藤井厳喜 日本を遂に敵国と認識した韓国!韓国がレーダー照射した真の狙い!国連も舐める文在寅!

日本を敵国と認識した韓国

文在寅政権のスタンスというのははっきりしてて、今度の火器管制レーダーの使用っていうのは攻撃の第1段階なわけですよね。

ですから、日本を敵として認識したということですよね、これは。

おそらくこれは、瀬取り行為かなにか、いわゆる北朝鮮の船に南の方の船から燃料かなにか貴重なものを洋上で移すと、移動させるという、瀬取り行為というのがありますよね、それをやってたんじゃないかと。

そこをP1哨戒機に発見されたんで、具合が悪いと思って追っ払うために、おそらく火器管制レーダーを使ったというのじゃないかと思う。

これをね跳ね上がり行為だとかいう風に言って、いち小さな事件でね収めちゃいけないと思うんです。

これを大きな観点から、ディテールのところは井上さんがきっちり言っていただいたんで、考えますとね。

日本の排他的経済水域で韓国が行う不審行為

要するにどういう事実が残ったかというと、火器管制レーダーを照射されて、一番大事なことは、日本の排他的経済水域の中で起きたということですね。

排他的経済水域は領海ではありませんが、領海に次ぐ場所です。

ですからそこで怪しい行為をやっているということ自体が日本にとって大問題なわけですね。

北朝鮮の不審船だってこのEEZを通って日本の領海にも入ってきちゃって気がつかれないうちに日本に到達しちゃう。

ということで、日本は海で囲まれてるから海で守られているという側面と、海から、どこから来ても侵略され得るという両面があるわけですよね。

実はあの場合で言えば、これからどういうことをしなきゃいけないかというと、ああいうことをされて応答がなかったらば、日本としては、日本側から攻撃の意図を示さなきゃいけないんですよね。

火器管制レーダーを向こうに照射して、このままだったら攻撃しますよ、出ていきなさいということが警備活動ね。

それをやらなきゃ、僕はいけないと思います。

韓国のレーダー照射での自衛隊の対応

あの場合何が起きたか、結果だけ言いますよ。

それは、火器管制レーダーを照射されて、その場を、空域を退避して戻ってきたということです。

そうしますと、現代の日本では、僕はその P1哨戒機に乗ってる人が腰抜けだとかそういうことを言ってるんじゃなくて、非常に練度は高いし勇気もあると思いますけど、今の政治状況の中ではあそこでとにかく絶対にこちら側から攻勢に出られないような政治状況なんですよ。

だから帰ってこざるを得ない。

そして皆さんに考えて頂きたいのは、こういう事態が繰り返し起きたらどういうことになるんですか。

EEZが韓国のものとなる日

EEZの上の空域は、日本の飛行機が飛べなくなりますよ、警戒行動を取れなくなりますよ、照射されるたびに帰ってくる、照射されるたびに帰ってくる、空域はいつのまにか韓国のものになっちゃうんですよ。

そしたらEEZ自体が取られてしまうんですよ。

そこに入ってきて、怪しげな行為を北朝鮮と南朝鮮の船がやってたってこと自体が大問題ですね、これ自体。

おそらく井上さんがおっしゃったように瀬取り行為でしょう。

だから、追っ払うために火器管制レーダーを意図的に使ったということなんです。

我々のほうから、こういうあやしげな行為をやめろ、ここから出ていけということが言えるようにならないと、本当の、一人前の、一人前のといいますかまともな国の防衛にならないんです。

ですから、これは小さな問題だという風にとらえないで、日本全体の、防空識別圏とかEEZとか、そういったものが侵されていると、これは侵略事件だと。

北朝鮮を友好国、日本を敵国と認知した韓国

しかも韓国は明らかに、もう北朝鮮は友好国であって、日本を敵国として認知した。

だから火器管制レーダーをかけてきたんだというふうに、同盟国なのにやるからおかしいっていう頭を切り替えなきゃいけない、日本はね、そこまでもう事態は来ている。

この大統領はもう親北ということははっきりしてます。

それでね、最近非常に僕が危険だと思うのは、実は韓国ソウルでは反文在寅デモも起きていることは起きているんですよ、かなり激しい。

だから韓国が、もうこの人をみんなが支持してるわけでは全然ない。

しかし保守勢力が、どうもね、あの朴槿恵支持派と反支持派で分裂してて力にならないんですよ。

国連の制裁決議を無視する文在寅

そして国情院という情報組織ももう解体に入り、国情院の今トップっていうのは親北朝鮮の人ですからね、今は。

だからついに国家の背骨だった国軍までね、ここまで侵されてしまっていると。

文在寅さんが今誘導しているのはどういうことかというと、もう実際の国連の制裁決議なんか無視して北をどんどんどんどん助けることをやってる。

文在寅が狙う米韓同盟の破棄

アメリカも本当に頭に来てるんですよね。

文在寅はじゃあ何狙っているのって言ったらね、アメリカの側から、米韓同盟の破棄を言わせたいんです。

自分がもし言ってしまったら韓国国内の親米保守がさすがに怒って団結しちゃいますよ。

だと困るから、アメリカ側に言わせたい。

こんな国ならもう守ってやんねえぞということを言わせたら、韓国の中の親米保守派は全滅します。

アメリカがもしそれを言ってくればね。

それを狙ってるからわざと、アメリカにとっていやらしい行動、日本にとっていやらしい行動だけじゃなくて、アメリカにとっても、米韓同盟の裏切り行為ですよね、こういうことをどんどんやる。

北に実際上の経済支援をやる、それによってアメリカ側に米韓同盟の破棄を言わせたい。

そうしたら、韓国全体がしょうがないでしょということになっちゃうでしょ、そこまでの危険なことをやっている。

将来の核武装に備える韓国 文在寅

だから韓国嘘つきだって腹立ててね、みんな、そこで終わってしまってはいけないんで、日本がこういった行為をEEZの中で、上空でやらせないように、やっぱり行動で示していかなきゃいけない。

そう思うとですよ、ちょっとその先まで行きますがね、韓国では2020年から、ミサイル搭載潜水艦を年に1艦ずつ就航させるっていうんですね、3000トンくらいの。

これは海中から発射できるミサイルを搭載できるものだと。

韓国の技術でどこまでできるか知らないけど、そういう計画なんだと。

そうすると、もちろん韓国は核武装しておりません。

しておりませんけれども将来の核武装に備えて、そういうSLBM、潜水艦を造るという。

まあこれは先見の明といえば先見の明なんだけど。

で、韓国は核兵器を持っていない、しかし核武装もほとんど完成した国が北朝鮮にある。

そしてこの2つの国が北朝鮮優位のうちに朝鮮半島は統一されつつあるんですよ。

そうした時にどうなるの。

この潜水艦にSLBM、その弾頭を通常弾頭じゃなくて核弾頭に変えて、そしてもって統一朝鮮が、核第二撃力を持ったSLBM、核原潜ですね、原子力潜水艦ができてしまうという。

恐ろしいことなんです。

金正恩の核と組む文在寅の狙い

韓国の潜水艦に北のミサイル、を乗っけるというね、可能になってくるわけです。

その時に、ここから先があるんですが、この戦略原潜をどこに沈めておくか。

朝鮮半島は東側に沈めるか西側に沈めるかしかない。

西側は黄海、イエローシー、浅いところで、そこには中華人民共和国の戦略原潜も沈めておけない。

だから海南島の方に持って行って南シナ海を取っちゃう、南シナ海を戦略原潜のサンクチュアリ、聖域にしようとしてるわけです。

韓国としたら、統一朝鮮としたら、これはサンクチュアリといいますか、戦略原潜を沈めて準備している場所といったら日本海しかないんですよ。

韓国が日本にレーダー照射した長期的な狙い

その時に、EEZから何から、日本は、僕が見てると、そういったことも踏まえて北朝鮮と韓国が一体になって日本のEEZを略奪に来てる、侵略に来てると。

だから、突発的な跳ね上がり的な事件じゃなくて、非常に、長期的なことを考えた事件の一端が今ここに起きていると。

はじめのところでストップしないとどんどんエスカレートしていきます。

これから振り返りますとね、10月1日にあの旭日旗問題がありました。

韓国での国際観艦式で、海上自衛隊に旭日旗を掲揚するなどひどいことを要求してきて、日本は10月5日にこれを蹴っ飛ばして、観艦式への自衛隊派遣は中止した。

これを我々は心の中でと言いますか拍手して、それは当然だと思っていたんだけど、これを韓国側から見ると、これは大成功だったという説があるんですね。

日本海を日本から奪う韓国の狙い

なぜかというと、旭日旗を拒否することを言っただけで海上自衛隊を拒絶できたと、海上自衛隊を韓国に来させなかったと。

これは我々の勝利だと親北政権は考えているようですよ、今の韓国の。

だから、日本海っていうのはずっとまあ、日本海っていう名前自体は外国人がつけたものでね、自然に名前付けられたけど。

実際日本の影響力の多い日本のEEZだって、大きな面積を占めているところなわけですけれども、そこを僕はね、取りに来ていると、統一朝鮮が。

これが侵略に来てる、そこまで深い問題だと。

これ、はじめに韓国側が、いやちょっと現場の跳ね上がり行為ですって謝っちゃったら、この体質がわからなかったと思うんだよね。

だからえらいことで、日本にとってはもう本当に国難が迫っているということですけど、この一事からだんだんわかってきたということで、これは本当に国民が覚醒しなきゃいけないし、もっと日本のEEZも含めて守るという姿勢を、政治が強く打ち出さないと現場の人たちも対処できませんから。

そういう命令が出なかったら、やっぱり自衛隊は何もできないんですからね、この安倍内閣の今、本当に決意、それはイコール国民の決意ですよ。

それで安倍内閣のその立場をどんどん我々が支持するということであれば、もっと強い態度に日本外交が出ることもできる、自衛隊も動くことができる、そういうふうにしなきゃいけないと思いますね。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す