美輪明宏 人間関係を改善し人生を好転させる方法!人生を美しくする秘訣!

人生を美しくするためのポイント

人付き合いは腹6分目

君子の交わりは淡きこと水のごとしという、三島由紀夫さんがね、お亡くなりになる前に私の楽屋にみえて、最後のお別れにいらして、その時に、

「なんでこんな18年もお付き合い願えたんですかね?」

と言ったらね、

「僕が嫌いな人間は、膝の上に上がって来たから頭を撫でてやったら、いい気になって肩までのぼってくる」

「ほっといたら頭の上までのぼって、顔まで舐めだす奴がいる」

「俺はそういう奴が大嫌いだから」

「君にはそういう所が無かったからね」

と言われたんですね。

「私もそういうのはもう、本当にね大っ嫌いですから」って言って、

「それが縁なんですね」って。

いい奥さん、いい旦那さんになる必要はない

だから私は結婚式でも、祝辞を頼まれた時にね、

「いい奥さん、いい旦那さんになってください」

って、皆さんおっしゃるじゃないですか。

「そんなものになる必要はない」と。

いい旦那とか、いい奥さんとか、いい母親とか、いい子供になろうとすると、例えば仕事場でも、いい上司であろう、いい同僚であろう、いい部下であろうとね、ゴマをすってみたり、上から押さえつけるなど、色々小細工をするじゃありませんか。

ね、駆け引きを。

いい妻とか、いい夫とか、そういった事よりも、

「いい人間同士でいましょうね」と。

それを心がけていればいいです。

そうでしょ。

妻とか、夫っていうのは単にきごですよ。

元は何です?っていったら人間ですよ。

威張る必要もゴマをする必要もない

仕事場でも、課長だとか部長だとか社長だとかそういう風に思わないで、足の引っ張り合いも無いし、威張る必要も、ゴマをする必要もないから。

いい人間同士で、今度、短い人生のひと時をね、一緒にお仕事しましょうねと。

「いい人間同士でいましょう」

としていれば、うまく行くんですよ。

腹6分目というのは…

人はゴミ箱ではない

人はゴミ箱じゃ無いんですから。

だからね、水臭くない人ってどういう人かといったら、自分にとって便利な人なんですよ。

悩みも聞いてくれる、お金が無かったら貸してくれる、都合もやってくれる、とにかく色んな無茶やなんかも全部聞いてくれる、相談事にも乗ってくれる…

自分に都合のいい人が、水臭くない、いい人なんですよ。

そうでしょ。

だから、親友というのは何をもって親友と言うかっていうと、そういう言葉が出てくるんですよ。

「それじゃ、あんた、人をゴミ箱だと思ってんでしょ」

って言ったの。

人に必要な心意気

だからね、心意気が必要なんですよ。

「決して人様には迷惑をかけません」

「自分の始末は自分で責任を取ります」

というつまりね、キリっとした、その自分自身に対する意気地ですよね、プライド。

それがあればね、お互いに気遣いがあるわけですよ。

そうしたら、その人が困っているなと思ったら、

「お手伝いしましょうか?」

って言ってあげる。

「じゃあ、お願いします」

それが、格好いいじゃありませんか。

土足で踏み入られたくない領域

だから、思いやりの心を持ちながら、夫であっても、妻であっても、やっぱりねズカズカとね、土足で踏み入られたくない部分を、誰でも持っているんですよ。

それを、「どうしたの、どうしたの」と言ってね。

下手なホームドラマみたいにね。

近所のジジイやババアがね、そこのうちの息子夫婦がね、恋愛したとか会社で何かあったら、もうほんと、土足でどんどん踏み込んでみたいな、ああいうくだらないホームドラマ、大っ嫌いなんですよ。

「余計なお世話だ」っていうんですよね。

だから、困っていれば助けてあげる。

思いやりをもって、それで自分自身は、人様にはなるべく迷惑をかけない。

それがやっぱり、自分自身のプライドで、悔いのない人生を送られるじゃありませんか。

そうするとね、争いもね、人殺しも起きないんですよ。

だって、腹10分くらいでやるから、自分の持ち物だと思っちゃうんですよ。

子供でも。

自分の子供だと思って、持ち物だと思ってるから。

だから、夫でも妻でも、「まったくだらしがないわね」「万年、平課長なんかでさ」であったり、そういう事は言っちゃあいけないんですよ、人に向かって。

そうでしょ。

誰だって、好き好んで才能が無いわけじゃないんだから。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

コメントを残す