日本が戦わざるを得なかったアジアの悲惨な実態!事実と異なる日本の軍部と東条英機批判!武田邦彦

事実と異なる日本の軍部批判

世界の国を平等にする。

今の日本の人がほとんど批判する、いわば日本の軍部とか、東条英機首相とか、当時の日本のことをものすごく悪いように言う日本人が多いわけですね。

私たちのおじいさんが、全く判断を誤った、悪い人たちの集まりであったというような評価は、どこから来るんだろうと思うくらい、事実と異なるわけですね。

戦争の見方とか、戦争の前のヨーロッパの植民地の状態に対する見方というのは、私は陰謀論とか、その国の人たちの首脳部の意図、というよりは、むしろ事実そのものをまずは中心にして考えるという考え方なんですね。

日本に大陸侵略の意図はあったのか?

だから例えば、日本が日露戦争をした、それはこういう意図、日本には大陸の方に進出する意図があったんだと、大陸の方に進出する意図があったかどうかというのは難しいんですよ。

これは人によって意見が違うんですね。

人によって意見がちがうということは、事実がきちっとしていないということを言っております。

ただ、はっきりしていることは、私は科学者なので、事実を中心として見れば、日本は大陸に攻め入ることはなかったわけです、事実として。

ところが、ロシアが満州国を全部取り、朝鮮から釜山まで来ることになったので戦った、つまりこれはどういうことかと言うと、ロシアの皇帝ニコライ2世も言っているわけですね。

日本に侵略するつもりだった大国ロシア

どこまでも行けと、日本は戦争を仕掛けてこない、弱小国だから、とこういっているわけですね。

ですからこの日露戦争というのは、日本がいわば膨張するつもりはなくて膨張した。

日本が朝鮮併合を嫌がっていた事実

その後朝鮮をとったじゃないかと言うけど、朝鮮はどうしても取りたくないと散々言ったんだけど、とにかく治めてくれと言うから治めたという感じなんですね。

それから、満州事変、シナ事変もそうで、いずれも仕掛けられてやると。

仕掛けられてやるのは謀略に乗ったんだって、それはそうかもしれない。

それは見方ですね。

日本の疎開地を全滅させようとした中華民国軍

私はまず事実だけ、満州事変も上海も、上海事変なんか非常に明らかなんですが、日本の疎開地を全滅させようとして、中華民国軍が来たので反撃したと、そこまでは歴史的事実なんですね。

だから、まずは歴史的事実を整理して、そのあとそれは実はこういう意図だったというふうに整理したほうが、目の曇りを取りやすいわけですね。

タバコを吸ったら肺がんになる、これはタバコの煙が臭いとか、タバコは火事になるとか家計を圧迫するとかいうのを全部まずおいて、タバコと肺がんの関係だけを見ると、タバコを吸っても肺がんにならないと、こういうふうになるわけですね。

こういったことというのはいっぱいあって、まずは先入観なく、また結論を急がずやるということが非常に重要じゃないかと思います。

有色人種が世界で初めて行った国際会議

それでこの1943年に東条英機が行った大東亜会議、これは有色人種で世界で初めての国際会議なんです。

有色人種の世界初めての国際会議。

こういうものが行われたっていうことはやっぱり偉い。

それがどんな戦局によろうと、これを言いますと、日本が戦況が悪くなってきたのでそれを挽回するようにやった、そういう会議だという、反日的な評価が来るんですけど、私はそれは分かっていないわけじゃないんですが、

だけども、有色人種で初めての国際会議をやったという事実が、まず先にあって、その後にそれはどういう意図だったかというのがあってもいいけど、その意図が先に来て、意図は本当の意図か分からないんですが、その意図があって、

したがって大東亜会議を子供たちに教えないという、こういう結論に行ったんですよね。

そのつながりが私は、ずっとここで歴史を科学としてやってるわけですね。

歴史を科学的検証するためにまず必要な事

歴史を科学としてやると、まず第1段階はデータの整理なんですよ。

まずデータの整理をして、そのデータにみんなで合意をして先に進まないと、ダメなわけですね。

科学、僕のやっている工学は、飛行機の材料が作るわけですが、飛行機の材料に議論があってはいけないんですよ。

みんなが材料がこれならいいね、これならいいねといいながら、合意しながら進んでいく。

合意をまずは事実からとらないと、意見から合意を求めようとすると、合意が求まらないんですね。

日本の評価されない世界との戦い

ここでは1943年に日本が主導して、第1回の有色人種国際会議をした、ということなんですよ。

これはもう、白人なんかはもうトルデシリャス条約から始まって、あらゆる会議を白人同士がやって、有色人種を占領してきたわけですから、それはもう全然すばらしいことなんですね。

日本が戦わざるを得なかったアジアの悲惨な状態

そして第2は、その時のアジアの情勢ですよ。

日本が進出する直前の。

ロシアが赤、イギリスが黄色、フランスが黄緑、薄い赤がオランダ、白のフィリピンがアメリカ。

アジアには国がないんですから、だからこんな状態であったということは、事実として認めなきゃいけないんですよ。

それでも日本が侵略したとか、日本が攻め入ったとか、軍国主義だったっていうのは、事実としてどこを言っているんだろうなと僕は思うんですね。

多分、アメリカとか白人の教育に洗脳されたんだと思うんですけど、洗脳されたらこの事実が見えないのか、という感じなんですね。

大東亜会議で日本は何を語ったのか?

この大東亜会議で話されたことが、まず国の大小によって、小さい国を占領しちゃいけません。

それはそうですよね。

それから、軍事力が強いからと言って、弱い国を攻めてはいけません。

今の中国がそうですよね。

それから、資源があるからと言って、資源がない国を攻めてはいけません。

そういうように、弱いものを、自分がそのほうがいいからと言ってやっつけてはいけません、と言って宣言をしたのが、人類で初めての、人種差別もいけません、と言ったわけですね。

日本人が誤解している東条英機と反日教科書

これはもう、世界で初めての宣言であり、それはもう東条英機さんはものすごく偉いというふうに評価すべきですよね。

だけどこの大東亜会議、及び大東亜会議の宣言文というのを、学校で全く教えない、なぜ教えないかと言ったら、教科書が反日だからなんですよ。

日本人全部が反日なんです。

とにかく日本が悪いということは喜ぶ。

日本人がいいことをやったというのは、全部悪い意図があったと解釈する。

これではやっぱり素直に見れませんね。

今のタバコと一緒ですね。

タバコが出てくると嫌だから、タバコが悪いことにしとけばいいんだよと、事実に目をふさごうと、こういう感じですね。

アメリカの原爆はよくて北朝鮮の原爆は悪い

アメリカが1054回の原爆実験をやったけど、それは正しいと。

北朝鮮は4回やった、これはけしからないと。

北朝鮮は悪の国だと。

じゃあアメリカは悪の国じゃないんですか、いや、それはちょっと言わないでよ、ということでは、それはやっぱり僕は歴史を勉強するということはできないんじゃないかと思うんですよね。

当時の日本は今の北朝鮮状態

この当時の日本は、今で言えば国際的には北朝鮮みたいなものだったんです。

北朝鮮がミサイルを撃つと、みんなが非難する。

もちろんこれは日本は防衛しないといけないですよ。

絶対に日本は防衛しないといけないけれども、アメリカも中国もロシアも、ミサイル山ほど持っている、もちろん実験も山ほどした。

原爆実験で大量の被爆者を出したアメリカやフランス

アメリカ、フランスなどに至っては、南太平洋でどんどん原爆実験をして、その人たちを大量に被爆させたんですよ。

重症患者だけは、アメリカ本土に連れて行って治療しましたけれども、放射線の軽症で癌になった人たちは1回も助けたことはない。

その事実は絶対に言わないです。

反日の人たちは、絶対に言わないですね。

だから、それは逆側もそうなんですよ。

中国の原爆はきれいだと主張した大江健三郎

ノーベル賞をもらった大江健三郎さんが、中国の原爆はきれいだと言ったわけですから、アメリカの原爆は汚いが、中国の原爆はきれいだと言ったんですね。

なぜか、共産主義の原爆はきれいだ。

文化系の人、そうなんですかね。

僕はこれは科学じゃないと思いますよ。

科学はきれい汚いは実際に分析して、汚ければ汚い、きれいならきれいであって、それはもうしっかりしておかないと、やっぱり私たちの子供たちの将来も見誤ると思うんですよね。

だから私は、北朝鮮なんかにあまり攻撃をしないのは、よく見て、もちろん北朝鮮のミサイルを防ぐことは絶対に必要で、空襲警報を鳴らさなきゃいけませんが、それと北朝鮮は悪い国だという言い方とは成立するのかということですね。

テロはダメなのに原爆はいいのか?

これは、この頃少し弱まってきましたけど、テロは悪い、許せない。

テロは許せないって言ったって、空から空爆して、何千人も殺してるのはいいけど、自分が胴回りに爆弾を巻いてドカンとやるのはいけないと。

無垢の市民を殺す、いや、空爆は全部無垢の市民を殺しているわけですね。

特にこの前、ロシアの意図的な病院への爆撃が2回ありました。

大量に、病院の患者さんも、医者も看護婦さんも死にましたね。

日本の、NHKをはじめとした新聞は、ほとんど報道しない。

白人の悪行三昧は一切報じない日本のマスコミ

つまり、白人がやったこと、悪いことは報道しない。

アジア人のやった悪いことは報道するという、この大東亜会議の精神にも悖るようなことを現在の日本がやっているというのは、僕は非常にこういうニュースに接すると、残念な感じがするんですよね。

なぜそんなに自分の感情とかそういうものを優先するのかな、と思ったりいたします。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

「いいね!」を押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

コメントを残す