【ニュース 韓国】土下座好きな鳩山由紀夫元首相の売国行為がまた判明!鳩山由紀夫が日本の総理だったという悲劇!三輪和雄

鳩山由紀夫元首相の妄言・暴言の数々

こんばんは、三輪和雄です。

今日はですね、私はもうある人、この人を人と認めていいかは別ですけど、ある一応人でしょうね、の事をお話したいと思います。

今さら、この人の名前をね口に出す事自体が汚らわしいんですが、やはり言わざるを得ない。

それは、鳩山由紀夫という人です。

この人は宇宙人という風にも言われていますが、宇宙人であれば一応人ですから、まぁ、宇宙人ですらないと思いますが。

もう、総理を辞めてからの、もうやっている時もそうでしたけれども、数々の妄言、暴言。

でもう参議院議員のね、元民主党、今立憲の小西大先生でさえですよ、

画像出典:Twitter

鳩山さんとある地上波の番組でね、もう鳩山さんは大先輩なんだから、もうあまり喋らないでくれと。

あの小西議員でさえ言ったというくらいの人が鳩山さんなんですよ。

国内でね、喚いている分にはね、またあのアホが、アホがと言うとちょっとあれですね。

あの〇〇が言ってんだという事でね、流石に世間で相手にする人はいませんが、外国の場で言われると必ずしもそうでないと。

この鳩山のおっさんがね、何をバカな事を言ったかというとここに出ています。

反日シンポジウムにはお声がかかる鳩山由紀夫元首相

2018年11月16日、

これを韓国でですよ。

この韓国のシンポジウムに、北の人が出ているというのもひと昔前の韓国ではあり得なかったんだけど、それはまぁ、韓国の事だからいいとしてもね。

そこでなんと北から来た人は、「日本は謝罪や保証はおろか、認めさえしていない」と批判をした後、「北と南が手を握って日本の罪悪を暴き、不幸な歴史が繰り返されないように努力すべきだ」と北のおっさんが言ったわけですよ。

これはどういう事かと言うと、つまり韓国を取り込むためには日本という共同の敵を敵対しなくちゃいけないという明らかに向こうは戦略的な意味で言っているにも関わらず、そこにノコノコ出てきたこの鳩山のおっさんは、そこで講演もしたと。

そして、韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた徴用工判決については、「日本企業や政府は厳しく受け止めなければならない」と。

何が厳しく受け止めなければならないだ!

笑わせるな!と言いたい。

これね、情緒の問題じゃ無いんですよ。

法の問題なんですよ。

鳩山由紀夫が日本の総理大臣だったという悲劇

それから、鳩山大先生はね、元自民党の衆議院議員でもあったわけですよ。

あるいは総理大臣でもあったんですよ。

その時にじゃあね、昭和40年に結んだ日韓の条約で徴用工の事に触れないと韓国側も認めているわけ。

それはおかしいぞと言ってれば別ですよ。

そんな事を言うわけがない。

で今頃こういう風に、明らかにこれはね、これを亡国と言わず、何を亡国・売国と言うんですか。

これ、例えば問題が色々あるね、公明党の山口代表。

画像出典:現代ビジネス

この人も、この事に関しては山口先生は、あの人は弁護士ですから、弁護士の立場からして明らかにおかしいぞと。

これ、誰が見てもおかしいんですよ。

誰が見てもおかしい事を、なにが日本が厳しく受け止めなければいけないんですか。

これね、一万歩譲ってね、法は法として人権ではとか言うのであれば、まあそれでもトンチンカンで、そこら辺の左翼の弁護士や左翼の評論家が言うならそれはあれかもしれないけど、一応、総理大臣だった人なんですよ。

この鳩山という人は。

これが韓国で、それも北朝鮮の人の言った日本をね、散々誹謗するそういう集会にノコノコ出て、これを言うと。

これはね、一体、このおっさん何なんだともう。

鳩山由紀夫元首相は厳しくしつけないと駄目

本当にね、今更だけれども、やはりね、アホは、子供は厳しくしつけないと駄目なんですよ。

今更と言って、諦めちゃいけないんです。

やっぱりこの人間とも私は認めたくないけれども、このおっさんが、やっぱり特に国際場裡で何かを言ったら、やはり厳しく批判をしなければいけないという風に思います。

このままで行くとね、明らかに外国ではこのアホだとは100も承知してても利用しますよ。

だから、こういうような時にお声がかかるわけです。

これはもう流石にね、立憲や野党でもここまで愚かな事は言わないですよ。

ですから、野党の小西議員でさえ、もうちょっと鳩山さんは黙っていてくれと言うくらいの、もはや存在になっちゃっているわけですね。

だから鳩山さんも今さらね、あなたにね、反省しろとかなんとか言っても、もう詮無い事だけれども、ちょとね、なんか他の趣味の事をやってくださいな。

少なくとも、外国に行ってまで、余計な事は言うなと。

本当に、もう改めて思います。

改めて思うけれども、またこういう事をやったら、もうしつっこいほど、私は糾弾を致します。

それでは、鳩山さん、よろしく。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す