武田邦彦 勝谷誠彦氏の死亡原因とアルコールと肝臓癌のウソ!

医療に関する巨大な錯覚

医療に関する巨大な錯覚というものを少し考えてみたいと思いまして、これはですね、非常に直接的に現在の日本の国民の健康とか、寿命に大きく影響しますし、現在進行形であるという事と、ほとんど何も考えていない人が、テレビなどで、すごく激しく発言するものですから。

ですから、国民は本当にあらぬ方向に追いやられていると私は思うんですね。

それを、最初はまずは包括的で全体的なものですので、たばこだとか血圧だとか飲酒とか、その他、健康にいい食物とかですね、減塩食、といった間違いも、全部きれいに整理したいと。

綺麗にこの際、整理しないとですね、多くの人が、非常に間違っていますし、日本のお医者さんはそんなに悪くないという事は何度も言っているのですが、それでもですね、やっぱり儲けを中心として考えるお医者さんもいればですね、

殆どよく考えていないで、毎日忙しいものですから、患者さんの相手をして、腹を立てているというお医者さんもいるんですね。

勝谷誠彦 肝臓疾患で早すぎる死

まず第一に一番大きいのが、個性を無視するという、現代医学の大きな欠陥ですね。

特に、厚生労働省がやっている厚生行政なんかがそれにあたるわけですが、例えばお酒を飲んで、肝臓病で、先日お亡くなりになった非常に素晴らしいメディアの人がおられて、私も少し存じ上げているんですけれども。

飲酒によっておこる急性の肝臓疾患ですね。

非常に危険なものなのですが、それが起こったと。

それでお亡くなりなったと。

酒を飲み続けて93歳まで生きた横山大観

すると、翌日のネットにはですね、「お酒を飲むと肝臓が悪くなるんだ」「お酒は悪いものなんだ」といってですね、山のように書いてあるんですね。

しかし、私がいつも言うように、例えば横山大観は20歳の時から毎日一升ずつ飲んで、93歳まで一升ずつ飲みまして。

93歳~94歳の正月に「ちょっと俺も年を取ったから5合にしよう」といって、5合にしまして、その年にお亡くなりになっております。

それから、多くのデータがですね、飲酒している人が飲酒を辞めると、死亡の確立が1.5倍に増えるという報告も随分と多いんですね。

それにも関わらず、一人の有名人の方がお亡くなりになって、私なんかもちょっとショックを受けて、ちょっとお酒を控えようかななんて思っていたりするのですが。

飲酒と肝臓がいかに関係があるかを主張しているんですね。

ただ、その主張の非常に詳しいものを今日見たんですけれども、全く第一に、話が抽象的なんですよ。

それから、個別の問題を言わないんですね。

お酒が、体に悪い影響を与える人と、それから肝臓と別の所に影響を与える人と、それから、ほとんど処理が出来てですね、問題が無い人と、いろいろいるんですよ。

それを全部、十把一絡げにですね、酒を飲むと肝臓が悪くなるの一点張りなんですよ。

平均より弱い人を殺す現代医学

それでその、今現在のですね、医師会なんかが発表している飲酒の基準というのがあるんですけれども、それはですね、どの人に基準を当てているのか、全くわからないんですよ。

平均では、やっぱりいけないんですね。

平均なら、平均より弱い人は、やられてしまうわけですからね。

平均はダメなんですよ、医学の場合は。

アンジェリーナジョリーが信じた遺伝子検査

例えば、アンジェリーナジョリーさんがですね、だいぶ前にお乳を切除しちゃったんですね。

それは、遺伝子を検査したら、アンジェリーナジョリーさんのような人は乳がんになる可能性が87%あるという事を医者に言われて、それじゃあ乳ガンになる前に、お乳を取っちゃえと取っちゃったと。

いう事で、非常に話題になったんですよね。

お乳だからいいようなものですけれどね、たばこと肺がんの問題で、たばこを吸うと肺がんになりやすい人がいると、遺伝子的に調べたらですね。

じゃあ、あなたは肺がんにならないために、肺を取っといたらどうですかって、そんな事になっちゃうわけですよね。

これはね、僕はお医者さんというのは、そういう事こそ知っていなければならない人達だと思うんですよね。

厚労省の数値が全くあてにならない理由

人間というのは、遺伝子もあるし、色んな生活習慣じゃなくて、生活そのもの。

例えばですね、日本列島に住んでいるとかですよ、それからアフリカに住んでいるとか。

そういう事自体で、また違うんですね。

例えば、皮膚の色がそうですが、皮膚の色というのは、太陽の光の強さ、紫外線が主なのですが、それによって皮膚がんが起きるわけですが、その程度を一定にするために、北の方で太陽の光が弱いところは白い肌、我々のように中間のところが黄色い肌、それからアフリカのように強いところは黒い肌になっているわけですね。

ですから、生活習慣というふうにいわれると、生活習慣さえ直せばいいと思うけど、そうではなくてですね。

遺伝子であり、そこに住んでいるという事自身があり、それから、その人がせざるを得ない習慣ともいえない事ですね。

例えば、サラリーマンであれば、朝起きて、出勤して、帰るわけですから、それは生活習慣を変えるという事は、出来ないわけですね。

たばこと肺がんの関係性

たばこと肺がんについてもそうです。

たばこと肺がんに関係のある人が、わずかにいるという事なんですね。

血圧もそうなんですね。

先ほどの、飲酒と肝臓と同じなのですが、抵当な血圧というのは、その人によって違うんですよ。

その人によって、違う血圧はですね、もしも血圧制御装置が完璧であればですよ、血圧は100でもいいし、180でもいいですよ。

それは、いいっていうのは、心臓とかその他の検出装置が、その人にとって、ベストの血圧にしているという事ですね。

血圧は低い方がいいのか?

そうすると、血圧の平均と言って、もちろん、血圧が低い方がいいなんて事は無いんですね。

血圧が低ければ、血が行き渡らないので、感染症にもなるし、ガンにもなるし、毎日が疲れ切るしというような弊害が起こるし、

血圧が高いと、血圧が破裂する危険性があるという事で、高くても低くてもいけないんですよ。

最適血圧というのはですね、日本人全員が一緒かというと、一緒ではないんですよ。

おまけに、世界の人類は一緒かというと、そんなわけはないんですよね。

血圧が低い民族もいるし、血圧が高い民族もいるんですよ。

その血圧がこのくらいという民族であってもですね、例えば日本人ですと、だいたい年齢にも関係しますが、140としますとね、100が一番いいから100にしている人。

180が一番健康だから180にしている人というふうになっているんですね。

それをですね、血圧の基準を決めるという事自体がですね、その考え自体が、私は医というものや、体というものを全く無視した、

「遺伝子の知識もないの?」という話で、

「アンジェリーナジョリーさんは、遺伝子検査で乳房を切除したんですよ」と。

「あなたが言っている血圧140とはいったい何なんですか?」と。

例えば、徒競走をやらせたら、100メートルを走らせたらですね、10秒で走る人もいれば15秒で走る人もいるんですよ。

人間は個人個人違うという事

人間というのは、個人個人が違うんですね。

ですから、飲酒ももちろん、酒が飲めないすらいるんですからね。

アルコール中毒ですぐに死んでしまう人もいれば、1日2~3合で、肝臓が弱る人もいれば、1日一升飲み続けても、肝臓が全く異変を起こさない人もいるんですね。

問題はですね、もう一つ深く、ここはあまりお医者さんを非難するという事が目的では無いのですが、全員を抑制したらどうなんだろうか。

煙草を吸ってはいけない。

血圧は低くする。

お酒はできるだけ少なくする。

その他ですね、あらゆるものをその事が弱い人、個性がありますからね。

弱い人を基準に、全部の個人を当てはめると、たぶんの私の感じでは、これはよくよく研究をしなければいけないのですが、たぶん崩壊しちゃうんですよ。

人間が崩壊しちゃうんですね。

つまり、こういうものが好きだとか、甘いものが好きだとか、辛いものが好きだとかですね、お酒が好きだとか、いろいろとあるじゃないですか。

運動が好きだとか。

それは、なぜその人が好きかと言うと、その人の個性が欲している事なんですよね。

現代の医療に必要な事

だから、例えば、今の医学のようにですね、お医者さんのように、血圧のお医者さんは、なんでも血圧を下げろというと。

肺がんのお医者さんは、なんでもタバコはダメだと言うと。

タバコは肺がんに関係がないと僕が言うと、「いや、心筋梗塞が…」と。

そういう話は、今していないじゃないかとね。

やっぱり、医療というのはですね、個性を重視するという事が第一だと思いうんですよ。

それはね、まともなお医者さんだったら、みんな賛成してくれると思いますよ。

だって、まともなお医者さんは診察をされていて、人間には個性があるという事を、十分に分かっておられると思うんですよ。

風邪をひく人、ひかない人、ひどくなる人、ならない人。

全部千差万別だという事を、ご存じなんですね。

それを、今、発言して欲しいと。

言葉に出して、世の中に言って欲しいと思うんですね。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

このサイトが気に入ったら
いいね!してね!

Twitter で