【ニュース 沖縄】橋下徹 本で沖縄独立を煽る!水島総・我那覇真子との討論から逃げるのか?ご都合主義のインテリは誰?

沖縄県民投票のタイミングに合わせて、新刊「沖縄問題、解決策はこれだ! これで沖縄は再生する。」を出版された橋下徹さん。

Amazonのカスタマーレビューは、随分と荒れてしまっているようです。

橋下徹さん 沖縄の為にも逃げないで

我那覇真子我那覇真子

橋下徹さん、沖縄のためにも逃げないでという事で、沖縄からも呼びかけをしたいと思っております。

江崎孝江崎孝

これね、同じテーマで先週行いましたが、凄い反響がありましてね。

我那覇真子我那覇真子

そうみたいですね。

江崎孝江崎孝

沖縄支局始まって以来のね高視聴率。

我那覇真子我那覇真子

そうなんですか。

橋下徹はどんな男なのか?

江崎孝江崎孝

非常にホットな話題なんでね、本当はもっと時間を取って話したいんだけれどもあまり時間が無いんでね、ちょっと障りだけをね。

事の発端は、我那覇さんが橋下徹さんの本のね感想というか批判をしたんで、それが発端なんですけれども、そのなんらかの議論に関してはここでは取り上げられなくて。

そもそもね、橋下さんは私の記憶にある限り、初めて沖縄に関連してですねちょっかいと言いますかね、意見を述べだしたのはだいたい5~6年前か、何年くらい前かなぁ。

沖縄で米兵の婦女暴行なんかが話題になっている丁度その頃です。

こう言いましたから。

米兵もねそういうような事がしたいんだったらね、日本には風俗というね便利な組織があるからね、それをうまい具合に利用するようにアメリカの米軍のね幹部なんかはそれを利用したらどうかみたいな事を発表したんですよ。

そうしたら、米軍の幹部がね、とんでもないと。

我々はそういう事はね、勧めないしねそんな事をしたら違法だという事は分かっている、迷惑だみたいなコメントを出したんです。

そうしたらこれに反応してね、女性団体が女性をバカにしているとかね、なんとかかんとかってワーッて。

言ってみれば、彼のね炎上商法なんですよ。

当然の如く、話が慰安婦問題にね、発展して行って、慰安婦問題に対してガンガン、ガンガン喋ったんですよ、橋下さんが。

最初はね、何かいいような事を言っていたんでね、保守系の中でも彼を支援するようなムードがあったんですが、途中から変な風になって、おかしくなって。

元々彼はね、慰安婦問題でもそれほど詳しい歴史観を持って発言したんじゃなくってね、何か話題に乗っかろうという印象なんですよ。

最終的には韓国のね、元慰安婦と称するおばさんなんかがどんどん、どんどん日本にやって来てですね、みんなでもって記者会見なんかをして、橋下さんを猛攻撃したんですよ、泣きながら得意の。

で、最終的にどうなったかと言いますとね、橋下さんだからね、堂々と渡り合って、反論してね論破したかと思いきやなんと詫びました。

すいませんでしたと。

皆さん方の苦しみはね、理解しなかったみたいなね。

その程度の人なんですよ、彼は。

そういう風にね、本当に歴史観があって、沖縄の問題でも、もう沖縄戦の事を詳しく勉強してやっているんじゃなくて薄っぺらなもんでね。

最初一緒にやろうと言っていた石原慎太郎さんもね、最初は自分の息子よりも彼の方を期待していたんですよ、最初は。

途中でもってね、さよならって別れました。

見捨てられました、慎太郎さんには。

そういう男ですよ。

これはね、本の内容と関係は無いんですけど、橋下さんがこの沖縄に関わってきた発端なんです。

発端なんですけどね、沖縄に関してはね、それほど詳しいかどうか知りません。

例の本をまだ読んでいませんのでね。

コメントする立場では無いので。

発端になったね、我那覇さんからもう一度呼びかけをして貰えませんか。

橋下さん沖縄県知事を狙うなら討論から逃げないで

我那覇真子我那覇真子

まぁ、あの是非ですね、ここは我々もですね、この番組で私が最初に取り上げまして、でその反論をツイッターでされたわけですから、その反論に対して、じゃあ我々も、でしたら直接会って討論をしましょうと。

これは、非常にフェアな話だと思うんですよね。

なので、それをぜひ、番組を見ている方々も、もちろん橋下さんのファンもいるわけで。

この本の事について、もっと聞きたいと思っている人も沢山いると思うんですよ。

なので、そういった人達の為にも、ぜひこの討論をですね、実現できるように。

沖縄の為に、逃げないでお願いしたいと思います。

また、週刊誌ですか、最近の文藝春秋ですか、でインタビューか何かの時に、この沖縄の県知事になりたいというようなコメントがあったみたいなんですけれども、そういうコメントをされている方だからですね、余計に沖縄のトップになりたいと仰るくらいですから、沖縄についてですね、そもそもどういう考えを持っているのか、我々県民は本当に知りたいわけですよ。

だから、知らなければいけないと思うんですよね。

なので、是非ですね、出演料があーだこーだってありますけれども、そこもチャンネル桜の水島社長も別の番組で話をされていましたけれども、きちんと要望通りするというふうに言っていますので。

これは交渉に乗ると言っていますので、ぜひ、提示があっても受けるかどうかは分からないっていうふうな。

それになると、橋下さんを応援しているファン自体もガッカリさせる事にもなりますので、ぜひ共にですね、討論の実現の為にやって行きましょう。

よろしくお願い致します。

橋下徹が議論から逃げてはならない理由

江崎孝江崎孝

あのですね、私はテレビの出演料とかはあまり詳しく知りませんけどね、橋下さんはね、何か芸能事務所に。

今、政治家を辞めました。

芸能事務所に何か所属しているらしいんですけれども、今回この本をね、沖縄に関連する本を出したという事は、芸能人じゃないんですよ。

紛れもなく言論人。

言論人として本を出したわけでしょ。

言論人として本を出して、しかもご本人が出来たら沖縄県知事になりたいみたいな事をね、雑誌で発言している。

しかもね、沖縄に生まれて沖縄に育った我那覇さんがね、沖縄の事を一生懸命にやってきた。

どうも自分の意見とその違うんだと。

問いただしたいと、議論したいと。

何も喧嘩したいわけでもなんでもない。

問いただしたいというふうに提案したんだからね、これは本を出版したらね、批判されるのは当然ですよ。

全く批判の無い本なんていうのは無いわけであってね。

当然これはね、まさに感情的にならずにね、まさに日本国の為にね議論するのが筋だと私は考えますけど。

どうですか?

沖縄県民斯く戦えり

我那覇真子我那覇真子

そうですね。

で、またこの丁度今日ですね、手元にこの番組の視聴者からですね、「沖縄県民斯く戦えり」という記述があった所で、大田実中将の打電文を読んで、沖縄に対する思いが深まったという風なくだりがあったわけですよ。

画像出典:livedoor Blog

丁度今ですね、千葉県の御出身なんですが、この大田中将の毎月、顕彰祭をされている方がいまして、その方が先日このスタジオにお見えになったそうで、差し入れを頂いたんですね。

この方今ですね、大田中将の想いを多くの人に伝える為に、あるプロジェクトをしていまして、それがですね、太田実海軍中将顕彰会ドキュメント映像同行2人旅制作という事で、顕彰碑の方にですね、桜の木があるそうで、その木を沖縄の海軍壕の方に植樹したいと。

そしてその千葉から、本州の方から沖縄に来るまでに、ゆかりの地をあちこち回ってですね、この宣伝をして、この大田中将の顕彰をしたいという事で。

映像を作ってやるというお話がありまして。

ですから、大田中将に対する想いというのは、本当に全国民が持っていて、我々沖縄県民としても、あの打電を残してくださって、沖縄県民がいかに頑張ったか。

もう、子供から女性からみんな一緒になって力を合わせて戦ったんだと。

だから、それを伝えるための打電文だったわけですよ。

だから、この大田中将の打電文、沖縄戦の話とか、あるいはそもそも兵がいて、沖縄は日本であるというここが根本にあるわけですよね。

そこら辺の事を書かれているんであれば、やはりそこをうやむやにせずにですね、国民の為に、やはり意思表示する責任があると思うんですよ。

政治をやられている方なので。

だからぜひ沖縄に本当に誠実に向き合うという事でしたら、やはり議論に応じなければいけないと思います。

江崎孝江崎孝

なにも喧嘩しようというわけでないのよね。

議論をしましょうと。

我那覇真子我那覇真子

私は喧嘩ではなく議論をしましょうという事で。

また何よりも、沖縄戦は全国民で戦ったものですから、その歴史というのを今一度どういうものだったのか、お互いの考えをですね、世に示すというのはみんなが期待しているという事だと思うんでですね、ぜひこの討論、出て頂きたいと思っております。

メディアに煽られ誘導される沖縄県民

我那覇真子我那覇真子

今、沖縄戦の話とか、2月県民投票があって、こういう風にワーッと盛り上げを反対派がやりましたから。

で、それは法的拘束力も無いので、要するに移設の工事は進むわけじゃないですか。

そうなった時に、煽られてしまった県民の立場からしたら、政府はなんでやるのかという風に溝を作る誘導をされているわけですよね。

そこで、沖縄にも言い分があるみたいなたぶらかしがあって、琉球独立っていうふうな沖縄の意思表示の仕方として提示された場合に、県民はどう反応するのか、どうなってしまうのかというのが危惧される所ですし、また5月復帰、6月にはまた慰霊の日とありますけれども、今回の動きも見てですね、改めて我々はこれから何をしなければいけないのか、お話頂けますか。

江崎孝江崎孝

いや、それが分かれば苦労はないと言いたいところと言いたくなる所なんだけれども。

年の功で言わせて貰いますとね、我々の世代は、私はここに出演しに来るのに杖をついて来ていますよ。

座ってニコニコして喋っていますけれども大変なんですよ、70も超えますと。

そこでね、私の孫のような現代の我那覇さんが頑張っておられる。

むしろね、もう時代は変わっていますよ、若者。

一方のね、革新側を見てみますとね、私に言わせればね、ろくな奴じゃないと思うんだけれども、まぁ、それはさておいてね。

突然ポッと出てきたようなね、元シールズのハンスト男、元山仁士郎みたいな方がね、ハンガーストライキをやって、大失敗して大恥をかいたのに、あれをやった事をね、新聞がどんどん、どんどん盛り上げて、それをまたね、本土のメディア、テレビなんかが取り上げてですね、

画像出典:Twitter

何かテレビ番組なんかに出てきて、で何かあるとね、元山さんの意見ってね、これで沖縄の民主主義も蘇ったみたいなね、何様だって言いたいような人がどんどん、どんどん育っています。

そして、最近では今度はハワイ辺りからね、あれは共産党ですか?

なんとかカジワラって。

我那覇真子我那覇真子

ちょっと詳しくは分かりませんけど。

江崎孝江崎孝

なんか出て来てね、なにか沖縄の民主主義は自分が救うみたいなね、次から次に若いのが出て来ていますよ。

その一方、保守系にはね、私みたいな年寄りが出なければいけないようじゃね、困るのよ。

そういう意味でね、頑張って頂戴よ、我那覇さん。

責任重大よ。

我那覇真子我那覇真子

頑張ります。

ほんと、若い人達ですね、沖縄って保守的な考えをしている人達は沢山いるんですけど、新聞に叩かれてしまうであるとか、そういう反対派があまりにも攻撃的な為に、大人しくなっている現状があると思うんですが、ここでですね、俺がやらなきゃ誰がやるというくらいの気概を持っている沖縄の若い青年。

ぜひ、出てきて欲しいと思いますね。

江崎孝江崎孝

ぜひぜひ、お願いしたいね。

我那覇真子我那覇真子

最後にですね、橋下徹さんには、沖縄の為に、逃げずに議論をしましょうという事で、呼びかけをさせて頂きました。

ぜひ番組をご覧の皆様も、コメントを残して頂いたり、あるいは討論にぜひ出てくださいと言う事で、橋下氏に呼びかけをよろしくお願いいたします。

 
 
 
最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す