武田邦彦 慰安婦問題も南京大虐殺もでっち上げたのは日本人!反日を望む日本人!

反日をでっち上げた日本人

中国とか韓国が反日なのは、中国と韓国が反日になったんではなくて、日本人が勝手に反日にしたということをこの第1部では言っているわけですね。

それで、いよいよその大詰めに来たわけですが、もちろんシーシェパードに対する取扱い方とか、そういう一般的なこともあるし、それから慰安婦も完全に日本がでっちあげたものです。

日本人がでっちあげたものですね。

南京大虐殺もでっち上げた日本人

それから南京虐殺も日本人がでっちあげ、南京虐殺なんか本当にそうなんですが、実は今から数年前に、名古屋市の河村市長が自分の父親のことを回想しながら、日本軍が南京の人たちに対してひどいことをしたというのはちょっと信じられない、ということを議会でお話をしたら、

自民党を中心とした議員は猛烈にそれに反発し、かつ世論も中日新聞をはじめとした世論も河村市長を非難し、

私がそれに対して何か本でも書いてみたらどうかと思って活動したら、出版社も南京虐殺を否定するとなかなか厄介だと、みんな事なかれ主義で、日本が不利になっとけばいいだろうというふうな感じなんですね。

北朝鮮に拉致されている事を知っていた日本政府

それは北朝鮮についてでも同じで、ここに横田めぐみさんの写真を出しておりますが、私は横田めぐみさんの、小さいセーラー服とかお正月の雪の中おべべを着ているのを見ると、本当に心が痛むわけですね。

というのは、あの時日本からいろんな人が拉致されることを、日本政府も知っていた。

アメリカ軍が止めたのか、自衛隊が止めたのか、朝日新聞が止めたのか、それとも朝鮮の流れをくむ日本の人たちが止めたのかわかりませんけど、いずれにしても日本人が日本国土から拉致されていくのを、警察も海上保安庁も自衛隊も全く止めずに、そのまま放置し、それについての事情も現在まだ説明していない。

横田めぐみさんの拉致を知りながら救わなかった日本人

事情を説明するということすら、する勇気がないというふうに思うんですね。

それが、この横田めぐみさんの1枚の写真を見て、そういう人たちが当時の状態を発言する勇気を持ってほしいと。

どんなに偉い顔をしてても、横田めぐみさんを拉致から救えなかった人たちが、自分の身のことを考えて、小さな損得を考えて、1人の少女が不幸な人生を送るに至ったことを止めなかった根源を発言できないようでは、私は反日というのが生まれてしまうのは仕方がないと思うんですね。

日本にミサイルを撃ち込む北朝鮮

それからもう1つは、隣にあるミサイルですね。

ミサイルが、これは2016年の秋に打ち上げられた北朝鮮のミサイルですが、7月と9月と、それぞれ2発か 3発くらい、北朝鮮の平壌の西から打ち上げられて、それが日本海約1000キロを飛んで、日本海の秋田沖、もしくは奥尻島沖の日本の排他的海域に落下した。

そこには日本の漁船も操業していた。

当然そうで、排他的水域というのは、日本漁船のいわば農地のようなものですから、自分の農地の上に降ってくる。

しかし、定められている空襲警報も鳴らず、NHKも、落ちてしまってから、どうやら北朝鮮からミサイルが落ちたようだと言い、国土交通省も被害はなかった模様だと発表する。

拉致されようがミサイルを撃たれようが我慢する日本人

全ての日本人が、北朝鮮に横田めぐみさんを拉致されても、ミサイルを撃ち込まれても、我慢をする。

何で我慢するんですかと聞きますと、北朝鮮に悪いから。

騒いだら、北朝鮮に悪いから。

中国船の領海侵犯を隠蔽した仙谷由人

画像出典:prt.iza.ne.jp

もしくは、中国の船が尖閣諸島に来た時に、日本の海上保安庁の船にぶつかりました。

日本の領海内ですね。

その映像を公開した海上保安庁の係官は、その後退職しました。

その情報を公開しなかった当時の官房長官の仙谷という人は、今でも繁栄しています。

※仙谷由人さんは、2018年10月11日、肺がんのため、72歳で死去。

どういうことですかね。

日本を守る、日本人を守るということが第1の日本政府が守らず、かえってそれを守った海上保安庁の人が退職を迫られるというのが、実は反日の根源なんですね。

極端に弱腰な日本人

この弱腰、一言で言えば弱腰、日本人の極端な弱腰ですね。

シーシェパードが捕鯨船に乗り込んで来たら、コーヒーを差し上げる。

全く事実無根の慰安婦事件というのを日本人のある人がでっち上げたら、事実も調べずに首相が謝り、官房長官が談話を出す。

南京の虐殺はどれくらいの虐殺か、なかったと思いますが、あったと言われたらそれを大々的に報道し、日本の国内で南京虐殺のことに触れると中国に悪いからと言って遠慮する。

北朝鮮のミサイルも遠慮する。

横田めぐみさんが拉致されても遠慮する。

日本と中国の根本的な違い

それからさらに、日本は現在の中国には、戦時賠償というのをあまりちゃんとしておりません。

それは中華民国と戦いましたから、現在はシナに、中華民国という国があるわけじゃなくて、中国共産党の国があります。

日本と違いまして、シナというのは土地の名前であって、国の名前ではないんですね。

シナの場合は日本と全く違って、日本は日本国というところに天皇陛下がおられて、ずっと日本国なんですね。

そこに政権として、ちょうど鳩山政権が安倍政権に変わるように、政権として室町幕府とか江戸幕府というのがあったわけで、国は1個でした。

ところが中国は、元という国がモンゴルから来て占領すれば元、そのあと明になれば明、清になれば清なんですね。

これは国が違うので、前の皇帝を殺して、その墓を暴いて、記録を抹殺するということをやるんですね。

それは国が違うからですね。

日本が中国に垂れ流したODAの正体

ですから中華民国という国、清という国は滅ぼされて、清という国はないんですよ。中国に清という政権があったんじゃなくて、シナという土地に、清という帝国があったわけですね。

それが中華民国に変わり、さらに中国共産党の国に変わっているわけですから、日本は当然違う国に保証するということはできないので、保証をしていない。

ところが、中国は金をくれ金をくれとせびる。

そうすると、ODAという形で金を出す。

今まで3兆7千億円という膨大な金を出し、これだけ中国が日本の尖閣諸島とかを取りに来ているにもかかわらず、今年もまだ360億のODA援助をするという、本当に世界の常識とは全く違うことをする。

※日本政府は2018年度をもって中国への途上国援助であるODAを終了すると発表しています。

日本への反日を望む日本人

これだけ日本が、反日にしてくれ反日になってくれと世界に呼びかければ、世界も日本人自身がそんなに反日が好きなら、我々も反日になってあげようかというふうに思うのは、無理からぬところです。

現在この録音をしている時(2016年10月)に、北朝鮮がミサイルをあげる準備をしているというニュースが流れておりますが、今度こそ、空襲警報を鳴らしてほしいと。

要するに北朝鮮に遠慮して、ということはやめてほしいと、私はそう思っています。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す