日本の原発の意味は核武装だけ!福島原発事故は偶然ではない!武田邦彦

原発問題は日本の政治問題のごく一部

原発の問題というのは、日本の政治の中で別にごく一部にすぎません。

ある意味で、産業という意味では本当にごくごく一部なんですが、安全性という意味で大きいという意味を持っております。

ここのところで、生きたい社会の政策の2番目に原発と言うのを持ってきたのは、そういう日本の政策のうち、非常に大きなものではないんですが、考え方としてはちゃんと考えておかなきゃいけない問題なんですね。

原発についての1番の問題は、何しろ思想が先行するということなんですね。

原発反対の武田は講演会に呼ばない

右翼の人は右翼って言ったらあれですけど、右寄りの人は私に対して、武田は原発に反対しているから絶対口きかないっていう人から、昔から私を講演会に呼んでくれた方も、武田先生は原発に反対している間は講演会には呼びません、というふうに言われる人もいますし。

左の人は、武田は原発やってたから、原子力をやっていたからけしからんと言って、こっちもアンチなんで、両方ともから疎外されておりますが、私は原発の問題はどういう問題かとらとえているかと言うと、原発は危険なんすよ。

福島原発事故は偶然ではない

これは福島を見ればわかるというか、私は科学者ですから、やっぱり事実先行なんですよ。
福島原発事故は偶然に起こったものじゃないんです、あれ。

もちろん大きな地震というのはありました。

多くの人は原発を進めたいと思う人は心の中でどう思ってるのかといったら、もうあんな大きな地震当面ないよ、と思っておられるのかもしれませんね。

かたや、東南海地震があるって言ってものすごいお金を投じてはいますが、心のなかでは、お金を投じるためにやっているのであって、人間のためにやっているんで、本当は地震なんか来ないよと。

1000年に1回なんだと思っておられると思います。

地震大国の日本は原発に向いていない

しかし地震はけっこう来るんですね。

日本の原発は危険なところに建ってるんですよ。

フランスの原発が安全である理由

つまり、日本人は本当は心の中では原発は危ないと思っていましてね、フランスでは内陸といいますか、普通の田んぼの真ん中に原発があったりしているわけですね。

やっぱり安全だと思っているわけですよ。

ところが日本は危険だと思っている。

それは正しいんですね。

地震がありますから。

フランスは地震がないんでですね。

原発を作りたいなら東京に作ったら?

つまり日本人の何と言いますか、本音と建て前といいますか、そういうものが露骨に出ているわけですね。

原発の立地の人が昔から言っておられたように、何で東京に作らないのっていうのは、本当にズバリとした言い方なんですね。

ですから私が原発をやりたくないのは、単に原発が技術的に不完全だからなんですよ。別に経済的とか何にも言ってないんです。

思想的とか言ってないんですね。

私の技術観、これは他の人がかなり言っても私は変わらないと思うんですよ。

それは、もうここのブログでも何回も言っているわけですね、理由は。

今の技術で日本への原発建設は危険である

多重防御の問題、固有安全性の問題、制作の問題いっぱいあるんですけど、まぁ危険なんです。

これほど危険で運転するなんていうものは、日本にはないんですよ。

新幹線にしても飛行機にしてもですね、石油化学コンビナートにしても、そんな安全性とまったく桁が違うんですよ、原発の安全性は。

危険なんですよ。

だから私反対しているだけなんですね。

日本の原発の意味は、核兵器を作るという点だけ

それから、経済的には核を作るという点を除けばですね、原発は全然意味がないんですね。
第一原発は高いんですよ。

危険な状態で運転すれば少しは安くできますが、それでも15円というところでしょうね、キロワット当たり。

日本に原発が必要ない理由

そうしますとですね、石油とか石炭火力のほうがずっと安いし、もちろん日本で出すCO2なんていうものは、石炭火力はCO2が出て温暖化するって言っています。

私は温暖化しないと言っていますが、温暖化するとしてもですよ、日本列島で石炭火力をやっても、出てきたCO2というのは全部偏西風で吹かれて、太平洋にたたきつけられて溶けてしまって、魚の餌、つまり具体的に言えば植物性プランクトンのえさになるだけで、漁業が進むっていうだけで、温暖化に関係ないんですよ。

私が科学者だからそう思うんですかね、私は具体的なことしか考えられないですよ。

CO2を出すのが道徳的に悪いんだなんていうことは、私は考えません。

日本で出るCO2は偏西風で吹かれて太平洋に行き、注意度太平洋は、CO2の溶解度はまだ低いんで、ひと雨降れば全部CO2は太平洋に吸収されて、そして植物性プランクトンの餌になる。

つまりCO2っていうのは植物の食べ物ですから、食糧ですからね、食糧供給になるわけですね。

だから問題ないんですよ。

資源的にも問題はありません。

石油燃料よりウランの方が先に無くなる

資源という点では、石油系の化石燃料があと4000年ありますから、これも大丈夫だと。

ウランの方が先になくなると思いますが。

問題は、原発を動かすと福島みたいなことになるので、やっぱりあれはよかった方なんですよ。

原発事故で日本国土がダメになる危険性

1号機2号機4号機は、原子炉は爆発してないんですよ。

空気が爆発しただけですよね、原子炉建屋内の。

原子炉が爆発したら、もう日本国土はダメなんですよ。

だから私は、原発は産業的には意味がないんです。

経済的には意味がないんですよ。

危険なだけなんですよ。

核武装したいならこそこそやるな!

メリットって言えば、核武装するときのプルトニウムをとれるっていうことなんですけど、日本は核武装するなら、こそこそやるんじゃなくて、核武装するぞって言ってやればいいんです。

そうすれば遠心分離機もあるし、原発も1機か2機残しておけばすぐできるんですから。

だからそんなことは核武装するのが心の中にあるので、原発の運転を無理やり理屈をこねるって言うやつは、私は成功しないと思うんですよ。

もっと真正面から行ったらいいわけですね。

日本の核武装を国民で議論せよ

日本が核武装するかどうかっていうことを国民で議論して、核武装する。

ところが原発の運転に賛成している人たちは、本当は、僕は心の中は経済的にも意味がないと思っておられると思います。

原発は売り上げを税金で補填している

というのはですね、原発はだいたい5兆円の売り上げなんですよ。電力の売り上げは。

1番動かしてですよ、ものすごく動かして5兆円。

その下の1割、5000億円以上を、税金とかそういうもので補填してるんですよ。

だから原発はコスト的にもいいように思うんですけど、5000億円の原発の補助をやめたら、電力会社は原発をやりたくないと思うんですよ。

リスクは背負う。

石炭火力よりか高い。

そんなことをやる、もし経営者がいたら、それは袖の下をもらっている経営者しかいないわけです。

中部電力と関西電力は袖の下を貰っている

現実に原発の事故の後ですね、中部電力とか関西電力のお偉方が、袖の下をもらっているのが新聞にずいぶん書かれてましたよね。

だけど私は、これからの日本を守るのに、袖の下をもらって意見を変えるような主力経営者とか政治家を、残しちゃダメですよ。

中国になっちゃいますよ。

日本が中国になる日

中国は賄賂の文化だけど、日本の武士は賄賂を取らないんですから。

それは大切なことで、それで日本は発展してきたわけですよ。

日本の政治家、日本の経営者は、学者もそうなんですけど、絶対に袖の下をもらっちゃいけませんし、袖の下っていうか、僕なんかでも研究費もらったんですけど、研究費もらったからといって意見を変えるというような人が、指導者にいちゃいけないんですよ。

それは私、絶対そう思いますね。

私たちの子供のためにも。

被爆問題で国民を騙すヤツらの手口

ということで、原発の問題は小さい問題ですが、それからあとで別にお話をしたいと思いますが、1年1ミリシーベルトの規制もですね、ショウジョウバエの遺伝がどうだとか、それから世界にはもっと高い被爆のところがあるとか、そんなことは僕たち専門家は全部知ってるんですよ。

それは当たり前なんですよ、それは専門ですから。

そのうえで、遺伝的なこと、それから発症のことを考える。

これはポイントは、よく原発事故のあと、少し汚れた水を飲んで、俺は平気だって言ってましたけど、病気っていうのはそういうものじゃないんですね。

インフルエンザが流行ったから、インフルエンザがものすごく流行ってもですね、1億2000万のうちだいたい1万人なんですよ。

1万分の1しかならないんです。

ですから病気というのは、もともと1万分の1以下を問題にしているものなんですよ。
そこをわざわざ錯覚させる人がいるんですね。

人間に対する害も非常に細かく研究されているわけで、日本人の科学に対する後進性というのもあるんじゃないかと思います。

とにかくやめなきゃいけませんですね。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す