国民を嘘で苦しめる味方面したインテリの正体!国民に800万円政府はいつ返す気なのか?武田邦彦

日曜朝の反日番組

ある方から、テレビであるコメンテーターかMCかがですね、日本は1000兆円の借金があると。

子供一人あたり800万円の借金がある、子供につけをまわすなというような話をしていたそうで、その方は内容をご存知の方ですので、大変お怒りになっておりましたが。

番組の内容からはですね、いわゆるインテリ、リベラルの人、どちらも殆ど一緒なんですけれども、その人たちが庶民を痛めつける番組なんですね。

体裁はそうではなくて、庶民のための番組のように装っているわけですね。

政府が国民に返さなければならない借金

この場合は、政府の借金を国民の借金であるかのように180度逆の事を言っているんですね。

政府は1000兆円の借金があります。

その借金のお金を出しているのは国民なんですね。

ですから、国民が政府のお金を貸していて、政府は国民から借金をしているわけですから、日本国が1000兆円の借金をしているわけではないんですね。

日本国には全く借金は無い

日本国は外国に対して350兆円の貸し越し、つまりお金を貸しているわけですね。

借金をしているわけではなくて。

債権というのですけれども、外国に対して日本は貸し金があるわけです。

ですから、日本国は全く借金はありません。

むしろ、外国に対して350兆円もの債権があるわけですね。

日本政府は、国民から1000兆円お金を借りているわけです。

ですから、日本国が借金があるという言い方は間違いですね。

国というのはもちろん政府だけではないので、政府やら国民やら企業やら、いっぱいあって国を成しているわけですから。

政府の事を国という事自身が、間違っている事なんですけど。

子供に借金のツケを残すの嘘

子供にツケをまわすのではなくて、子供に貯金を残しているんですね。

政府は私たちの子供に、一人当たり800万円の借金を、政府が子供に渡さなければなりませんので。

子供にツケをまわすなんて話は、180度間違っている話なんですね。

にもかかわらず、なぜこういう事を、テレビとかですね、あなたもそくご存知の日曜日の朝の、インテリの方が、知識人が出ている番組ですね。

この人たちの特徴は、国民が何が分かっていて、何が分かっていないのかをよく知っているんですよ。

頭はいいもんですから。

その頭がいいのを日本のためとか、日本国民のために使うのではなくて、自分の為に使うという。

顔をよ~く見れば、私は分かるんですけどね。

「この人は自分勝手な人だな」

「あまり近づいてはいけない人だな」

というのが分かるんですけどね。

いい人面して国民を騙すヤツらの正体

こういった人たちの特徴は、眉間にしわを寄せて、不安を煽るわけです。

例えばですね、

「政府には1000兆円の借金があって、これは子供たちにツケをまわすことになりますから、なんとかしなければいけませんね」

と言うわけですね。

ですが、言っている事は全部嘘なんですね。

もちろん、嘘であることは自分も知っているんですね。

もうひとつはですね、議論している内容は、眉間にしわを寄せて困ったように言うけれども、全然自分は困っていないんですよ。

この人たちは、例えばテレビに出ている、あなたもご存知の朝の番組出ているような人は、もの凄い金持ちなんですよ。

だから、800万円なんかは、この人たちにとっては、どうって事ない話なんですね。

だけど、秩序が壊れる事が困るんです。

今の日本の状態が壊れるのが困るんですよ。

アメリカで問題視されるエスタブリッシュメント

なんで壊れるのが困るかっていうと、それが最近アメリカで言っているエスタブリッシュメント。

つまり、自分はいい所に生まれて、いい大学を出て、いい所に就職して、まぁ、財産も持っている、お金も持っている、家も持っているんですよ。

ですから、もう一生困らないでも過ごしていけるし、子供もいい私立学校なんかに、行かすことが出来るんですね。

いわゆるリベラル、弁護士さんとか、テレビタレントさんとか、文化人とかいう人たちはですね、お金はたんまり持っているんですよ。

だから問題なのは、いかにして国民を騙して今の状態を続けることが出来るかという事なんですね。

政府はいつ国民に800万円ずつ返すのか?

例えば、政府が1000兆円の借金があるという事になると、これは大変で。

政府が国民に、一人当たり800万円返さなければならないので。

そうなると、財源はどうするのかなど山ほど議論して、日本が不安定になるわけですが、国民の借金という事にしておけば、これはどうって事無いですよ。

政府は国民に、お金を返さなくてもよくなりますからね。

嘘に加担するインテリの欺瞞

政府は一回1000兆円借金をして、今どうしようかと言ったら、その借金を返すために、国民から消費税を取ると言っているわけですよ。

だから、国の借金と言い換えて、国民から消費税を取って、その消費税から今度国民に返す。

国民から借りたお金を、国民に返すために消費税を取るという、現在はそういう仕組みなんですね。

それをリベラルの人とか左翼の人とかインテリの人とかテレビのMCとか、お金持ちがみんな、国民の借金というような言い方をするんですよ。

それはなぜかっっていうと、自分は国民の味方のような顔をしているんだけれども、実は自分は生活が安定し、ラクで、大体2000万円ぐらいの年収を持っている人たちなんですね。

ですから、何にも困らない。

主婦はだいたい騙されている

騙されるのが大体主婦。

主婦って殆ど騙されているんですけど。

先日もどっかで話していたら、主婦の方が

「だって子供にツケがまわるから、なんとか私たち節約しなきゃ」

なんて言っているんですよ。

「いやいや自分のお金なんですよ」

「あなたが貯金したお金が、今政府の借金になっているんですよ」

と言うとね、そこが分からないんですね。

自分の郵便貯金には、100万円なら100万円が残っているって言うんですよ。

その100万円は、預金通帳に残っているだけで、実はもう無いんですよ。

政府が使っちゃって。

それがバレないうちに、国民から消費税という形でお金を貰って、それを補填しておかなければならないというのが、まぁ、そのリベラルの人が言っている嘘に繋がるわけなんですよね。

リベラルとかインテリと呼ばれるような人がそうなんですけど。

僕がインテリが嫌いな理由

僕はだからインテリが嫌いなんですよ。

僕も厳密にですね、分類すればインテリなんですよ。

大学の先生ですからね。

だけど僕がインテリが嫌いなのは、インテリはね、庶民の味方を装って、常に自分の利益を確定しようとするんですよ。

頭がいいもんですからね、ズルいんですよ。

ズルくて頭がいいんですね。

このズルいっていうのは日本人の特徴かもしれないし、日本語というのが曖昧だから、ズルくできるとも言えるんですよね。

なんとも言えないのですが、いずれにしても、日曜日の朝の地上波という状態を使って、そこになんとなく人がよさそうな。

私が見ると、ずる賢そうに見えるんですけど。

その人たちがですね、政府の借金を国民の借金と言い換えると。

本当の事はみんな知っているんですよ。

もちろん、頭がいいから、みんな知っているんです。

こう言っておけば、この世の中が乱れない。

自分が持っている財産とか地位とか、そういったものが脅かされない。

そういった事だけは、よ~く知っているんです。

だけども私はね、日本への愛国精神に満ち満ちているんで、それは嫌だと。

自分の事しか考えないインテリやリベラル

私は、私の人生よりかは子供の人生が大切。

そして、孫の人生が大切なんですよ、私は。

それはまぁ、ドーキンスの遺伝子の乗り物みたいなもんで、私の命というのは子供に伝わり、子供の命は孫に伝わっているわけですからね。

だから、やはりそちらが繁栄する。

つまり、日本国が繁栄しなければならない。

そのためには、リベラルやインテリが自分の事だけを考えたら、やはり日本国はダメになるんですよ。

群れというのが大切で。

生物が一番大切にしなければならない、第一に群れなんですね。

集団なんですよ。

集団がダメになったら、全部がダメになるんですね。

2番目が子供なんですよ。

自分の命を託した子供。

これは、子供がいない人も同じなんですよ。

子供がいない人も、日本人の子供なんですよ。

群れの子供なんですね。

その次が自分なんです。

この順序が、リベラルとかインテリには分かっていないんですね。

本当に大切な事は何なのか?

どうしてかといいますと、大脳を働かせているので、私たちの本当の心の中にある遺伝子の指令といいますか。

遺伝子はですね、まず日本というのを大切にしなさいと言っているんですよ。

特攻隊が自分の兄弟とかお母さん、お姉さんを助けようと思って、突撃した、自分の命を捨てた。

しかし、それがうまくいかなかったんで、東京大空襲があり、原爆があり、残念ながらお母さん、お姉さんも死んでしまいましたけれども。

だけれども、特攻隊のやった事は、非常に偉い事だったんですね。

日本というのを守る。

日本を守らなければ、お母さんもお姉さんの命も無くなる、というのは正しい考えだったんですね。

こういった本当の正しさではなくて、インテリやリベラルというのは、頭が中途半端にいいもんですから、日曜日の朝の番組のような酷い番組が、垂れ流されるという事になるんですね。

なんとかこれに日本人たるもの全員が反撃してですね。

このような番組に出演しているのは、殆ど反日日本人と呼ばれるような人たちですから。

日本人と言いながら、「国旗を掲げるのが嫌だ」「国家を歌うのが嫌だ」「日本が悪く言われれば喜ぶ」という人たちなわけですからね。

参考図書:武田邦彦の科学的人生論  
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

この話が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す