鈴置高史 核保有した反日国家が誕生する日!北朝鮮の核で見えた米韓同盟破棄と韓国核武装のシナリオ!

韓国が日本への反日に強気になった理由

韓国の日韓併合当時の朝鮮人労働者が、三菱重工業を相手取り、損害賠償を求めた裁判。

11月29日、韓国の最高裁判所が三菱重工業に賠償を命じる判決を言い渡しました。

10月30日には、新日鉄住金にも、同じような判決が言い渡されています。

自分のおかしさに気が付かない韓国人

日韓国交正常化当時に結んだ日韓請求権協定を、この判決は完全に破るものです。

普通の日本人はですね、もう、まともな国じゃないなと思ったと思います。

更に言いますと問題があります。

もう韓国のおかしさに対して、多くの韓国人が気が付いていない事なんです。

もし気が付いているんだったらですね、ここで話し合いが行われて、解決できるんですけど、韓国人はこれが当たり前だと思っている。

韓国は法治国家ではない

まぁ、韓国は法治国家、いわゆる西側が言う法治国家ではないんです。

韓国の中の問題。

日本は関係がない韓国人同士の問題でもですね、政権が変わると法律がグイっと曲げられる。

だから韓国人はですね、日本との約束を破ってもおかしいとは考えないんですね。

米韓同盟消滅の足音

アメリカと韓国の同盟関係が、実際に無くなってしまう事があるのでしょうか?

私が出版した「米韓同盟消滅」という本のタイトルを見て、多くの人が「そんなバカな」とおっしゃるのですが、読んでくださった方はですね、「そうだね、起こり得るね」「もう起こっているんだね」という反応を示されます。

実際に米韓同盟はですね、着実に破棄の方向に進んでいます。

文在寅政権の本音

韓国の文在寅大統領の側近もですね、

「平和協定を結ぶなど、韓国と北朝鮮の関係が改善すれば、米軍が韓国に留まる理由は無くなる」

と言い出しました。

これが文在寅政権の本音でしょう。

文在寅政権に米韓同盟が邪魔で仕方がない理由

なんならですね、文在寅政権は、北朝鮮との融和というのを最優先課題にしています。

そのためにはですね、北朝鮮を共通の仮想敵とする米韓同盟が邪魔になってしょうがない。

大統領だけではなくて、文在寅政権の中枢部の人達は、韓国が抱える問題の多くは、民族の分断によるものだと。

そして、米韓同盟こそがですね、民族の和解を邪魔しているんだと。

ちなみにですね、韓国民の結構な数も、そう考えているんですね。

文在寅政権が米韓同盟を破棄する理由

韓国の特に文在寅政権がですね、北朝鮮の融和を優先しているという、これはわからないでもないのですが、米韓同盟を破棄にまで持って行こうとしているのはなぜなのでしょうか?

ちょっとここで視点を変えて、北朝鮮から世の中を見てみましょう。

北朝鮮の視点で考えますと、仮にですね、韓国と関係を改善しても、米韓同盟が残ったままなら、どうなるだろうかと。

韓国の政権が、今の左派政権ならともかく、再び保守政権が韓国に登場したら、米軍の力を借りてですね、北朝鮮を圧迫する事は、確実なわけですね。

北朝鮮から逃げてきた人の話によりますとですね、米韓が大規模の合同軍事演習をしますと、北朝鮮では、鉄道やトラックの運送を、相当止めてしまうわけです。

当然、生産活動が大打撃を受けます。

また、米軍から圧迫を受ければですね、国民の金正恩政権、今の政権に寄せる信頼も、大きく落ちていくわけです。

北朝鮮とすればですね、韓国に左翼政権が登場した今こそ、米韓同盟を辞めさせるチャンスなんです。

米韓同盟に熱心でないトランプ大統領の登場

普通だったらですね、辞める事にはならないんでしょうけど、運よく米国にもですね、米韓同盟に熱心ではない大統領が登場したわけです。

非常に偶然の要素が強いんですけども、韓国、米国の双方にですね、同盟に熱心でない大統領が登場したと。

そこで、北朝鮮の非核化と引き換えに、米韓同盟の破棄の取引、こういった事も十分に可能になってきたと。

細かな動きを観察するとですね、トランプ大統領と金正恩委員長は、取引に仮契約にサインしたような感じになった。

詳しくはですね、新潮新書の「米韓同盟消滅」という本の第1章に書いてあります。

北朝鮮の核を利用し米韓同盟を破棄するシナリオ

話をまとめると、北朝鮮が核兵器を捨てれば、米韓同盟を打ち切るという事なのでしょうか?

トランプ大統領は、そう考えています。

ただ、金正恩委員長とですね、文在寅大統領はですね、いいとこ取りをしようとしているんじゃないかと、私は思います。

つまり、可能な限り北朝鮮の核は温存しつつですね、米韓同盟だけは破棄したいと。

「相手のものは俺のもの、俺のものも俺のもの」という風に、持って行くつもりだと思います。

「そんな無茶なことを」とおっしゃる方もいますけれども、でも少し考えれば、それは当然の事です。

米韓同盟を破棄したとします。

そのあと、北朝鮮のと韓国の人々はですね、誰の核の傘を頼りにするのか?

つまり、米韓同盟が無くなってしまえば、韓国に対するアメリカの核の傘は無くなります。

朝鮮は永遠に中国の属国

北朝鮮はですね、中国との関係がよくないですから、実質上、傘の核はありません。

南北朝鮮というのは、核の傘が一切なくなってしまう。

「中国の核の傘に、もういっぺん入ればいい」という人がいますけど、中国と言うのは、朝鮮半島は歴史的に自分の支配下にあった、属国だと思っていますから、朝鮮半島の人々は、中国の言いなりにならざるを得ないわけです。

せっかくですね、アメリカとの同盟を破棄しても、今度は中国の言いなりになってしまったら、意味がないわけです。

それは、ロシアの核の傘に入っても同じことです。

核武装した最悪の反日国家が誕生する日

じゃあ、「核の傘なしていいじゃないか」というような平和主義者もいますけど、例えばニュージーランドとかですね、東南アジアならともかく、やっぱりこう大国の力がぶつかり合う北東アジアにおいてはですね、核の傘がないというのは、非常に弱くなります。

もし、朝鮮半島の人々が、核の傘を持たないとするとですね、周辺大国の全ての要求を飲まなければいけない、という状況になると思います。

結局話をまとめますと、韓国の左派が、米国との同盟を打ち切るときにはですね、北朝鮮の核を頼りにするしかなくなってしまう。

一方で北朝鮮はですね、「俺の核を提供してやる」「そのかわりに経済援助を出せ」という取引が始まると思います。

もうすでに、始まっているんだと思います。

例えばですね、北朝鮮の工作員は、韓国の要人に対してですね、

「北の核と南の経済力を結合する事で、世界に冠たる朝鮮民族の国を作ろう」

と持ち掛けています。

これはもう、韓国の新聞にも出始めました。

文在寅政権、韓国の政権の本音はですね、北朝鮮の作った核兵器を南北で共同所有するという事なんだと思います。

北朝鮮と韓国が核兵器を共同所有する根拠

北朝鮮が作った核兵器を、南北で共同所有するこの根拠というのはどこにあるのでしょうか?

論理的な側面から説明しますと、状況証拠から見ても明らかにそうなんです。

今韓国は、ミサイルをですね、水中から発射できる潜水艦を2020年から配備を始めます。

これは、核武装の必要十分条件です。

これはどの国でもそうなんですけど、核弾頭を装備したミサイルを開発したとします。

でもそれでは、本当の意味では核武装した事にはならないんです。

なぜならですね、その国が核で先制攻撃されたらおしまいなわけです。

そこでですね、先制攻撃を防ぐためには、核ミサイルを積んだ潜水艦を配備しておいてですね、敵が先制攻撃をしてきても、核で反撃できる体制を作っておくことが必要なわけです。

つまり、潜水艦だとその潜水艦がどこにいるのか分からないから、敵は先制攻撃をしても、核ミサイル潜水艦を潰せないと。

そうすると、核で反撃されてしまうと。

そうなると怖いから、先制攻撃は辞めておこうと。

これが、各均衡理論の基本です。

ですから、ミサイル潜水艦というのがですね、核武装の際には必ず必要なわけです。

一方ですね、北朝鮮が核ミサイル潜水艦を作るのかといったらですね、北朝鮮の経済力と技術力では、まず不可能だと思われます。

そこで北朝鮮がですね、核弾頭とミサイルを提供する代わりに、韓国がミサイル潜水艦を提供すると。

まさに先ほどの経済力を結合させようと。

そういう動きが出ております。

原子力潜水艦の保有を企む韓国の動き

そのうえ、もう一つ証拠がありましてですね、韓国はミサイル潜水艦の動力をですね、原子力にすることまで計画している。

原子力潜水艦でなければ、1週間くらいで浮き上がらなければならない。

原子力だと、数カ月の間潜ったままでいられる。

まさに核ミサイル用の潜水艦であると。

実際に、原子力潜水艦の保有国というのは、すべて核兵器の保有国なんです。

なおかつ、もう一つ証拠がありましてですね、外交的にも韓国は実に奇妙な動きを始めました。

北朝鮮が核を手放す素振りを見せないようにですね、文在寅大統領は米国や欧州へ行ってはですね、北への制裁緩和というのを訴えているわけです。

北朝鮮への制裁解除を文在寅が頼んで回る理由

北朝鮮は制裁の影響でですね、再び今年の7月くらいから餓死者が出ているという噂が出回っている。

北朝鮮の庶民の間からも、核武装を辞めて、制裁を緩和してもらおうじゃないかという声が出ているという情報もあります。

つまり、せっかく今核放棄のチャンスがあるのにですね、それを潰す制裁緩和を、文在寅大統領が主張しているわけです。

韓国が核の脅威で日本を脅す日

周辺国からもですね、アメリカからもヨーロッパからも、もちろん日本からもですね、文在寅大統領は怪しいとみんなが思っているわけです。

韓国の外交的、あるいは軍事的な行動は全てですね、南北共同の核武装の方向を指し示すと思います。

だから、文在寅政権はですね、ミサイル潜水艦や、原子力駆動のミサイル潜水艦の配備に熱心なんですね。

核保有を目指す韓国に日本はどう向き合うべきか?

朝鮮戦争の終結、南北統一、そして朝鮮民族の核の保有、これを目指す韓国に対して、我々日本は、今後、どう向き合っていけばよいのでしょうか?

日本がすべきはですね、北朝鮮の核武装を何が何でも防ぐことだと思います。

そのためには、北朝鮮だけではなくて、北朝鮮の核武装に影で協力する韓国に対してもですね、強力な圧力をかける必要があります。

幸いに米国はですね、「南北がスクラムを組んで、核武装をやろうとしているな」と見抜いています。

私の本を読んだ、米国の情報専門家がやってきてですね、色々な話をしますけれども、やっぱり彼らも、その前提で話をします。

もう分かっています。

みんな驚くかもしれませんが、このまま南北を放っておけばですね、朝鮮半島に南北共同の核が生まれるわけです。

そのミサイルはですね、核ミサイルは日本の方を向くわけですから。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す