国民を嘘で苦しめる味方面したインテリの正体!国民に800万円政府はいつ返す気なのか?武田邦彦

日曜朝の反日番組

ある方から、テレビであるコメンテーターかMCかがですね、日本は1000兆円の借金があると。

子供一人あたり800万円の借金がある、子供につけをまわすなというような話をしていたそうで、その方は内容をご存知の方ですので、大変お怒りになっておりましたが。

番組の内容からはですね、いわゆるインテリ、リベラルの人、どちらも殆ど一緒なんですけれども、その人たちが庶民を痛めつける番組なんですね。

体裁はそうではなくて、庶民のための番組のように装っているわけですね。

政府が国民に返さなければならない借金

この場合は、政府の借金を国民の借金であるかのように180度逆の事を言っているんですね。

政府は1000兆円の借金があります。

その借金のお金を出しているのは国民なんですね。

ですから、国民が政府のお金を貸していて、政府は国民から借金をしているわけですから、日本国が1000兆円の借金をしているわけではないんですね。

日本国には全く借金は無い

日本国は外国に対して350兆円の貸し越し、つまりお金を貸しているわけですね。

借金をしているわけではなくて。

債権というのですけれども、外国に対して日本は貸し金があるわけです。

ですから、日本国は全く借金はありません。

むしろ、外国に対して350兆円もの債権があるわけですね。

日本政府は、国民から1000兆円お金を借りているわけです。

ですから、日本国が借金があるという言い方は間違いですね。

国というのはもちろん政府だけではないので、政府やら国民やら企業やら、いっぱいあって国を成しているわけですから。

政府の事を国という事自身が、間違っている事なんですけど。

子供に借金のツケを残すの嘘

子供にツケをまわすのではなくて、子供に貯金を残しているんですね。

政府は私たちの子供に、一人当たり800万円の借金を、政府が子供に渡さなければなりませんので。

子供にツケをまわすなんて話は、180度間違っている話なんですね。

にもかかわらず、なぜこういう事を、テレビとかですね、あなたもそくご存知の日曜日の朝の、インテリの方が、知識人が出ている番組ですね。

この人たちの特徴は、国民が何が分かっていて、何が分かっていないのかをよく知っているんですよ。

頭はいいもんですから。

その頭がいいのを日本のためとか、日本国民のために使うのではなくて、自分の為に使うという。

顔をよ~く見れば、私は分かるんですけどね。

「この人は自分勝手な人だな」

「あまり近づいてはいけない人だな」

というのが分かるんですけどね。

いい人面して国民を騙すヤツらの正体

こういった人たちの特徴は、眉間にしわを寄せて、不安を煽るわけです。

例えばですね、

「政府には1000兆円の借金があって、これは子供たちにツケをまわすことになりますから、なんとかしなければいけませんね」

と言うわけですね。

ですが、言っている事は全部嘘なんですね。

もちろん、嘘であることは自分も知っているんですね。

もうひとつはですね、議論している内容は、眉間にしわを寄せて困ったように言うけれども、全然自分は困っていないんですよ。

この人たちは、例えばテレビに出ている、あなたもご存知の朝の番組出ているような人は、もの凄い金持ちなんですよ。

だから、800万円なんかは、この人たちにとっては、どうって事ない話なんですね。

だけど、秩序が壊れる事が困るんです。

今の日本の状態が壊れるのが困るんですよ。

アメリカで問題視されるエスタブリッシュメント

なんで壊れるのが困るかっていうと、それが最近アメリカで言っているエスタブリッシュメント。

つまり、自分はいい所に生まれて、いい大学を出て、いい所に就職して、まぁ、財産も持っている、お金も持っている、家も持っているんですよ。

ですから、もう一生困らないでも過ごしていけるし、子供もいい私立学校なんかに、行かすことが出来るんですね。

いわゆるリベラル、弁護士さんとか、テレビタレントさんとか、文化人とかいう人たちはですね、お金はたんまり持っているんですよ。

だから問題なのは、いかにして国民を騙して今の状態を続けることが出来るかという事なんですね。

政府はいつ国民に800万円ずつ返すのか?

例えば、政府が1000兆円の借金があるという事になると、これは大変で。

政府が国民に、一人当たり800万円返さなければならないので。

そうなると、財源はどうするのかなど山ほど議論して、日本が不安定になるわけですが、国民の借金という事にしておけば、これはどうって事無いですよ。

政府は国民に、お金を返さなくてもよくなりますからね。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後にフォローをお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す