石平 韓国の火器管制レーダー照射は日本への挑戦状!朝鮮半島は常に日本の脅威!日本が悪いの?

韓国の次なる日本への挑発

司会 男司会 男

ニュースでもありましたけれども、12月20日の午後3時頃に、日本海上空を飛んでいた海上自衛隊の哨戒機に対して、韓国の駆逐艦が火器管制レーダーの照射を行ったという事なんですけど、これについては、大臣はいつの時点でどういう報道を受けたのでしょうか?

岩屋毅 岩屋毅

12月21日の朝ですね。

秘書官から報告を受けました。

もちろん、12月20日の時点で、そういう事案が発生していたわけですが、電波情報の分析等にですね、慎重を期す必要があるという事で、慎重に分析した結果ですね、

これは残念ながら、火器管制レーダー、いわゆる射撃用のレーダーの照射に違いなかったという事が分かりましたので、事案の重大性に鑑みてですね、これはしっかり公表する必要があるという判断に至ったわけです。

火器管制レーダーの照射はどのくらい危険?

司会 男司会 男

実際に、火器管制レーダーの照射というのはどれくらい危険な行為なのでしょうか?

岩屋毅 岩屋毅

つまりその、射撃をするためにですね、レーダーを当てるという事ですから、まさに攻撃直前の動作、行為という事になるんでですね、場合によっては不測の事態を招きかねないという非常に危険な行為だと言わざるを得ないと思っています。

日本は韓国にどういった抗議を行ったのは?

司会 男司会 男

韓国側に対して、抗議を行ったという事ですけれども、どのような形で、どういった抗議を行ったのでしょうか?

岩屋毅 岩屋毅

極めて危険な行為であるので、強く遺憾の意を表すと同時に、再発防止、二度とこのような事が起こらないように、申し入れをしたという事でございます。

日本への応答を無視した韓国艦隊

司会 男司会 男

過去にはですね、中国との間では例えば2013年に、尖閣諸島から100キロくらい離れた東シナ海の公海上で、自衛隊の護衛艦が中国の海軍の艦艇から火器管制レーダー(射撃管制用レーダー)を照射されたという事案がありましたけれども、韓国の軍の艦隊からこういう照射を受けたというのは、あまり聞いたことがないと思うんですけど、これはかなり異例の事態という風に受け止めていらっしゃるのでしょうか?

岩屋毅 岩屋毅

そうですね、従って、私が受けている報告ではですね、自衛隊のP-1哨戒機もですね、今、火器管制レーダーの照射があったようだが、どういう意図なんだろうかという事を問い合わせたそうですが、応答は無かったという事でございます。

従って、韓国側の意図がどの辺にあったのか、現場の判断だったのか、そうでは無かったのか、そこらへんはまだはっきり分かっていないという事でございます。

司会 男司会 男

現場で偶発的に起こってしまったミスみたいな可能性という事もあるのでしょうか?

あるいは、何かしらの意図があって、こういった行為があったと考えた方が自然なのでしょうか?

岩屋毅 岩屋毅

いずれにしても、きちんと説明をして頂きたいという風に思うんですね。

ミスであったという可能性も、ゼロではないとは思いますが、日本からの申し入れに対して、実はこういう事だったという説明をですね、是非して頂きたいなと思っています。

旭日旗問題との関係は?

司会 男司会 男

韓国との間では、自衛隊の国際観艦式に際して、いわゆる旭日旗を掲揚する自衛艦旗を認めないという事で、日本側が艦艇の派遣を見送ったという事がありましたけれども、そういう事も含めて、いわゆる徴用工の問題などもあって、最近日韓関係がちょっとギクシャクしているという状況ですけれども、そういう事も背景にあっての、今回の行為という可能性、この辺についてはどうお考えになりますでしょうか?

岩屋毅 岩屋毅

そうであって欲しくないという風に私は思っております。

例の観艦式の事についてもですね、私、シンガポールで韓国の鄭(チョン)国防長官と会談を致しました。

まぁ、私共からは、残念で遺憾であるという事は申し入れましたが、その上で、やっぱり日韓関係というのは大事な関係なので、是非未来志向で、防衛交流もしっかりやって行きましょうと言って、別れたところでございましたのでですね、

そういう事が積み重なっての事では無いという風に、そう信じたいと思いますけどね。

火器管制レーダーの照射が意味する事

司会 男司会 男

小原さんは、今回の事態、韓国の艦艇からのレーダー照射という事態、これをどういう風に受け止めますか?

小原凡司小原凡司

火器管制レーダーを当てるという事は、その前に捜索レーダーで目標を探していて、その目標の中から、これは攻撃目標であるという事を指示されて、火器管制レーダーに移管されるわけです。

そのシステムに移るわけですけど、その段階でそこはちゃんとオーダーがあったのか、それとも何らかのミスがあったのか、その辺りは分からない。

ですけれども、大臣がおっしゃったように、このレーダーを照射されたというのは、飛行機の上で分かりますので、どのような電波が周りにあるのかというのは、常に見ていますし、警告も出ますから、

そういった意味では、機上では驚いたと思いますし、危機感もあったと思います。

司会 男司会 男

どの段階の指示による行為なのか、そういう事も含めて韓国側に照会していくと、そういう意向を持っていらっしゃるという事でよろしいのでしょうか?

岩屋毅 岩屋毅

ていうか、今般の事案についてですね、私共からはきちんと外交ルートで遺憾の意を伝えておりますので、それに対して、応答して頂いてですね、説明をして頂きたいという事でございます。

日本には絶対に謝罪をしない韓国の言い訳

司会 男司会 男

こちらのニュースで新しい内容が入って来たのですが、韓国の艦艇が海上自衛隊のP-1哨戒機に火器管制レーダーを照射したという話で、共同通信によりますと、韓国の国防省が作戦活動中にレーダーを使ったけれども、哨戒機を追跡する目的でレーダーを使った事実はない、と表明したという事で、

これに関して、複数の韓国メディアが国防省の話として、レーダー使用は現場海域で遭難した北朝鮮船舶の捜索のためだったと報じているという事なんですけれども。

岩屋毅 岩屋毅

まぁ、あのきちんとしたご説明があればですね、しっかり聞かせて頂いて、我々も適切に対処したいと思っていますが、自衛隊が探知したのは間違いなく火器管制レーダーだったと思いますのでですね、

いずれにしても、そういうなんて言いますか、間違いというか、という事が起こらないように再発防止はしっかり求めたいという風に思います。

韓国が日本の友好国?

司会 男司会 男

韓国海軍の元幹部の話としても、友好関係にある日本にそういった敵対する行為があるはずがない、誤解か、何かの間違いでは無いかと言っていますけれども、

実際に船舶の捜索のために、こういう行為を行う可能性というのは本当にあるという風にお考えになりますか?

岩屋毅 岩屋毅

ちょっと、にわかには、なんていいますか、すぐにそうですか、という風にはいかないところがありますが、我々も何も事を荒立てようと思っているわけではありませんので、こういう事が、今後2度とですね、起こらないようにして頂きたいという事でございます。

レーダー照射、防衛省が韓国に再反論

韓国はゆすりたかりのチンピラ国

石平石平

僕ね、この事件の一つの日韓関係ね、戦後以来最大の、そういう山場とか転換点を迎えるという。

今までは、韓国はとにかく、まぁ、ゆすり、たかり、

日本に対して、嫌がらせをするとか、甘えて来るとか、要するにしょうもないチンピラね。

嫌がらせをしてくるような国だったんですけれども。

しかし、この事をもってね、もう要するに日本にとって敵国と、彼たちは自ら指名したんですわね。

竹島を占拠する韓国の日本への挑戦状

石平石平

もちろん、日本の竹島を今でも占領している。

それは色んな歴史的経緯はあるんだとしても、今回の行為は明らかに日本国に対して、敵対行為を行って、

要するに、なんていうか挑戦状というか、そういったものを叩きつけたという事。

我々はそこまで深刻に理解しなければならない。

韓国が軍事的な敵対国に

石平石平

要するに韓国が単なるゆすり、たかり上手のチンピラではなくって、日本にとっての脅威にもなるんです。

軍事的には、日本にとっての敵対国になる。

文在寅が進める韓国と北朝鮮の一体化

石平石平

しかも、長期的に見れば、今、文在寅政権が進めている実際が、北朝鮮との一体化。

よく言われる事が、新たな38度線が対馬海峡にやって来る。

今回の行動が、その前兆になるかもしれません。

朝鮮半島の軍事的な脅威

石平石平

要するにそれで日本は、もう一度国防戦略をね、もう一度考え直さなければならない。

これから日本は、深刻な時代になるのは、中国の軍事的な脅威ではなくて、朝鮮半島の軍事的な脅威。

ある意味ではね、それは近代、日本にとってのずっと大きな課題です。

日清戦争の原因も朝鮮半島

石平石平

日本はどうして日清戦争を戦ったかというとね、要するに中国勢力が、中国軍が朝鮮にね駐留して、日本にとって脅威になったからこそ、戦わざるを得ないと、

日露戦争も、結局、ロシア軍が、ロシア勢力が徐々に朝鮮に南下してきて、それでやむを得ず戦った。

ある意味日本は、明治と同じような立場に置かれているんです。

要するに朝鮮半島ね、常に日本の国防、

昔ね、日本にとっての脅威だったんです。

朝鮮半島は常に日本の脅威

石平石平

幸い、戦後ね、38度線が出来て、朝鮮民族が北朝鮮と韓国両方ね、対立するという状況になったからこそ、日本は朝鮮半島から脅威ね。

日本にとっての朝鮮半島の脅威が遠ざかったんです。

要するにあの連中が、民族同士で対立している間で、この70年数年間、

まぁ、朝鮮半島が日本にとっての脅威ではなくなっていたんです。

しかし、今韓国のこの行動を見てみると、あるいは南北の今のこの動きを見てみると、いずれか、場合によっては再び、朝鮮半島が日本にとってのたかり、ゆすりのチンピラだけじゃなくて、結構面倒を起こしてくる脅威にもなるという事を、

そこを我々は真剣に考えなければならないという事で、私はこの事件を非常に重くね、受け止めているんです。

要するに、朝鮮半島の歴史から見れば、これは深刻な問題です。

朝鮮半島に巻き込まれた日本の戦争

石平石平

日本はね、常に朝鮮半島の戦争に巻き込まれた事がよくあるでしょ。

白村江の戦いにしても、結局、日清戦争も日露戦争も、朝鮮半島が、穏やかな土地であるならば、日本はこんな戦争を戦う必要も、殆ど無いんですよ。

ただ今、これから日本はそういう事を考えなければいけない。

日本を完全にバカにする韓国

大高未貴大高未貴

本当にね、おっしゃる通りで、韓国はね、これ、ごまかしているんですよね。

「そんな事していない」などね。

もうね、どうしようもないと思うんですけど。

日本側だって、バカではないですから、ちゃんとした証拠を掴んでいない限り、こういった事は発信しないわけで。

逆に言えば、証拠があるからなんですよね。

公開の場で慰安婦問題の嘘を明らかにせよ

大高未貴大高未貴

それをね、そんな事をしていないだなど、なんだかんだと言ってんなら、公開の場で、しっかり検証しようと、実際にやればいいですよ。

で、いかに韓国が、物事を何でも嘘をついて、ごまかすかという事を公にして。

全部そうなんですから。

慰安婦問題から始まって。

それをね、まずはやった方がいいと思うのと、

火器管制レーダー照射の重み

大高未貴大高未貴

それと、火器管制レーダー照射の重みというのを、私は軍事は詳しくないので専門家に聞いたんですけどね、

やはり、射撃の一歩手前で。

他国の場合だったら、すぐにこれは報復措置に出ておかしくないという、そこまでやっているわけですから。

撃沈されてもおかしくない、駆逐艦ですと。

日本に早急に必要は憲法改正議論

大高未貴大高未貴

直ちに憲法改正を含めて、憲法議論に火をつけると言いますか、

そういうきっかけを作ってくれたというくらいにね、

災い転じて福となるにして、日本の安全保障、国防体制を整えるという事が、先決だと思います。

日米間軍事同盟への危機

大高未貴大高未貴

これは下手をしたら、日米韓の軍事同盟を含めて、米韓同盟にまで。

こんな国ですよ、同盟国にね、レーダー照射するような国なんで。

アメリカだって見ていますから。

北朝鮮が喜ぶことを文在寅はやっていますけれども、本当に石平さんがおっしゃったようにね、この朝鮮半島はこれから日本の安全保障に影響を及ぼしますよね。

自分が悪くても日本に謝罪を求める韓国

石平石平

しかも今、大高さんが言っているようにね、韓国政府の対応ね、本当にいやらしいですよ。

まず、事実は認めない。

それで、証拠を突き付けられると、確実な事実を突きつけられると、ごまかす。

日本の自衛隊機は入ってくるとか、なんとか、かんとか。

石平石平

とにかくね、日本に対しては、何でもかんでも謝罪を求めるでしょ。

しかし、自分たちがやった事は、何でもかんでも絶対に謝罪しない。

それで分かった事はね、韓国の辞典に書いている謝罪という言葉はね、他人に求めるものであって、自分たちがやることじゃない。

おそらく、韓国語の辞典に、謝罪という言葉ね、謝罪というのは他人に求めるものであって、自分はするものではないと、おそらくちゃんと書いているんでしょうな。

韓国の辞典にはな。

ごまかし、事実を認めず、嘘をつき、謝罪はしない韓国

石平石平

あれは、いやらしいですよ。

ごまかし、事実は認めない、嘘をつく、謝罪はしない、そんなものね、もし一人の人間だったらね、もう誰からも相手にされないですよ。

もう、そんな人間ね、最低や。

大高未貴大高未貴

火がついてきましたね。

石平石平

いや、最低や。

正直ね、中国はまだ色々悪い。

特に、中国共産党が悪い。

韓国はね、どっかの党が悪いじゃなくて、あの国自体や。

もうどうにもならない。

頭から、足の先まで腐りきっているんですよね。

でも、人の横っ面をはたいておいて、自制しろは無いですよね。

石平石平

そうやろ。

あのさぁ、包丁を突き付けておいて、反論したら、「お前なんで反論するの?」って。

なんで自制しないとあかんの?

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す