【ニュース 健康】池江璃花子さんが癌に侵された原因の考察!癌が増加し続ける原因とは?小池都知事に言いたい事!武田邦彦

癌に関する最先端の知識

これは私が長年癌の勉強をしてきて、癌の専門のお医者さんの話も随分と聞いてきて。

それから私は研究の専門が原子力の後は、材料の劣化というのをやったんですけど、癌というのはまさに人体という材料の劣化なんですね。

ですから、そういう原因というのを学問的に考えた場合、現在、癌というのはどう捉えたらいいかというとですね、まず第一に、発がん物質が近くにあるという事です。

ですから、今言ったように電磁波とかなんとかと言って、発がん物質だと思われるものを除けば除くほど、やっぱり癌のリスクが大きくなると。

これは皆さんおかしいと言いますけど、おかしくありません。

無菌室で免疫力は弱くなる

というのは、無菌室で住んでいると、ウイルスとか細菌にかかる。

それから、インドの人は、インダス川に浸かっても下痢をしないけれども、我々は下痢をするという事からも分かるように、人体というのは免疫系で頼っているんですね。

もっと極端に言えば、病気は医療では治らないで、免疫だけで治るんだと言っても、それほど間違いではない状態です。

ですから、昔からの発がん性物質が周りにある程度はですね、非常にいいわけですね。

癌が増えている一つの理由

だから最近癌が増えている一つの理由は、発がん性物質が少なすぎるという事ですね。

もう1つは、じゃあ癌はいつできるのかというと、元々我々の体は、原癌遺伝子というのを持っていて、それである限界を超えると、それが発動して癌が生じるというのが、王道の考えだと思います。

現在の医学でですね。

池江璃花子さんが癌に侵された原因の考察

で、この限界を超えた時に、なんで原癌遺伝子が発動するかというと、

「俺、生きてるの嫌だよ」

となった時。

「俺、生きてるの嫌だよ」となった時にどうかと言ったら、それは限度を超えた時ですね。

それが、いわゆるよく言われている「ストレス」とか。

今度の水泳選手(池江璃花子選手)の過度な、

あれはね、本人は過度でなかったと思う。

楽しんで水泳をしていた。

だけど、体にはちょっと過度だったという事です。

結果的に見れば。

これは結果的ですよ。

だから、どのくらいが自分に過度なのかというのは分からない。

それをね、こう言いますね。

「頑張るというのはいい」と言うんですよ。

「もう嫌だ」と思ったら一歩下がれって言われるんですね。

だから、頑張る所までは、やっぱり人間の向上心とかそういうのがあるから、色々とアドレナリンが出たりして、むしろ防御系が強まる事があるんですね。

ところが「もう、これは嫌だな」と思った時にはね、やっぱりそれはもう「シグナル」が出ているわけですね。

まぁあの、今度の色々な僕の活動でやろうと思っているんですけが、非常に優れた人はね、体が痛いという時にね、痛いのを無理してこう動かすんじゃなくて、痛くない方を動かせと言うんですよ。

そうなると、体って不思議でね、痛くない方を動かすと、痛い方が治るんですよ。

つまりその、体は全体として調和しようと思って進んでいますからね。

ですから、その意味では、過度な頑張り。

どうしても若いうちは、若いうちの癌って、白血病が多いんですけどね。

そういうのが多いし、歳を取っても、自然体で生きていくというね。

正義をかざして人を非難し快楽に浸るな

それから、正義をかざして、人を非難して快楽に浸るなと。

たばこを吸いたい人もいれば、まぁ、やらせればいいんで。

まぁその、人は人なんですよ。

情報を提供して、その人本人が自分の健康をどう考えるかというのがいいんですが、まぁ、基本的にはバランスのいい食事なんですね。

日本人にとってのバランスのいい食事

バランスのいい食事というのは、日本食を8割摂った、バランスのいい食事なんです。

これはもう絶対に間違いがないですね。

なぜかって言いますと、体の中の免疫物質が複雑なんですよ。

非常に複雑なんで、お子さんに満遍なく日本食を中心として食べさせる。

それから、牛乳とか、まぁ、小麦とかですね、若干、問題になりそうなバターとか、こういうものはね、やや料を減らすという事が、非常に大切ですね。

それはそれなりの理由がありますんでね。

だから、まぁそういうのがスタンダードなんですけど、外で子供さんだったら元気に遊ばせて、ストレスをそれほどかけないで、そして食べるものは8割日本食で、よくお風呂なんかに入らせて、新陳代謝をよくして、そして自然に癌に強い体を作ると。

現在は、全部、逆に行っているんですよ。

僕に言わせりゃ「あなた、健康を害したいの?」

って小池都知事に言いたいくらいですよ。

これは駄目、あれは駄目ってやっていたらね、それはもう追い込まれますからね。

だから、お母さんもつい子供に愛情があって「あれは駄目よ、これは駄目よ」ってですね。

「これは健康にいい」って連れてきて、持ってきて、子供が嫌がるのに無理やり食べさせたりするとね、これは問題なんで。

そこんとこが、一番重要だと。

これがまぁ、現在の癌の最先端の知識だと思います。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す