【ニュース 沖縄】我那覇真子 橋下徹さん討論から逃げるんですか?水島総と沖縄独立論で対立!爆笑問題の所属事務所は?

水島・我那覇VS橋下徹の真相

我那覇真子我那覇真子

今ですね、ネット上では非常に話題になっていまして、「水島・我那覇VS橋下徹」沖縄の将来のために冷静な議論を望む!という事で、

発端がありまして、2週間ほど前にですね、本社の方で、「討論討論討論」という3時間番組がありまして、そのテーマがアイヌ新法というアイヌ民族を先住民と認めて、その権利を保護しようみたいな、根も葉もない所から始まった、とんでもない法律なんですが、

そのテーマで私も出席させて頂きまして、

まぁ、私はアイヌ問題は詳しくなかったんですけれども、同じ手口でですね、沖縄もやられるだろうと。

北と南、どっちからも分断作戦が来ているので、そういう観点からも、沖縄問題もちょっと紹介する形でやったんですが、その時にですね、あの師匠、アイヌ新法がいかにデタラメかについてちょっとだけ…

アイヌ新法のデタラメさ

江崎孝江崎孝

アイヌ新法というのはですね、現在は純粋なアイヌ人というのは殆どいません。

アイヌ系の日本人はいます。

にも関わらず、彼らはねアイヌ人と決めつけて、先住民と決めつけて、明記しまして、そして彼らに特別な補助金を与えているという事はね、明らかにね国民すべて平等をうたった憲法違反なんですよ。

憲法違反を敢えてね、法律というか閣議決定でやるっていうんでね、これはね、当然反対すべき。

我々沖縄県民としてはね、左翼連中が沖縄県民は先住民であるというバカな事を言う連中がいますのでね、それと関連してね、我那覇さんもね、アイヌ新法の討論に呼んだ理由はね、共通項として先住民族という言葉のせいで呼んだと理解していますね。

我那覇真子我那覇真子

アイヌというのは一部族であって、別に民族とかそういうものでも無いので、同じ日本であると。

その理解をポイントとして置いておけば問題は無いと思うんですが、その中でですね、じゃあどういう手口で沖縄に入る込んで来るかというと、琉球独立というのがあって、

これまでは、こんな話あり得ないという事で、相手にもされなかったんですが、今回、このアイヌ新法の話を聞いた時に、私は非常に危機感を覚えまして、

と言いますのも、アイヌというのは別民族ではない。

これはもうDNAレベルでも歴史的にも、もう明らかになっているのに、その明らかになっているわずのものが、なぜかその人達を保護しましょうという法律にまで発展するような世の中になっているわけじゃないですか。

なので同じくあり得ない琉球独立、琉球人民なんちゃらかんちゃら言っている人達の嘘からも発して、どんどん問題が大きくなって、琉球独立というのが語られてしまうようになるんじゃないかと。

そういう危機感から、ある本を紹介したんですよ。

それが、橋下徹さんが書かれた沖縄問題についての、最近の県民投票にタイミングを合わせて出された赤い本なんですけれども、

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す