあるわけだからね。

僕は、もちろん、比例区は、憲法違反だと思っていますけどね。

でも今、実際にやっていますから、当選した議員は、比例であれなんであれ、我々がその議員を代表として国会に送ったという事になるわけですね。

隠蔽された大橋巨泉の最期の遺言

大橋巨泉さんが最後に残した文章

今のボクにはこれ以上の体力も気力もありません。だが今も恐ろしい事や情けない事、恥知らずな事が連日報道されている。書きたい事や言いたい事は山ほどあるのだが、許して下さい。しかしこのままでは死んでも死にきれないので、最後の遺言として一つだけは書いておきたい。安倍晋三の野望は恐ろしいものです。選挙民をナメている安倍晋三に一泡吹かせて下さい。7月の参院選挙、野党に投票して下さい。最後のお願いです。

引用:巨泉の安倍政権への怒りを未亡人が激白

こういう文章を最後に残して、お亡くなりになりました。

マスコミの一番大きな問題点

これについては、2つコメントがあります。

1つはですね、日本のマスコミは、これを全く報道しなかった。

自主規制で。

それは、政府に反する文章は出せない、という事ですね。

NHKの籾井会長が言ったように、政府が左と言えば左、右と言えば右。

だから、

「安倍さんに一泡吹かせたいから、野党に投票してください」

という事は、絶対に放送しません。

というのが、今のマスコミの一番大きな問題点だと思いますね。

マスコミは、批判的でやや飛躍的であることによって存在価値があるわけですから、話になりません。

現代人が感じる違和感

もう1つには、この文章を読んで、現在の人たちは違和感を感じると思うんですね。

「安倍晋三の野望は恐ろしいものです」

こういう文章は今ね、テレビに出る事は無いですよ。

「選挙民をナメている安倍晋三」

という文章にね、

「えっ、安倍晋三って、首相じゃないの?」

「首相にこんな事言っていいの?」

つまり、三菱自動車なんかも、僕は同じだと思うんですけど、「なぁなぁで行こうや」とね。

他人の意見が自分の意見と違うと、激しくバッシングして潰してしまう。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す