【金慶珠 徴用工問題】韓国と約束しても無駄!嘘つき文在寅政権と日本の対応!

徴用工裁判で、韓国の最高裁判所が下した判決に、いま大きな波紋が広がっています。

徴用工とは

徴用工とは、第二次世界大戦中、日本が統治していた朝鮮半島から、日本に来て働いていた労働者の事です。

徴用工裁判判決への河野外相の発言

河野太郎河野太郎

「(日韓)関係の一番の法的基盤が、非常に根本から損なわれたということを、日本としては非常に重く見ている」

と懸念をあらわにした判決。

それは2018年10月31日、韓国の最高裁が、日本企業の新日鉄住金に対し、韓国の元徴用工4人におよそ4000万円の賠償を命じた確定判決です。

そもそも、徴用工とは、第二次世界大戦中、日本が統治していた朝鮮半島から、日本に来て働いていた労働者の事。

元徴用工の4人は、「日本で強制的に働かされた」として損害賠償を求めていたのです。

しかし、この徴用工の問題について、日本と韓国の政府はこれまで、「賠償問題は解決済み」という立場を取っています。

なぜなら、日本と韓国は、終戦から20年後の1965年、国交正常化の際に、日韓請求権協定を取り交わしているため。

日韓請求権協定とは

日韓請求権協定とは、日本が、韓国に対して、5億ドルの経済支援を行う事で、両国の国民間の請求権問題が、「完全かつ最終的に解決する」と合意したのです。

当時の日本は、佐藤榮作(さとうえいさく)総理大臣

韓国は、朴正煕(パクチョンヒ)大統領

当時韓国は、日本からの5億ドルをもとに、製鉄所、道路網などのインフラ整備を進め、「漢江(ハンガン)の奇跡」と呼ばれる経済復興を成し遂げたのです。

ところが、その後、元徴用工たちが、日本企業に対して損害賠償を求める裁判を起こしたのです。
そして2012年、韓国の最高裁判所は、「個人の請求権までは消滅していない」と判断。

高等裁判所に差し戻しました。

高裁では賠償命令が出され、今回の確定判決に繋がりました。

徴用工裁判の今後の懸念

実は、元徴用工が日本企業を訴えている裁判は、他にも14件あり、請求総額は、およそ23億円にのぼります。

しかも現地メディア、中央日報によると、

戦時中に徴用工として働いた韓国人は21万6992人いて、生存者はおよそ3500人としています。

また、元徴用工が死亡しても、遺族が訴訟できるともしており、今回の最高裁判所の判決を受け、新たな訴訟が、次々に起こる事が懸念されているのです。

徴用工裁判判決への安倍総理の発言

安倍晋三安倍晋三

今般の判決は、国際法に照らしてあり得ない判断であります。日本政府としては、毅然と対応してまいります。

と、日本政府として、強い口調で反発をしています。

韓国政府の反応

一方、韓国政府は、韓国、康京和(カンギョンファ)外相は、「対応を協議している」と説明しています。

韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は、この問題に、どう対応するのでしょうか。

金慶珠が考える徴用工裁判判決

金慶珠金慶珠

丁度、昨日までソウルにいたんですけど、韓国のメディアは、概ね被害者の方々がいらっしゃるんで、良かったねという世論だったんですけど

金慶珠金慶珠

専門家の間では、果たして今回の判決、大丈夫なのかと

金慶珠金慶珠

つまり、国内的には論立てが十分通用する余地はあるんだけれども、これが日韓関係、あるいは国際社会においてですね、どこまで通用するのかという意味での懸念を表明しているんですね

金慶珠金慶珠

私も個人的には、今回の判決、これまで韓国政府の立場をも覆す、そういった判決ですので、今後の対応が十分に練られたのかというと、若干心配される部分はありますよね

そもそも分からないのが、韓国国内では、判決があったので無視は出来ないと。

ただしそれを、国際に場を移して争うかというと、争っても殆ど勝ち目が無い事は分かっているわけですよ。

そうすると、この判決で、具体的に何が起きるのか、ちょっとまだ分からない状態ですね。

加藤浩次加藤浩次

なんでこれ、政権によって二転三転してしまって、日本、たまったもんじゃねぇよと、僕は思ってしまうんですけど

最初は日本政府が、個人的な補償をやろうかと言った時に、むしろ韓国側が、5億ドルの経済協力をしてくれって言ったわけですから。

日本とするとは、何回か、連続で裏切られたような感じがしますよね。

なぜ解決済みが一転したのか?

これまで、日本と韓国の政府は、戦争の賠償については、徴用工の事も含め、「完全かつ最終的に解決済み」としていました。

それが、一転、なぜこういった判決が出たのでしょうか?

金慶珠氏いわく、韓国の国内政治が関係しているといいます。

金慶珠金慶珠

こういう判決が出てしまうと、どうしても、例えば反日感情に押されて、こういった判決になったんじゃないかと理解しがちですけれども、日韓関係の結果ではなくて、むしろ、韓国の国内政治の結果であるとという風に見た方がいいんですね

金慶珠金慶珠

つまりこれまで、日韓関係というのは、過去1965年の日韓基本条約の時代から、主に保守政権が担ってきたわけです

韓国で徴用工をめぐる主な経緯

1965年 日韓請求権協定

日本は、韓国に5億ドルを支援

両国の間で、「完全かつ最終的に解決する」

2005年 一審、二審で敗訴

「解決済みで再確認」

2005年 12月 韓国最高裁が「個人の請求権は消えていない」として差し戻し

2017年8月 文在寅(ムンジェイン)大統領が「個人の請求権は残っている」と発言

2018年10月31日 日本企業に約4000万円の賠償命令

なぜこのような判決が下ってしまったのか?

金慶珠金慶珠

特に、日韓基本条約を結んだのは、朴正煕(パクチョンヒ)大統領。前の朴槿恵(パククネ)大統領のお父さんですよね

金慶珠金慶珠

その朴槿恵さんは、それこそ弾劾されてしまったと

金慶珠金慶珠

つまり、保守政権の日韓関係のスタンスというのは、慰安婦問題もそうですし、徴用工問題もいろんな被害者はいるけれども、やはり基本的には日韓関係を優先するというスタンスだったわけです

金慶珠金慶珠

ところが、文在寅さんというのは、金大中さん、廬武鉉さんと続く革新系の政権ですけれども、我々は、そういう国家間の関係よりも、やはり国内の被害者。その声に耳を傾けるんだというスタンスで、ずっと来ましたので

金慶珠金慶珠

まぁ、今回、こういった判決にまで、結びついたと言えると思います

加藤浩次加藤浩次

今の金さんの話だと、内政の問題が、国際問題になっている。内政の問題をね、日本を引っ張り出してきて、徴用工の問題をもう一回あげてきて、有罪判決にしてるって、これって、国際社会からしてみたら、認められませんよ、こんなの

金慶珠金慶珠

怒り心頭でごもっとも、という風にも言いたいんですけれども、ただ一方で、政権が変われば司法の判断も変わるし、政府の方針も変わるっているのは、まぁある意味よくある話でもあるんです

加藤浩次加藤浩次

条約を結ばれているのは、基本的に、そこを踏まえたうえでやらないと

金慶珠金慶珠

今回も、日韓基本条約を、例えばこれは無しだとか、無効だとか、そういう風に言っているわけではなくて、その基本条約は基本条約で成立するんだけれども、今回は当時の日本政府の不法行為に対する慰謝料の請求なので、その慰謝料の請求に関しては、まだ時効が成立するという論立てなんですね

加藤浩次加藤浩次

国対国は終わったけど、個人と個人がやるのは自由でしょみたいな事でしょ。そこはオッケーでしょって事ですよね

金慶珠金慶珠

個人に関しては、まだ裁判の時効は有効ですよと。これまで、実はこの徴用工の裁判とかで、主に日本の裁判所でもどういうスタンスかというと、十分にその犠牲というか、そういう所は認められるけれども、しかし、民事訴訟上は、時効が既に成立しているので、会社側は支払う義務が無いという事だったんです

金慶珠金慶珠

今回、韓国の裁判所で判断が変わった最大のポイントは、その時効は未だに有効であるという判決ですね

徴用工裁判で韓国最高裁の判決理由

日韓請求権協定で交渉したのは、日本の不法な植民地支配への賠償請求ではなかった。

徴用工・個人の損害賠償請求権は、協定に含まれないと主張。

国と国との問題になっているなかで、政権が変わると、解釈をどんどん変えられると、いろんなこの先も含めて、条約だったり協定を結ぶ時に、信頼できなくなってしまうなという事を考えると、やっぱり日韓関係が非常に心配ですし。

例えば、日本の企業がこの先、提訴されるかもしれない。

たまたま企業のIRの人と話したら、これから、韓国への投資を増やそうとしている時に、すごく二の足を踏む企業がいる事も含めて、増えてしまうと、せっかく日韓関係が経済面でも凄く良くなっている中で、非常に水を差す懸念があるから心配だという風に言っていて。

そこは本当に、政治的な問題も、経済的な問題も、非常に大きな問題に広がる可能性があるなと思って、怖いなと思いますね。

元徴用から訴えられている日本企業

中央日報によると、元徴用工から訴えられている企業は、

新日鉄住金
不二越
横浜ゴム
日産自動車
パナソニック
岩田地崎建設
JXTGエネルギー
三菱重工業
日立造船
住友化学
三井E&S造船
住石ホールディングス
日産化学

などで、この判決により、金になるとわかれば、更に訴えられる企業は増える可能性があります。

文在寅大統領の対応は?

金慶珠氏によると、文在寅大統領は、慎重に対応するのではないかといいます。

金慶珠金慶珠

このまま行くと、何か日本企業の資産が差し押さえられたり、あるいは条約や協定を、反故にしたり。こういった事が起こるんじゃないか。そうなると、日本企業は投資も出来ないし、日韓関係も当然冷え込んでしまう

金慶珠金慶珠

それは、韓国も十分分かっているんですね。なので判決が出た同じ日に、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)、総理ですけれども、我々は、今回の判決は政府として重く受け止めると、ただし、日韓関係は未来志向で築いて行きたいという立場だと、改めて表明しているんです

金慶珠金慶珠

なので、どうも、そういう風に強制執行して資産を差し押さえたり、そういった徹底抗戦の構えでは無いように思います

金慶珠金慶珠

なぜ、徹底抗戦の構えでは無いかというと、実は文在寅政権は、ご存知のように、南北関係を最重要視した外交政策を展開していると

金慶珠金慶珠

こうなると、日本との関係、まぁ、昔に比べると重要度は減って来たかもしれないけれども、しかし、依然として非常に重要な国であって、日韓関係が悪化するのは負担なんですね

金慶珠金慶珠

そこで、もう一つ懸念されるのが、例えばこのままだとね、この先数千人の人達が訴訟をどんどん起こして、パンドラの箱を開けたみたいになるんじゃないかという懸念もありますけれども、その懸念に対しても、時効の解釈において、もはや裁判を起こせないような仕組みをどこかで考えているかもしれない

加藤浩次加藤浩次

考えてます?だってね、国内のそういう人たちが可哀そうだからという方向に向いて、有罪っていう事にしちゃってて。でも、日本との関係は、いやいや、そんな企業の差し押さえはしませんからって。

加藤浩次加藤浩次

日本との関係より内部の人間を取る。でも日本ともうまくやって行きたい。こんなズルいやり方は無くないですか?

金慶珠金慶珠

加藤さんから見ればね、ズルいでしょって言うけど、韓国から見れば、それは外交的戦略でもあるんですね

加藤浩次加藤浩次

国際社会は認めないってそんなの

金慶珠金慶珠

文在寅政権は、ずっとですね、日韓関係は、ツー・トラックで行くと宣言しています

金慶珠金慶珠

つまり、経済や安保においては、非常に強力的な関係を築くけれども、一方で歴史認識問題などについては、これは我々の立場を、あくまでも主張して行くんだというような事です

加藤浩次加藤浩次

国内の支持率を上げるためにね、こういった問題で有罪判決を出されたらたまったもんじゃないって

金慶珠金慶珠

支持率というか、ご本人の信念のようにも思うんですけれども、ここで思い起こして頂きたいのは、去年の慰安婦合意ですよね。それに対して文在寅政権は、検証チームを作ってですね、これは到底受け入れられないという事を宣言しました

金慶珠金慶珠

しかしながら日本に対しては、かといって我々はこの合意を破棄するわけではないし、日本に対して何か新しい事を求めるつもりも無いという事を言っています

金慶珠金慶珠

恐らく今回もそのようにですね、国内ではこのような象徴的な判決を下しながらも、日韓関係に対しては、やはり相当な配慮をしながら、慎重姿勢で望むのではないかと思いますね

モーリーモーリー

やっぱりね、双方のですね、前提となる認識があまりに食い違っているので、どっちも満足する妥協点がちょっと見いだせないんですね

モーリーモーリー

冷徹な言い方をしてしまうと、現在ご存命の元徴用工の経験をされた方が、ことごとく亡くなって、遺族の間で記憶が薄れていると同時に、この問題のこじれ方は、自然消滅に向かうんじゃないかという気も致します

加藤浩次加藤浩次

向かいますかねぇ?だって、また政権が変わったら、合意の方になる。また政権が変わったら、これがあるから有罪とずーっと続いて行くんじゃないですか?

モーリーモーリー

ただ、これがずっと続くとですね、韓国の国のイメージや投資リスクといったものがどんどん増していって、国益を損なう方向にばっかり行くので、あくまで大統領を含め、国民に渦巻くセンチメントですね、感情の渦には無力なんですけれども

モーリーモーリー

その感情の渦自体が、目を覚ますというかな。あれっ、これは経済の損失になるなとか。特に先々の世代というのは、どこかで落としどころを見つけるのではないかと思いますね

モーリーモーリー

ただ、やっぱり一つ個人的に懸念しているのは、北との関係を前のめりにアメリカからも抜け駆けする形で、文大統領は調整しようとしていると

モーリーモーリー

その時に、北の側は、今の状況をとにかくどうやって利するかしか考えていませんから、韓国と日本がこじれて、それが感情的にこじれると、そのリバウンドで、じゃあ北は、そもそも兄弟じゃないかと考える人も出てくる

モーリーモーリー

そこを北は狙うと思いますので、日本としても、あまり北朝鮮に、なんか利するような方向には、持っていかない方がいいと思います。なるべく冷静に

加藤浩次加藤浩次

次の日本企業に、有罪判決が出ないようにするんじゃないかというのが、金さんの見解ですか?

金慶珠金慶珠

いや、有罪判決は出ると思います。14の裁判は既に係留中なので、恐らく同じような判決が下されるだろうと

金慶珠金慶珠

しかし今回の判決を機に、例えば数千人、数万人がどんどん訴訟を起こせるような状態にはしないで行くだろうと。そこのポイントが、時効の解釈をどうするかなんですけども

金慶珠金慶珠

今回の判決で非常に特徴的なのがですね、その時効の起点ですよね。それを明らかにはしていないんですね。今回の裁判に関しては、2005年であると

金慶珠金慶珠

2005年に韓国側が、日韓基本条約の合意の記録をすべて公開しているんです。その時にはじめてこの人たちは、自分たちは損害を被ったんだという事を認識できた

金慶珠金慶珠

ところが、民事訴訟の時効というのは3年ですので、2005年から遡って考えると2008年までには訴訟を起こしてなきゃいけない。これは、最長の場合は10年なんですけれども、そうであっても2015年までですよね

金慶珠金慶珠

だから、ただ2005年を本当の起点にするのかというと違う解釈もあって。2012年だとか、あるいは昨日の裁判だとか、弁護団などはいろいろ言っていますけど、そこは韓国政府が、やはりまとめなきゃいけない、一つの課題であることには変わりないですよね

加藤浩次加藤浩次

国際司法の場で、日本が出てきた場合、韓国側は出てきますか?

金慶珠金慶珠

いや、出て行かないと思います

加藤浩次加藤浩次

なぜ?

金慶珠金慶珠

それは、その、元々、その、国際社会での、例えばICJですと、そういう裁判の仕組み自体がですね、お互いに合意をしないと裁判は開かれない事になっているので

加藤浩次加藤浩次

自信があるんだったら出てくればいいじゃないですか?

金慶珠金慶珠

まぁ、よくそういう風に言うんですけど、韓国は、我々は正しいので出ていく必要はないというのが、韓国側の立場です

加藤浩次加藤浩次

おかしいよ、それ

金慶珠金慶珠

ただ一つね、みなさんも理解して頂きたいのは、日本側の対応も意外と慎重姿勢なんですね。安倍総理も河野外務大臣も、非常に口では強い事を仰っている

金慶珠金慶珠

あり得ない、とか毅然と対応するという事を仰って、大使まで招致したわけですけれど、しかし結論としては、韓国政府の出方を見極めるという事を言っているわけです

金慶珠金慶珠

日本としても、今、朝鮮半島が大きく動いている中で、韓国との関係が悪化する事は、外交的には得策では無いという事なんですね

金慶珠金慶珠

だから、お互いに、まぁ、言いたいことをバーッと言うけれども、これから先ね、万年経っても、2万年経っても3万年経っても、ずっと隣国という事には変わりがないので、その関係はある程度、最小限は維持しながら

加藤浩次加藤浩次

そこを含めて、それを利用しているのは、ダメでしょって事ですよ、僕が言いたいのは

金慶珠金慶珠

それが戦略だから

加藤浩次加藤浩次

戦略で済むかな…

加藤浩次加藤浩次

すいませんね、金さん、強い口調になってしまって

約束した事は守らない。

国内では反日教育を行い、国内向け、海外向けの二枚舌外交、嘘つき外交を行う。

全く信用できない、隣国の韓国。

あなたは、日本は韓国と、どう付き合って行けばよいと思いますか?

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

この話が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す