日本人が好きな国と嫌いな国!フランス人が好きな国と嫌いな国!日本人の根深い白人コンプレックス!武田邦彦

「いいね!」へのご協力をお願い致します!最新情報をお届けします!

フランス人と日本人の好き嫌いの違い

反日の根源というのをずっとやってきたわけですけど、反日ということの追加をしておきたいと思います。

世界の人は、日本をどう見ているかということなんですが、あと日本人がアジアをどう見ているか、アジアの人が日本人をどう見ているかという、そういう視点からちょっと見てみますと、ここには、フランス人の好き嫌いと日本人の好き嫌いを比較しております。

これは非常に地図的なんですけど、まず左上の世界地図が、日本人の好き嫌いなんですね。

日本人の好き嫌いを見ますと、まず好きという国は紫色の国、自分の国はブルーなんですが、紫色の国が日本人は好きなんですよ。

日本人が好きな国

そうすると好きなのは、アメリカとフランスとドイツ、イギリス、フィンランドなんですね。日本人が好きなのは、あとはタイですね。

タイ、フィンランド、イギリス、ドイツ、フランス、アメリカなんですよ。

いずれも、タイ以外は白人で、かつ日本が痛めつけられた相手なんですね。

だからやっぱり日本人は白人好みなんですね。

その次の、ラブの下のライク、好きだという国は、カナダ、ブラジル、ヨーロッパのほとんど、イラン、トルコと、こういうところが好きなんですね。

だから、大好き、ラブと、好き、ライクと、2つ合わせますと、日本人はヨーロッパ人とアメリカ人が好きで、それからトルコ、イランが好きだと、こういうようなことになるんですね。

日本人が嫌いな国

日本が嫌いな国は、中国、朝鮮、それからイラン、トルコ以外の中東なんですよ。

いわゆるアラブ人のところですね。

これが嫌いなんですよ。

あとパキスタン、ヘイトですから、殺したいほど嫌いだというのが中国と朝鮮と中東で、中東は多分、これNHKの報道の影響が大きいでしょうね。

白人が好きでアジア人が嫌いな日本人

だから日本人は、やっぱり近隣のアジアが嫌いなんですよ。

アジアが嫌いで、白人が好きなんです、日本人は。

ちょっと考えちゃいますね。

だって中国が憎らしいというのが分かるにはしても、サウジアラビアとか、シリア、イラクなんかは、どちらかというと親日国ですよ。

そこはやっぱりアジアだから嫌いなんですよ。

インドとかインドネシア、フィリピンとか、そういった割合日本と親しい国でも、好きでも嫌いでもない、という感じなんですよ。

だから、何かやっぱり日本人の感じ、国際的な感じというのは、やっぱり白人コンプレックスなんですよね、残念ながら。

フランス人の好きな国

これに対して、右下はフランス人の好き嫌いなんですよ。

フランスですから自国はブルーなんですけど、好き、ラブ、と言うのが、アメリカ、カナダ、あとヨーロッパなんですよ。

つまり、近くが好きなんですよ。

日本で言えば、朝鮮とか中国が好きっていう感じなんですよ、フィリピンとか。

フランス人が嫌いな国

嫌いという国は赤ですね。

嫌いという国は、中国、モンゴル、それからロシア、ロシアはやっぱりどちらかというとライクなんですね。

中南米もライクです。

つまり、フランス人は白人ですから、白人系が好きなんですね。

嫌いなのがアジア系なんですよ。

つまり、中国からモロッコに至る、中国、インド、中央アジア、中東、それから北アフリカっていうところが嫌いなんですね。

だから民族が近い方が好きで、民族が遠い方が嫌い、というのがフランス人で、私はこれまともだと思いますよ。

白人と有色人種が勝負すると負ける理由

ところが日本人は逆で、白人が好きでアジア人が嫌い、ということになるんですね。

そうなりますと、今のところ白人と有色人種が勝負しても負けますよ。

だって、白人は白人同士が好きなんでしょ。

アジア同士が反目する白人崇拝

ところが、日本も中国も韓国も、みんなアジアはアジア同士で反目してるんですから、だから大東亜会議、東条英機さんがやった大東亜会議というのは、アジアが一体になろう、アジアが仲良くなろう、そうしなければヨーロッパに対抗できないよっていう、彼の大東亜会議の宣言は、きわめて正しいんですよね。

つまり、アジアはアジア人同士で反目してるじゃないかと。

こんなことをしていたら、今でもヨーロッパ人に殺されたりしているのに、植民地になったりしているのに、おまけにアジア人同士がけんかしていてどうするのっていうわけですよね。

これはやっぱり、白人崇拝とか、そういうのがあるんでしょうね。

この前の回にそれをやったんですけれども、やっぱりそれが非常に強いような気が、私はします。

色々な面で有利な白色民族

それで、こういう白人崇拝みたいなことをやっていたら、私はやっぱり白人に勝てないと思うんですよ。

もともと白人の方がいろんな点で優位なんですよね。

いろんな点で優位な白人に対して、さらに有色人種同士が反目し合って、韓国みたいに反日だとか何とかやってて、日本も韓国に対してえらくとげをたてたりしているわけです。

一方アジア人を占領したフランス、白人の方は、白人同士が好きなんですから、白人同士が好きっていうのはやっぱり白人の文明を持ってて、町の作り方も白人に近いから、やっぱり白人同士が白人を好きになっちゃう。

その点では、日本と中国は漢字も共用していますし、韓国だってずいぶん日本と親しかったわけですよ。

戦争しても仲良しな白人と戦争しなくても仲が悪いアジア人

それから、フランスはイギリスが好きだと言っていますけど、ラブだと言ってますけど、イギリスとフランスっていうのは戦争をし続けていたわけですね。

日本と韓国、日本と中国は、ちょっと過去に戦争をすると、お互いにそれをネタにして今でも反対してるんですが、その点ではやっぱり白人の方が偉いんですかね。

白人が偉けりゃ白人に支配されるのもしょうがないって言えばしょうがないんですけど、残念ですよね、やっぱり。

残念。

非常に狭量な日本人

その点では、私は日本人というのがまだずいぶん狭量なんだなという気がしますね。

かつての日本人の方が、まだ中国とか朝鮮とも親しく、それほど悪い感じを持っていなかったわけで、その点では日本人は偉かったんですけど、この頃ダメになったと言えないこともないと思いますね。

このところはちょっとこの地図をよく見て、私たちがアジアの国を好きにならないで、白人の国が好きだという現状を、これをやっぱり考え直さなきゃいけないんじゃないかと思います。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

「いいね!」へのご協力をお願い致します!最新情報をお届けします!

One Response to “日本人が好きな国と嫌いな国!フランス人が好きな国と嫌いな国!日本人の根深い白人コンプレックス!武田邦彦”

  1. 匿名 より:

    日本は島国です。入って来る情報も出ていく情報も極端です。
    中国、韓国について、いいイメージがない、というのは当然です。
    勝手に侵略され、反日を掲げ、旅行に来れば好き勝手され、スポーツでは自己顕示欲剥き出し。勝手に起源にされ、技術はコピー。何があっても謝罪と賠償。友好でいようと考えられる方がおかしいです。
    中国に対する対応はまだ穏便です。中国が政治や公共ではまだマシだから。
    旗掲げるな、なんて言いませんから。
    アメリカというバインダーがありながら、近すぎず、遠すぎず上手くやっているのではないでしょうか。お互い価値観の違う隣国はそれぐらいでいいと思います。
    わざわざ無理に仲良くする必要はないんです。

    フィリピンとは最近は上手くやっている印象です。
    シリアは内戦が多い国です。行こうと思う人は中々いないと思います。

    ヨーロッパに対するイメージは良くも悪くも遠いから。向こうも同じです。知っているけど、詳しくは知らない。いいイメージは入って来やすい。
    フランスは元々自国の近くの国の他はあまり興味がないんです。
    最近、ドイツは中国に寄っていて、反日もいるという事情もあります。でもちょっと脱中国したい様ですね。だから首相が日本に来たのではないでしょうか。

    今生きている人々は大雑把に言えば戦争経験者ではありません。
    だからかはともかく、アメリカやイギリスに対しては悪いイメージはないですね。歴史問題での圧迫、侵略さえして来なければ、未来的思考のビジネスパートナーになり得るでしょう。

    貴方の記事はどうにも左翼的な雰囲気がしますよ。

    一度、福沢諭吉の脱亜論を読んでみることをオススメします。ただのアジア批判、白人age論ではありません。

コメントを残す