米国が世界覇権を握る方法!世界支配を狙う軍産複合体と陰謀論!アラブの春の陰謀!武田邦彦

陰謀論の信ぴょう性

国内政治なんかの分野では、あまり陰謀論というのがないんですが、国際的には陰謀論を使わないと説明できないと一般的には思われておりまして、

例えば国際金融資本の暗躍だとか、ユダヤ資本、ユダヤ人がどのくらい世の中を支配しているか、もしくはアメリカですと、軍産共同体と言われる軍隊と産業が結託した共同体、これに諜報機関なんかを加えまして、大変に強い力を持っていると一般的には言われております。

それからかつては秘密結社、いろいろな秘密結社がヨーロッパにもありまして、そういったものの問題というのがあって、それで例えば軍隊の動き、もしくは政治の動きは、これらの陰に隠れた、大きな力の陰謀によってなされているというふうに言われるわけですね。

つまり、世界は邪悪であると、要するにまともじゃないんだというのが主流でありまして、特に国際政治の専門家などのお話は、常に今でも主力にご活躍になっている、おおよそ10名くらいの非常に見識の優れた国際政治関係の専門家は、そういったものをベースとして言っておられるわけですね。

それで、私は今までほとんど陰謀論というのを触れていないんですね。

政治が持つ強い忖度力

これについては非常に厳しいバッシングもあって、武田はやっぱり科学者だから政治を知らないんだという、そういうお話もあるんですけど、

私は政治家というものに割合と近く接していることが結構あったんですけれども、政治家と言うのは、陰謀でなくて結果的に陰謀になるというのが多いんですね。

つまり、最近の言葉で言えば非常に忖度力が強いというか、基本的には真面目で合法なんですよ。

やっぱり政治というのは合法でなくちゃ長い間やっていけないので、真面目で合法なんですね。

世界支配を狙う軍産複合体

例えば1番分かりやすいのが、軍産複合体ですね。

アメリカは世界を支配する覇権を握るために、最新鋭のいろんな装置を持っているわけですね。

F35ステルス戦闘機とか、巨大な空母、それからイージス艦、巡航ミサイルといったものを、次々と開発して世界を軍事的にも抑えている状態なわけですね。

ところが開発はものすごくお金がかかるし、開発したものはある程度売らなきゃいけない。

軍隊という不思議な存在

軍隊というのは非常に不思議なもので、軍隊があるために、戦争をしないための軍隊というのが本当なんですね。

そうすると戦争のために一生懸命作ったものが、結局1回限りで売れなくなる。

そこで、世界各地に紛争を作って、そして紛争を起こしてから武器を売るんだと。

アラブの春の陰謀

例えば有名なオバマ大統領とヒラリークリントン国務大臣が陰謀したと言われるアラブの春ですね。

このアラブの春については、私も若干陰謀的なことをこのブログでも述べているんですけど、実はそれほどそう思ってないんですね。

つまりいろんな国、例えば発展途上の国は、やっぱり政治体制にいろいろな無理があるんですよ。

それを変えたいという革新的な、反政府的な力というのもあるんですね。

そうすると、陰謀は何もないんですよ、陰謀は何もないんですけどっも、その国の状態をよく調べると、武器をくれというわけですよ。

武器をくれというのは、なんで渡すかと言ったら、簡単に言えば正義のために剣をとりたいということなんですね。

反政府戦力としては、正義のために剣をとりたいんであって、その剣が自分では作れないからアメリカに売ってくれと頼んでいるという、こういうことがもちろん表面上あるんですよね。

そうしますとアメリカの軍事産業は、そうかと、あなたは正義のための剣がほしいのかと。

それじゃあ正義のための剣を売ろうじゃないかと、こうなるわけですね。

これは全然陰謀じゃないですね。

だけどもアメリカの軍需産業の全員が、暗黙のうちにそれを思ってるとしますよね。

暗黙のうちにそれを思ってるとしますと、結果的には何の陰謀もないんだけれども、個別に武器を売るので、結果的に軍産共同体が陰謀によってその国に騒動を起こし、そこに兵器を売ると、そういうふうに見えるわけですね。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す